人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ピザ

d0228130_6495310.jpg執筆も、残すとこあと7日位・・・で、多分脱稿できる。
ゴールデンウィーク明けから書き始め、ほとんど毎日、ハンで押したような生活を繰り返している。
さすがに飽きてきた。

でも、これまで50冊以上、拙著を上梓してきたが、今のこのやり方がベストなのは経験上わかっているの。
頭の中のスイッチが切り替わってしまうと、それをまた、「執筆モード」に戻すのに数日かかっていまうのだ。
だから、休みの日は作らない。
毎日毎日決まった枚数(12~14枚位)を書き続ける。
で、約一ヶ月で脱稿。
小説だったら、もっと早く書けるけど、今書いてるのは、ちょっと頭使う内容だからね034.gif

d0228130_6501298.jpgところで、また痩せてきた。
最近ろくなもん食べてないから。
朝ごはんはいつも食べない。
10時~11時頃、ブランチで、あとは夕方からワイン1本と適当なつまみ。
昼は、外食がほとんどなのだが、執筆中は、うちで、カップ麺とか・・・

昨日は、どうしてもピザが食べたくて、Mサイズの半分しか食べられないのわかってたけど、ピザーラのデリバリーで、「春のキャンペーンクォーター」っていうのをとった。
上の写真のがそれ。
で、昼に半分。
夜も半分。
d0228130_6513285.jpgおまけについてきた、ポテトは、油っこくて食べないから、いつもそのまま冷凍庫行きで、ダンナがうちに来て食事するときに、チンして出すの037.gif

ま、今日はどうでもいい話でした。
昨日はピザのMとワイン一本だったけど、ピザならけっこう栄養は足りてるんじゃない?どうかな?

by mizunomari | 2012-05-21 06:52 | デイリーコラム | Comments(2)  

想い出の歌シリーズ『尾崎家の祖母』

今日ご紹介するのは、まりちゃんズの『尾崎家の祖母』・・・これ、「おざきんちのばばあ」って読むの003.gif



この時期は、コミックソングに走ってて、まりちゃんズは大好きだった。
高校に入ったら、絶対フォークソングクラブって思ってて、はりきって入ったら、もう反戦歌系の歌や拓郎なんかは全然やってる人がいなかった。
「風」「かぐや姫」「オフコース」って感じ。
課題曲がふきのとうの「南風の頃」。
私が、興味無いのばっかで、すぐ退部したのだけど、このころからコミックソング系にはまり出した。
ツボイノリオとか、水谷ミミとか・・・
なぎら建壱の『悲惨な戦い』なんて、後に作家になってから、その歌をベースに小説書いたくらい大好き!!
ちなみに『土俵に棲む女』とその続編『愛より重く』(集英社文庫)っつーんだけど。

ところで、まりちゃんズ・・・まりちゃんズは三人だけど、その内の二人が藤岡藤巻ってユニットも組んだ。

藤岡藤巻は、歌詞に毒があって、皮肉たっぷりでだ~い好き!!
中でも、これには笑った。
私の所属するフォーク&アコースティックギターのサークル『戦うオヤジの応援団』の那須合宿がもうすぐあるんだけど、これ歌おうかな037.gif


by mizunomari | 2012-05-20 07:19 | Comments(0)  

食べログの評価

湯河原の駅前でうどんや「うさぎや」を経営している。
で、私も月に2回位は店でうどんんやのおばちゃんをやってる。
今月は、執筆に集中で、一日も出ないけどね034.gif

昨日、ふと、「食べログ」で「うさぎや」を検索してみたら、出てきた。

評価の数字はこんなもんだろうね。
なんせ、たかがうどんのくせに高いし・・・。
でも、駅前だから、家賃が高いのだ。
値段は場所代だね・・・。

それと、うちの店は、観光客相手。
地元の常連さんもいるにはいるけど、年に一回とか2回、必ず湯河原に来て、その時は必ずうちで食べてくれるって人や、旅館に入る前に駅前で軽く食べて・・・って言う人相手の商売だから、お昼中心で11時から3時までしか営業してない。

皆、もったいないっていうけど、開業して13年、色々なパターンでやってみたベストな営業形態がこれなの。

だけど、年に一回の常連さんでも、「おいしいから」って、リピーターになってくれるのは本当に嬉しい。

d0228130_6292742.jpgもし、湯河原にお越しの際は是非お立ち寄りください。

特製「桜えびのさつま揚げ」が乗っかった、この「丸天うどん」がおすすめ001.gif

by mizunomari | 2012-05-19 06:27 | デイリーコラム | Comments(0)  

