人気ブログランキング |

2019年 07月 29日 ( 1 )

 

大船渡高校・佐々木朗希



高校野球の、岩手県代表が決まる決勝戦に、佐々木投手が登板しなかった。
結果、それが原因かどうかはなんとも言えないが、大船渡高校は負けた。

大船渡高校野球部の国保監督が下したこの判断、賛否両論。
私は、佐々木投手の将来を長い目でみたらこれは英断だったと思う。
もう、「根性論」を語る時代ではないし。
スポーツだって、日々理論的、科学的になってきているし。

ラジオの私の相方ホタルちゃんは、本人の意思を尊重してあげたかったって。
本人は悔いを残したんじゃないかって。

でも、まだ体ができてなくて、スタミナ的にも相当やばかったと思うし、団体競技って、日本特有の考えが前面に出ると、結構危ない。
駅伝がいい例だ。
自分のためにチームが負けることだけは避けたい・・・と思うあまり限界を超えたことをして、故障して。
それをまたマスコミが美談で飾る。

佐々木なんて、どう見てもひょろっとしてる。
まだまだ伸び盛りなんだから、体の成長とのバランスをとって練習していかないと、大リーグではやっていけないかも。
佐々木は何十年に一人出るか出ないかの逸材だという。
どこのチームもドラフトで一位指名されると予想されている。
そんな言わば日本の宝なんだから、変な精神論や根性論だけは、持ち込まないで欲しいと思う。

佐々木朗希・・・将来を楽しみに見守っていきたいね。
d0228130_06475644.jpg

by mizunomari | 2019-07-29 06:40 | デイリーコラム | Comments(0)