人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

映画『ルック・オブ・サイレンス』



ドキュメンタリー映画をまともに観たのは初めてかも。
『ルック・オブ・サイレンス』この、口コミ評がやけに良かったので、観てみた・・・ほんの軽い気持ちで「ちょっと、観てみた」
・・・のだが、これがものすごい内容だった。
ほんの50年前にインドネシアで起きた、共産党員の大虐殺。
その首謀者は、今でも英雄としてあがめられ、学校では子供たちに教師が、共産党員は虐殺(撲滅)するのが当たり前で、それは国家のためなどと洗脳する。

実際に虐殺に関わった今では老人となった人たちも、自分たちは正しいことをやった英雄だと思っているから、ものすごく惨忍非道な殺戮をしたことを平気で笑いながら、自慢げに語る。
カメラの前で、事細かに。

こんな映画があったんだ。
そして、ほとんど日本には伝わってないこの事実に愕然とするばかりだ。

お薦め・・・というよりは、知っておかなきゃいけない事実かも。

『ルック・オブ・サイレンス』

虐殺で兄が殺害された後、その弟として誕生した青年アディ。彼の母は、加害者たちが今も権力者として同じ村に暮らしているため、アディに多くを語らずにいた。アディはジョシュア・オッペンハイマー監督が撮影した、加害者たちへのインタビュー映像を目にし、彼らが兄を殺した様子を誇らしげに語るさまに、強い衝撃を受ける。「殺された兄や、今も怯えながら暮らす母のため、彼らに罪を認めさせたい---」アディは監督に、自ら加害者のもとを訪れることを提案。しかし、今も権力者である加害者たちに、被害者家族が正面から対峙することはあまりに危険だ。眼鏡技師として働くアディは、加害者たちに「無料の視力検査」を行いながら、徐々にその罪に迫ってゆく。(C) Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS,and Making Movies Oy 2014



by mizunomari | 2019-08-31 05:59 | 映画 | Comments(0)  

坂口杏里



「坂口杏里 逮捕!!」って、もしや、覚せい剤?大麻?って思った人は私だけじゃないと思う。
それほど、危うい女の子だよね、坂口杏里って。
d0228130_06003012.jpg
母親(坂口良子)の遺産を、ホストに入れあげて全部使っちゃって、そのあとはAV女優になって・・・
私は、ここで、彼女も安住の地を得られるかな?
って思ったんだけど、やぱ、プロ根性がなかったんだね。

いつの間にか話題にも上らなくなった。

そして、今回の逮捕。
元彼をストーカーしてたみたいだ。

このこ、どんどんどんどん転落して行ってるんだけど、なぜか私は心から彼女を蔑めない。
なんでだろうな?って考えた。
たぶん、彼女のとてつもない寂しさがわかるからかも。

だからといって、このまま流されて転落人生のままでいいわけはない。
自分の人生に対する考え方が少しでも変えられればいいんだけどね。
元彼とかを「ひどい男」「私は悪くない」っていう前に、なんで、自分の周りには「ダメな男」しか寄ってこないのか?
・・・それは、まだ「坂口杏里」っていう名前に価値がある証拠だと思う。
でもそれは「坂口良子」ってネームバリューがあってこその話。

本名に戻って、もう「坂口杏里」て名前とは決別したらいいのに。
そして、自分の足でまず一歩・・・

by mizunomari | 2019-08-30 05:57 | デイリーコラム | Comments(0)  

九州北部の記録的大雨



一昨日の夕方から昨日の午後までテレビを点けなかった。
パソコンのニュースも。
だから、佐賀県を中心に、ものすごいことになっているのを知らなかった。
で、テレビでその「絵」を見てびっくり(+_+)
d0228130_07220889.jpg
確かに九州の大雨に時間、ここ湯河原でも台風みたいな猛烈な暴風雨になっていた。
でもそれも2時間くらいで納まって、あとは、風だけ。

その頃、佐賀を中心に大雨で家屋も車も集落ごと水没してたんだね。

ゴルフの全国47都道府県制覇で訪れたことがある、佐賀県武雄市も大変なことになってた。

あと、心配なのは、大町町の順天堂大学病院だね。
180人くらいが孤立してるみたい。

食料はどうするんだろう?
あと電気は?
工場の油も流れ込んできてるみたいだし。

本当にどうなるんだろう?ってかどうするのだろう?