木村元彦&イソップ

またまた東高円寺の「イソップ」繋がりの方から、コメントが来た。
東高円寺には、女子美があったんだった。
学祭にも行ったっけ。
どんどんあの頃のこと思い出してくる。
ちなみに来月、このイソップ繋がりで知り合った風屋さんと、岩手県の盛岡で飲むことになってる。
ま、色々あって、岩手県でっつーことに・・・037.gif

ところで、木村元彦・・・木村君も、知ってるんだね、しずさん。

d0228130_750283.jpg木村元彦(きむら ゆきひこ)

1962年生まれ。ノンフィクション作家、ビデオ・ジャーナリスト。著書に『誇り』、『悪者見参』、『終わらぬ〈民族浄化〉セルビア・モンテネグロ』、『オシムの言葉』(2005年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞)、『蹴る群れ』、『社長・溝畑宏の天国と地獄~大分トリニータの15年』『オシムからの旅』など。



前に私が書いたブログ・・・

2008.05.23(金)「木村元彦」

木村元彦という名前を私は、かなり前から知っていたのだ。
スポーツライターというのかノンフィクション作家と呼ぶのか、その肩書きを正確にはしらないが、『オシムの言葉』(集英社刊)が、ベストセラーになったのも知っていたのに・・・。
それが、あの、私の古い友人の「木村君」だということに、ずーっと気づかなかった。
そして、あの「木村君」と飲み歩いてた頃から26年くらいたった今、今日、突然、それを知ったのだった。
熱海のホームで電車待ちしていて、たまたまキオスクの文庫本を眺めていた時だった。
『オシムの言葉』の文庫本の著者名「木村元彦」を見て、本当に突然、(ひょっとして!?)って思ったのだ。
そして、その場で、文庫本の著者プロフィールを見てみたら、中央大学だし、年齢も・・・でも、決定的だったのは、写真。
「やっぱ、あの木村君じゃん!!」
その頃、彼は、まだ大学生で、京王線の仙川の六畳一間に下宿していた。
知り合ったのは、当時私が住んでいた東高円寺の「イソップ」という喫茶店。
どうして、木村君がそこにいたのか覚えてないが、毎日のようにそこで会って、よく飲みに行ってた。
木村君が「ピースボート」に参加したいってことで、その頃の仲間に金を借りまくって、なんかそのあたりから、疎遠になった気がする。
でも、懐かしいな~。
今度、集英社の担当に連絡とって、会ってみようと思う。
彼が私が同業者だって知ってるのだろうか?


結局、この後、電話で集英社の担当とは話して私の携帯を木村君に伝えてもらおうと託したんだけど、電話はこなかった。

木村君、もしこれ見たら、コメント下さい。
会いたいな~(-^〇^-)

by mizunomari | 2012-05-18 07:51 | デイリーコラム | Comments(9)  

ももちゃんの寝起き

ももちゃんほど、寝起きの悪い犬を飼ったのは初めてだ。

大体、犬って、周囲の物音なんかにも敏感だし、私が寝返りうったりしても、ハナなんか、少なくとも目は開ける。
でもももちゃんときたら・・・002.gif
まったく番犬には不向き。
朝は、爆睡してて、声かけても揺すっても目を開けない。
やっと薄目を開けても、そのままぼ~っとしてる。

d0228130_7382846.jpg今朝は、起きて布団の足元を見たら、仰向けで足をおっぴろげて、ももちゃん大の字で寝てた。
「起きるよ!!もも!!」ってゆすったら、やっと、のそっと起きて、布団の上でおすわりして、そのままぼ~っと数分間待機。

d0228130_7405236.jpgももちゃんの目を完全に覚ますのには、ちょっと遊んでやらないといけないからめんどくさいのだ。
昼間も、ほとんどの時間寝てる老犬のハナと違って、ももちゃんは遊びまくりだからね。
だから、朝も起きられないのかねぇ?

by mizunomari | 2012-05-17 07:42 | デイリーコラム | Comments(0)  

ギターレッスン

ここんとこ、ギターレッスンを休んでいる。
うちでは毎日練習しているけど、休んでいるのはチューリンのギター教室。
なんせ、湯河原から東京の成城学園前までは2時間以上かかるからね002.gif
1時間の個人レッスンなんだけど、友達だからすぐしゃべっちゃって、1時間はきっちりレッスン受けてない。
それはともかく、1時間のために往復約5時間はばからしいので、大抵他にも東京で用事を作って、泊まりで出かけてたんだけど、今、原稿書きも佳境に入って、それどころではないのだ。

d0228130_7192312.jpgところで、チューリンのギター教室「俺のギター部屋ー創れる・弾ける・歌える 俺たちー」のHPができた。
このロゴの字は、チューリンの師匠、作詞家の喜多條忠さんだ。


