人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

ももちゃん大変身



毎度のことながら、わかっていても毎度驚く。
ももちゃんのトリミング後の大変身。

ももちゃんは、ヨーキーとトイプードルのハーフなので、毛がシングルコートで生え変わらない。
柴犬やゴールデンレトリバーなんかはダブルコートで夏冬毛が生え変わる。

毛が抜け変わらない分、ほっておくと、どこまでも伸びる。
元々トイプードルの血が入っているから、天然パーマがかかった毛のもじゃもじゃの犬になってくる。
目なんてどこにあるかわからない。

そのももちゃんのカット前とカット後がこれ・・・
d0228130_06110269.jpg
d0228130_06112150.jpg
d0228130_06113653.jpg
毎回、全然違う犬になってトリミングから帰ってくる。
「ガード下の靴磨き」から「お嬢ちゃん」に大変身~(^^♪

by mizunomari | 2019-08-21 06:12 | デイリーコラム | Comments(0)  

あおり運転+暴行男



あおり運転の挙句、暴行を働いた男。
そして、それをガラケーで撮ってた女。

この二人が逮捕されて、ここんとこ一週間くらい?はこの話題でもちきりだ。
吉本騒動の後はこれか・・・。
もっと、中国や韓国や香港のことや、日本の政治の事知りたいんだけどな。
テレビのワイドショーは、直接思想や経済(株価)に関わる報道はスポンサーに忖度するからなぁ。

ところで、この逮捕された犯人、出るは出るは・・・次々とその奇行が湧き出してくる。

高校は進学校で、大学も関西のそこそこ有名な市立大卒らしいから、頭は悪くないのだろうけど、いわゆるパーソナル障害?ってやつか?
感情のコントロールができないんだろうな。
それと、思い込み(妄想)も強いみたい。

でも問題は、この男、今後たぶん留置所にも入らないし、免停にもならないってこと。
この男がこれまで何をしてきたか?ではなくて、この後、二度とハンドルを握らないで欲しいと私も皆も思っているはず。
テレビのコメンテーターは、色々いってくれるけど、そんなことより、運転での刑罰をもっと法律で厳罰化する働きかけをして欲しい。

現に酔っぱらい運転の車に追突されて、海に車が落ちて、3人の子供が亡くなって、その両親が頑張って、飲酒運転が一発免停になったって出来事もあったし。

高速道路でのあおり運転なんて、下手したら間違いなく大事故につながって何人もの人が亡くなるってことがあるんだから。

by mizunomari | 2019-08-20 06:26 | デイリーコラム | Comments(0)  

リフォーム



フェイスブックでは時々、「過去の思い出」って、何年か前に掲載した写真が出てくる。
今朝見たのは、「5年前の今日」。
5年前の今日から、うちの水周りのリフォームが始まった。
台所と、一階のトイレ、二階のトイレ、お風呂、洗面所。
もう5年も経ったんだ。
d0228130_07292266.jpg
d0228130_07285623.jpg
d0228130_07283369.jpg
母が脳挫傷で小田原の病院に救急搬送されて、手術を受けて、4ヵ月余りの入院の末、湯河原の終身型の病院に転院したのが3月2日だ。
もう、いつどおなってもおかしくない状況だったので、築25年で水周りの痛みが目立ち始めた我が家もリフォームに踏み切った。
母が逝けば人も集まるし、ってこともあった。

でも、結果から言うと、最近の新建材のプラモデルみたいな家って、昭和の木造の日本家屋(古民家的な)の足元にも及ばない。
25年~30年で間違いなくリフォームが必要になるし、10年で外壁と屋根を塗り替えたし。
そのリフォームだって、5年経った今、もう色あせてきてる。

外壁と屋根に150万円。
水周りのリフォームに300万円。
増築に450万円。
その他色々・・・これまでかかったお金で、田舎の古民家が土地付きで買えるくらい。

終活を始めたけど、終の棲家についても考えとかないとな。


by mizunomari | 2019-08-19 07:29 | デイリーコラム | Comments(0)  

本気で終活



本気で終活を始めた。
母が逝って、父は震災の年に逝って、あとに残ったのは、双子の弟と私。
弟一人に男の子が一人いるけど、この今20歳の甥っ子は生まれた時から19歳まで海外暮らしで、日本の文化に馴染んでいない。

なので、自分が死んだあとのお墓のこと、財産のこと、その他色々、甥っ子に全部託すのは無理。

でも、やっぱろあれをこうしておけば良かった・・・って悔いはのこしたくないなと思って。

やはり母の死のこともある。
母は事故で脳挫傷になり救急搬送されて、手術をして、そのまま5年半寝たきりとなった。
それまで、認知症は多少あったものの、コミュニケーションは取れたし、私の事はちゃんとわかってたし、それなりに人生を楽しんでいた。
それが、突然終わった。

後の事は私が全部整理したけど、母もやっておきたかったことはいっぱいあったろうと思う。

というわけで、今日は、自身の著書を全部処分する。

それを、もったいないっていう人もいるけど私にとって自著は、もう過去のものなのだ。
どの一冊も、それを書いた時から自分は成長してる。
今なら、もっと良いものが書けると思っている。
それら、皆、もう二度と読み返したくないものだ。

てなわけで、これから終活に真剣に取り組みます。

by mizunomari | 2019-08-18 06:25 | デイリーコラム | Comments(0)  

仕事復帰



思えば、母が危篤になったのは、先月の19日(金)だった。
翌日の土曜日は、静岡でカルチャーの講師の日。
日曜日はラジオの生放送だ。
先生からは遠回しにだけど、「時間の問題」って言われてたけど、静岡は月一回の講座で生徒さんも楽しみにしてるので、一瞬迷った。
午前中の2時間だけだし、新幹線を使えば・・・
でも、もし、土曜日の朝にドタキャンしなければいけない、あるいは、皆さん集まってるのに、私がトンボ返りということもあり得る。
いろんなことを考えて、やはりお休みさせてもらうことにした。
ラジオも。

