人気ブログランキング |

2018年 08月 25日 ( 1 )

 

映画『プレシャス』




2010年に公開された映画『プレシャス』。

「プレシャス」あらすじ

舞台は1987年ハーレム。クレアリース“プレシャス”ジョーンズは、16歳にして父親の子供を身ごもり、母親にこき使われ、文字の読み書きもできない。「プレシャス=貴い」という名前とはかけはなれた毎日。そんな中、学校を退学させられたプレシャスは、フリースクールに通い始める。そこである教師と出会い、人生に目覚め、「学ぶ喜び」、「人を愛し、愛される喜び」を知る。それは、今までに考えたこともないことだった。果たして彼女が選んだ道とは・・・?

プレシャスの生まれ育った、ニューヨークのハーレムのような環境は、日本でいえば「部落」と呼ばれているところに近いかも。
今はそれも、無くなりつつある・・・のか、隠蔽されているのか?
黒人差別や貧困、劣悪な家庭環境に生まれ育った、プレシャスは容姿も最悪だ。
どうにも救いがないように見えるこの女の子だけど、だんだん変わっていく。
それまでに彼女は何度も挫折を繰り返し、諦め、怒る。
彼女は自分は不幸だと思っていた。
周りは敵だらけだとも。
でも、本当に戦うべき相手は、誰でもない、自分自身だと学んで、人生に一条の光を見出す。

いい映画だった。



by mizunomari | 2018-08-25 06:09 | 映画 | Comments(0)