人気ブログランキング |

2017年 08月 15日 ( 1 )

 

映画『男達の大和』

ネットで『男たちの大和』を観た。
涙が止まらなかった。
死んでいった戦艦大和の乗組員たちがかわいそうだったのではない。
ま、それもあるけど、日本を守るためには自分の命なんて惜しくはない。っていう少年(青年)たちの純粋すぎる気持ちが胸に痛かったからだ。
「国のためなんかで死ぬんじゃないよ!!」と「今の日本のためにありがとう」っていう矛盾した気持ちが、観終わったあと同時に沸き起こった。
戦争映画って、美談すぎるって言う人もいるけど、本当はもっとえぐいこともいっぱいあるんだろうけど、結果それを観て「嫌だ!!戦争は絶対に嫌だ!!」って思う人がいれば十分だと思う。

エンディングテーマで長渕剛の歌が流れたとき、また新たな涙が溢れた。

本当に嫌だ、戦争は。



by mizunomari | 2017-08-15 06:32 | 映画 | Comments(0)