そして弟たちと待機。

そしたら、少し持ち直して、弟たちもそれぞれの家に帰ったのが月曜日。
それでも、「時間の問題」が「日にちの問題」になったくらいの回復だ。
それからが長かったし、つらかった。

一昨日無事に母の火葬を終え、昨日は一日葬儀屋さんへの支払いとか、役場での手続きやら忙しく過ごし、で、今日はまたカルチャーの日。
なんやかんやで、危篤から3週間以上が経ったわけだ。

今回の母の逝去に伴い、父と母の遺影や位牌、先祖代々の繰り越し位牌を長男である弟の、日本の家に全部移した。
いままで父の顔があった場所に、父の顔がないのはちょっと寂しい。
その場所に一日何度も目をやっていたのに、いなくなって初めて気づいた。

母もまだ病院のベッドに居るような気がする。
買い物の時には病院の前を通るから、しょっちゅう会いに行っていた。
昨日も雑用で出かけて病院の前を通った時、いつもそうしていたように、駐車場空いてるかな?と見てしまった。
(ああ、もう居ないんだった・・・)と思う時、喪失感がこみあげる。

四十九日の法要と納骨までに、この癖は治るのかな?
台風ととともに、私の長い夏は終わった。

by mizunomari | 2019-08-17 05:40 | デイリーコラム | Comments(0)  

映画『バービー』



久しぶりに韓国映画を観た。
アマゾンプライムで。

元々、韓国映画はあまり好きではない。
「冬のソナタ」の大ブームの頃も、なんの興味もなかった。
韓国映画って、少女漫画みたいな感じで、リアリティがなくて、うすっぺらな印象しかなかった。
「冬のソナタ」の頃、おばちゃんたちが、韓国ドラマや韓国文化やK-POPのアイドルに夢中になってたけど、私には意味わからん・・・状態。

ところが、たまたま昨日観た映画『バービー』はそんな私の勧告映画やドラマへの観方を変えた。
一言でいえば、韓国の裏の顔がリアリティを持って描かれている。

怖い内容だけど、ま、あり得るな・・・。



by mizunomari | 2019-08-16 07:16 | 映画 | Comments(0)  

久しぶりの兄弟3人



昨日は、ケニアの弟、神戸の弟、そして、私、それぞれの連れ合いが揃って、それと、ケニアの弟の息子(甥っ子)の7人が揃った。
こんなことって、なにかなければなかなか無い。
これも、母のおかげ・・・ここに母がいればどんなにうれしいだろうかと思った。
d0228130_06024998.jpg
皆でケータリングのお寿司やオードブルを囲みながら、お酒を飲んで、母にもお寿司やビールを備えて、皆で、一人づつ母の思い出を話していった。
残念ながら、写真は取り忘れたけど、ま、それほど楽しかったことだ。
5年半もの間ずっと寝たきりだった母が、やっと逝けたことの、ほっとした気持ちも確かにあった。

でも、それは母も同じだったと思いたい。

それほど母の死に顔は、安らかなものだった。

今日は午前中に火葬。
台風の影響が、ちょっと心配だけど、せめて出棺の時だけでも、暴風雨でありませんように・・・。

by mizunomari | 2019-08-15 06:08 | キャンピングカー | Comments(0)  

台風10号



台風10号・・・明日が一番やばいみたいだけど、明日は、母の焼き場の日。
11日深夜に逝った母。
今日14日が「友引」で焼き場が休みなんで、焼き場へは明日行く。

ケニアに居る弟は、昨日の深夜に帰国した。
神戸の弟は今日の午前中には来る。

そして、今日の午後は、母を囲んで皆で会食の予定。

先が見えてることだから、疲れもあまり感じてないけど、けっこうダメージきてるんだろうな。
今は気がはってるけどね。

でも、思い返せば、危篤になってから、ちょっとだけ持ち直しての3週間は、ほんときつかった。
まったく宙ぶらりんの状態だったから。
それに比べたら、今はまだ、先が見えてるだけましか・・・。

母とのわかれの寂しさは今はまだない。
寝たきりになった5年半前にもう十分別れの気持ちを味わったからかな?

今は、明日の台風の影響を心配するだけ・・・。


by mizunomari | 2019-08-14 06:11 | デイリーコラム | Comments(0)  

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』8月11日



『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』(FM熱海湯河原)8月11日放送分です。
このブログで予告しましたが、「柔道一直線」の一条直也こと、俳優の桜木健一さんが電話でゲスト出演してくれてます。
とっても、気さくな感じの良い方でした。
あと、常連のリキちゃんの性の悩みに、おばちゃん二人がいい加減な回答をしてます!(^^)!



by mizunomari | 2019-08-13 06:09 | FM熱海湯河原 | Comments(0)  

母・・・逝く



7月末、危篤となった母・・・夕べ、正確には8月11日(日)11時50分、遂に力尽きました。
5年半の寝たきり入院の末でした。
病院からの電話で「もう間に合わないかもしれません・・・」って言われて、5分くらいで車で駆け付けた時には、もう、命は尽きていました。

でも、母の死に顔は妙に安らかで「これで、ゆっくり休める」・・・みたいな。

今、知り合いや親戚、葬儀屋さんへの連絡等々、様々な事務的なことがあって、てんやわんや。
これも、父の時に経験済みだけど、ゆっくり別れをかみしめるのを、先送りにしたい気持ちもあります。

今日は、ご報告まで。

by mizunomari | 2019-08-12 08:03 | デイリーコラム | Comments(0)