私は、名古屋の実家に居た時も、名古屋では土地が高い(値段ではなくて)ところだったので、浸水とかの経験はない。
名古屋でも、駅の西北辺りはいつも大雨で浸水するけどね。

佐賀の様子をテレビで見ながら、もし、自分ちがあんな状態になったら、わたし、きっとパニックだろうな・・・と思った。
水が引くのがまず一番の願いだろうけど、そのあとの事を考えたら・・・
車ももうだめだろうし。

今、きっとあの小畠さん、佐賀に向かう準備してるんだろうな。


by mizunomari | 2019-08-29 07:19 | デイリーコラム | Comments(0)  

りんごちゃん



ものまねをするニューハーフの「りんごちゃん」。
今後益々ブレイクして、バラエティでもしょっちゅう顔見るようになるんじゃないかな?

自慢じゃないけど、ちょいブレイクし始めで、その後大ブレイクしたタレントが、どういうわけか、私のアンテナにひっかっかってくるの。
このブログでも、時々、この人今後ブレイクしそう・・・って書いて、実際大ブレイクした人、一人や二人じゃない。
例えば「マツコ・デラックス」とか「きゃりーぱみゅぱみゅ」とかetc.

というわけで、今大注目の「りんごちゃん」。
今までにないキャラ!!



by mizunomari | 2019-08-28 07:46 | デイリーコラム | Comments(0)  

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』8月25日



『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』(FM熱海湯河原)8月25日放送分です。
いつになくテンションの高いホタルちゃんと、爆笑ネタ満載でお送りしてます。
内田もあちゃんの新曲も大発表~!!



by mizunomari | 2019-08-27 06:22 | FM熱海湯河原 | Comments(0)  

「終活」その後



終活は、順調に日々進んでいる。
終活って、捨てることなんだって感じ。
ともかく、毎日、捨てるものがいっぱい出る。
「就活」=「断捨離」?
って思ってた。

でも一つ、捨てるとは関係のない、こんなことに気がついた。

それは、もしもの時に、自分の死を誰にどうやって伝えるか?ってこと。
ダンナが生きてれば、この人には伝えて・・・って言っとけばいいけど、ダンナがぼけてたりでそれができなかったら?
弟とは年子で歳が近いから、弟の方が先かもしれないし・・・。

それと同時に思ったのは、私の周囲のごくごく親しい人がなくなった場合、私にそれを誰が知らせてくれるのか?ってこと。
例えば、トコちゃんとか、ホタルちゃんとかetc.
ホタルちゃんなら、子供たちがラジオやってるの知ってるから、局に知らせが来るのだろうけど、トコちゃんの場合は?
他にも、親しい友達が亡くなって、知らないままに「最近、フェイスブック遠ざかってるのかなぁ?」くらいのことになってしまうだけ。

現に、病気がちなフェイスブック友達が、しばらく何も掲載してなくて、「ひょっとして・・・?」なんてことがあった。

家族がフェイスブックや当人がやってるSNSに関して知ってれば、話は早いんだけどね。

とまぁ、終活から始まって、色々な問題にぶち当たている今日この頃なのであります。
d0228130_07040625.jpg

by mizunomari | 2019-08-26 07:01 | デイリーコラム | Comments(0)  

遺品整理



母の遺品整理を始めた。
遺品と言っても5年半もの入院生活で、もう家には戻ってこられないことはわかっていたので、その間に処分できるものはやっておいた。
だから、それほどあるわけではないのだが、困ったのは写真。
それも、絵を描くのが趣味だった母の作品を撮った写真が200枚近くある。
つまり、絵もそれだけ描いたってことだ。
60歳から描き始めて、ボケ始めるまでの15年間の間に、年間10枚以上の水彩画や墨絵を描いた。
はがき大くらいのから畳一畳くらいあるのまで、大きさは様々。