昨日は、プレスリリース。(媒体向けのチラシみたいなもの)の一稿も出来上がった。
着々と準備は進んでいる。
その一稿がメールで送られてきて、意見が欲しい・・・っつーので、ま、ちょっとしたダメだしと、あと、チューリンが書いた文章を簡単に添削して送った。
なんせ、今、「良い文章の書き方」って言う本を書いてるくらいだから・・・037.gif
そしたら、チューリンから返信で「なにげないのに美しい修正でおどろいたよ、さすがだね」って。
そりゃ、プロだもん006.gif

だけど、前に、私がクレイジーケンバンドの『セプテンバー』って曲のコードを拾って、「間違ってるとこあったら直して」ってコード譜をチューリンに送った時、チューリンは、CをCmaj7にとか、7(セブンス)付けるとかして、すごい正確なのすぐ送ってくれたの。
それと同じだよ。

というわけで、チューリンの教室に通うと、弾きたい曲がかっこよく弾けるようになるの。
ほんとだよ。
私なんて3回通っただけで、ほぼマスターしたんだから045.gif

しかも、今じゃD7だけでも4通押さえられるんだから034.gif

だから、女の子にもてようと思って、昔ギターをちょっとやってみたことがある人なら、一ヶ月もあれば、若い女の子に「かっこいい!!」って言われるおじさんに絶対なれる。
忘年会までまだ半年以上あるから、どう?がんばってみては・・・001.gif

今日は「俺のギター部屋」広報担当からのお知らせでした040.gif

by mizunomari | 2012-05-16 07:39 | ギター&ライブ活動 | Comments(4)  

続・執筆中

今、執筆中なのは、まだタイトルは未定だが「良い文章の書き方」と「女性ならではの気遣いのある文章」を合体させたような内容のもの。
三笠書房から、8月頃出版予定だ。
よく、「どうしたら、出版できるんですか?」と聞かれる。
出版には、「商業出版」と「自費出版」の二つがある。
書いてお金をもらうのが「商業出版」で、お金を払って自分の原稿を本にしてもらうのが「自費出版」だ。
この自費出版は、書店コード(一般書店に本を並べられる権利みたいなもの)を持っている、自費出版の会社から出せば、書店には並ぶ。

d0228130_992227.jpg今書いているのは、もちろん「商業出版」だが、今回の場合は、いつの間にか書く事になってたのだ002.gif
元々、三笠書房のN編集長は、青春出版社にいた人で、私の初めてのエッセイ出版が、このNさんとその部下の女性の担当だったのだ。
それ以来、20年近くの付き合いだ。
←愛用の「おとうさんマグカップ」。いつもこれで紅茶を飲みながら執筆。


Nさんとは、それ以前にも、縁があった。
私が放送作家として駆け出しの頃、はかま満緒先生(私は孫弟子)の『笑い殺しのかえ歌集』(青春出版社 刊)の執筆を手伝ったことがある。
その担当が、やはり当時まだ駆け出しの編集者だったNさんだったということを、後に知った。

このNさんと、以前ゴルフをしたときに、一緒にラウンドしたNさんの大学時代の友人で会社経営をされている方が、「最近の若いやつはロクに書けない」というような事を言い、それがきっかけで、今私が執筆中の企画の元が立ち上がった。
私は、その内容を、企画書にまとめてNさんに送ったのだが、ほぼいけるでしょう・・・とNさんが思っていたその企画は会議で通らなかった。
それを、練り直したのが、今回のものだ。

どういうわけか、企画はもう通っていて、NさんとNさんの部下の今回の担当と会ったときは、もう、すぐに書いて下さいという状況だった。
ま、ちょうど、介護も一段落して、いいタイミングではあったのだけど。

昨日、第二章まで終わって、100枚。
あと150枚だ。
今朝も5時頃からパソコンに向かっている。
7枚書いた。
小説じゃなくハウツー本だから、時間がかかる。
しかも「良い文章の書き方」を教える本だから、「ちゃんと」書かなくちゃ・・・だし002.gif

by mizunomari | 2012-05-15 09:11 | デイリーコラム | Comments(0)  

執筆中

今、夏頃に出版予定の本を執筆中だ。
ギターを再開しての執筆は初めて。
どういう意味かというと、前回出した『中高年からの最短作家修行』から、3年以上経ての出版って事。
ギターの再開は1年2ヶ月位前だ。
その前回から今回までの数年間は、介護の日々だった。
今思うと、ものすごいストレスの日々。
今は、90才のおばちゃんは介護施設へ、80才の母はケア付きマンションへ入って、義母はダンナが連れて別居してくれて、実質私は一人暮らしだ。

