人気ブログランキング |

2017年 06月 01日 ( 1 )

 

飲食店禁煙

d0228130_05401910.jpeg
うちの店で、いつから全店禁煙にしたのか覚えがないけど、開店当初(18年前)は当たりまえのように、灰皿を置いていた。
7~8センチ四方の薄いお皿みたいので、黒で白い斑点模様でこじゃれたやつ。
これが、買ったときは1ダース(12枚)だったのが、かわいい灰皿だから、どんどん盗まれ、全店禁煙にした頃には4枚になってしまってた。

それを機に、全店禁煙にしたのだけど、そのあと直ぐに当時の松沢知事が、神奈川の海岸(海水浴場)、路上の禁煙と、ある広さ以上の飲食店の分煙を県の条例にした。

今じゃ、神奈川県の湯河原は外では喫煙所でないとタバコが吸えない。
それでも、小さい飲み屋は当たり前に喫煙可。
だけど、昔に比べたら、喫煙者のマナーも良くなって、周りに配慮してると思う。

ところで、昨日の夜、こんなニュースが・・・

全席禁煙始めたファミレスで売り上げ増加、厚労省研究班調査

TBS系(JNN) 5/31(水) 22:25配信

 受動喫煙対策として全席の禁煙を始めたファミリーレストランでは、その後の売り上げが増加したことが、厚生労働省の研究班の調査でわかりました。

 産業医科大学の大和浩教授らは、全国162店舗のファミリーレストランを対象に、受動喫煙対策として、「全席の禁煙」か喫煙席と禁煙席を分ける「分煙」を導入した前後での、営業収入への影響を調査しました。その結果、「全席の禁煙」では、導入後1年目の営業収入は2%増加し、2年目には3.4%増加しました。一方、「分煙」の場合、営業収入の増加は1%未満で有意な差は見られなかったということです。


by mizunomari | 2017-06-01 05:38 | デイリーコラム | Comments(0)