墨絵でも賞をもらっているし、水彩では日本水彩連盟(通称 日水)の会員でもあった。

この写真を眺めながら、思った。
今度の四十九日で、来てくれる親せきや母の同級生たちに、形見分け替わりに差し上げてはどうかな?って。

で、弟たちにラインしたら、二人ともそれはいいアイデアだと賛成してくれた。

貰った人は捨てるに捨てられず有難迷惑かもしれないけど。
でも、中には母が残した足跡として、その写真を観ながら時々は母の事を思い出してくれる人もいるかも・・・。

by mizunomari | 2019-08-25 06:49 | デイリーコラム | Comments(0)  

メダカ全滅!?



理由は全然わからないのだけど、何年にもわたって維持してきたビオトープのメダカがいなくなってしまった。
ネットで取り寄せた、ビオトープのセットについてきた赤メダカ6匹を、説明書どおりに飼ってた。
そのうち、一匹・・・また一匹と死んでしまったけど、残りの4匹は、多分2年くらい?元気だった。
メダカでも金魚でもそうだけど、時々えさをあげてると、人影が見えると「あ、えさかな?」って思うみたいで寄ってくる。
たったそれだけのコミュニケーションでも、なんか可愛い。
d0228130_05290353.jpg
で、4匹のままだった赤メダカ、ちょっと寂しいかな?っていうことで、黒メダカと白メダカも3匹ずつ買ってきて、鉢に入れた。
そしたら、翌日白メダカが一匹睡蓮の葉の上に乗っかって干からびてた。
勢い余って飛び出しちゃったみたい。

それから、数日で、誰もいなくなったのだ。

原因がわかるわけもなく、メダカたちが居なくなったら、あっという間にボウフラが沸いてるし・・・

というわけで、今日は、ビオトープ何とかしないと・・・。

by mizunomari | 2019-08-24 05:26 | デイリーコラム | Comments(0)  

映画『おっさんずラブ』



ドラマ『おっさんずラブ』はずっと観てた。
最初は、やはり抵抗があって、際物的なドラマだと、勝手に思い込んでて食わず嫌いだったのだけど・・・
たまたま観たらめっちゃ面白いじゃん!!
で、さっそく、ネットのドラマ見逃しで、一話から観た。
おっさん(私からみたら若者だけど)たちのピュアな恋心がビシビシと伝わってきた、涙したシーンも少なくない。

で、今日、その『おっさんずラブ』の映画の公開日だ。

たまたま先日私のやってる『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』に電話でゲスト出演してくれた俳優の桜木健一さんも出演してるとのことで、映画公開の告知もしてくれた。

今週末は混んでるかもしれないので、来週観に行く予定。
楽しみ~(^^♪


by mizunomari | 2019-08-23 06:35 | 映画 | Comments(0)  

最近はまってる本『ざんねんないきもの事典』



前々から気になってた本『ざんねんないきもの事典』(高橋書店 今泉忠明監修)。
4巻まで出ている。
4巻とも、サブタイトルがついているのだけど、『ざんねんないきもの事典~どうしてそうなった?』はベストセラーになった。
実は、このシリーズは児童書だ。
それでも、本屋でちょっと立ち読みしたのだけど、目次だけでも動物好きな私には十分読み応えありな内容だった。

ずっと、気になってて頭の隅にあったのだけど、昨日突然「そういえば、読みたかったんだ!!」って思った。
で、読書が趣味のダンナが図書館に行く際に、借りてきてって頼んだ。

まず最初は、ベストセラーなった『どうしてそうなった?』を読みたかったのだけど、図書館にあったのは、『ざんねんないきもの事典~みんなちがうから、いい』だけ。
d0228130_08435362.jpg
なので、これから読み始めた。
他3冊はリクエストしてもらったからそのうち読める。

やぱ、めっちゃ面白い。
本当に面白い。
ざんねんな・・・って言葉って、人間からの上から目線的だけど、これは「動物たちの意外な一面」という意味。

案外、動物たちも人間見て、同じように感じてるかもね。

by mizunomari | 2019-08-22 08:44 | デイリーコラム | Comments(0)