人気ブログランキング |

2016年 12月 16日 ( 1 )

 

映画 『それでもボクはやってない』

映画 『それでもボクはやってない』を観た。
ここまでやってもだめなのか・・・つまり、やってないから、やってないと言い、弁護士も優秀で、目撃者まで必死に探して被告人に有利な発言もしてくれて、警察の取り調べのずさんさも暴かれて、被告人の親や友達も皆で協力して再現動画を撮って・・・
ありとあらゆる事しても。「無罪」は「有罪」になった。
痴漢裁判は99.9%が有罪になるから、やって無くても、示談にしたほうが絶対にいい!!って当番弁護士も言うくらい。
この映画観ると、ホント日本の裁判制度狂ってるとしか思えない。
めっちゃ、後味の悪い映画だった。
・・・けど、勉強になった。


by mizunomari | 2016-12-16 07:36 | デイリーコラム | Comments(0)