だから、家に友達呼んで、一晩中遊ぶこともできるようになったってわけ。

ところで、私は、完全な朝型人間だ。
執筆もお昼まで。

d0228130_747682.jpgで、ギターの練習は、犬の散歩&ウォーキングから戻ってすぐ始めるのだけど、ギター弾いてからパソコンのキーボードに向かうと、手が笑うのだ。
前は左手だけだったけど、最近一生懸命やってるのはアルペジオと言って指弾きだから、右手もワナワナ・・・
しかも左指の指先はガビガビに固まっててキーに触ってる感覚が無い。

それでも、生活習慣はなかなか変えられないね。

←これは、今練習で弾いてる「マーチン000-1」っていうギター



執筆パターンの生活になると、サラリーマンみたいに何時から何時まで書く・・・ってのを毎日毎日繰り返すことになる。
作家によってやり方はまちまちだけど、私の場合は、決まった枚数を決まった時間に書く。
大体250枚位だから、それを約1ヶ月間。
だから、間に避けられないイベントがあったりすると、頭をリセットしなくてはならないので、いらつく。

昨日も、湯河原町の年に一回一斉掃除の日だった。
9時頃から10時半頃まで、隣組単位で道路や溝の掃除をするの。
執筆がのってきた時間だったから、きりのいいとこまで書いて、ちょっと遅れて行った。
数軒隣の、主婦でピアニストのもっちゃんに遅れた理由を聞かれて「仕事してた」って言うと「遊んでばっかかと思ったら、ちゃんと仕事もしてんだ~」って言われました037.gif

by mizunomari | 2012-05-14 07:45 | デイリーコラム | Comments(0)  

ダラダラ~ウダウダ

5月6日の湯河原フォーク酒場のダラダラ~ウダウダな一コマ・・・037.gif



ハナは吠える。
モモが歩く。
歌本の字が小さくて見えない。
トコちゃんはなんか食ってる。

このポーターサウンドは、20年位前にリサイクルで買ったので、接触が悪くて、時々音が止まるの。
で、叩くと鳴る037.gif
それにいらついて、このあと、アコーディオン持って来て弾いた。

続いては、サイモンとガーファンクルのリクエストにPPMを歌うとこちゃん・・・



5時頃からダラダラと飲み続け、これは9時に来たいとこの美穂ちゃんの声が入ってるから、10時過ぎかな?

by mizunomari | 2012-05-13 08:31 | ギター&ライブ活動 | Comments(2)  

この1年

私の所属しているギター&フォークサークル「戦うオヤジの応援団」の那須合宿がもうすぐある。
那須は福島県じゃなくて、栃木県だ012.gif

d0228130_746635.jpgこの那須が私の「オヤ応」デビューだった。
それから1年、本当に沢山の知り合いができた。
ライブハウス、練習会、フォーク酒場、合宿・・・
オヤ応のメンバーが主催してる、オヤ応と関係ない「ギター弾いて歌う会」なんかにも参加してる。
オヤ応の正会員は、ロゴ入りの名刺をつくれるんだけど、その名刺、100枚作ったのが、もうとっくに無い。

昨日は、またギターともオヤ応とも全然関係なく知り合いになった人からメールが来た。
御徒町の「旅のつづき」で歌った時の動画を、このブログでアップしたけど、歌い終わった時「イルカみたいでいいね」なんて声かけてる人。
WEB制作会社の社長さんだ。
この人、ギターは弾かないけど、歌はめっちゃうまい。
で、酔っ払って、私たちのテーブルに乱入してきて、なぜか、私はすごい気にいられちゃって、解散後も「もう一軒いこ、もう一軒!!」「えぇ~っ002.gif」「いいから、いいから、もう一軒、いい店知ってるから」って、トコちゃんと無理やり引っ張って行かれた。
でも、連休中で目当ての店は休み。
帰ろうとしたのに、他にも知ってるとこあるから・・・って、とにかくしつこいの。

でも、どこもかしこも休みで、結局、隙をみて逃げるように離れたのだった。
全然感じ悪い人じゃないけどね037.gif

それで、普通終わりじゃん。
それが、どうも名刺渡してたみたいで、あれから2週間もたってるのに、その時のお詫びとまたのお誘いが・・・

こんな具合で、ともかくいろんな人と知り合った1年でありました。

by mizunomari | 2012-05-12 07:46 | デイリーコラム | Comments(0)