人気ブログランキング |

2016年 07月 08日 ( 1 )

 

渡辺勝

渡辺勝っていうミュージシャン・・・知らなかった。
でも、なんかイイネ。
嫌いじゃない。

渡辺勝(わたなべまさる)

昭和25年、川崎市生まれ、
立教大学在学中より音楽活動を開始。
70年代から、岡林信康のレコーディングに参加する一方、
あがた森魚『蓄音盤』、
斉藤哲夫『君は英雄なんかじゃない』、
なぎらけんいち『万年床』などの
セッションに参加して注目を浴びる。
この時期「はちみつぱい」にも参加。
72年夏から73年にかけて松田幸一、村上律らと
「アーリー・タイムス・ストリングス・バンド」を結成。
アーリー解散後は
今井忍、竹田裕美子らと「キリギリス」を結成。その後、
76年にビクターから初ソロ・アルバム『僕は白い雲』を、
77年『HELLO』を発表する。
映画、芝居、CMなどの作曲を数多く手掛けた後、
90年代に入って再びライヴ活動を再開。
レゲエ系バンド「砂」のギタリストとして『砂・山賊盤』、
ソロ・ピアノ集『とどかずの町で』などを発表。
2000年にジャバラ・レコードから『シルバラード』を
リリースして高い評価を得た。
2009年6月に新作「渡辺勝」を発表、
9月に40周年記念コンサートを武蔵野公会堂で行った。
2010年12月におまつとまさる氏(松倉如子×渡辺勝)の
初アルバム「メルヒェン」を発表。


音楽をやり始めてだんだんわかってきたことがある。
それは、本当に裾野が広いってこと。
なんでこんないい歌うたってギターもうまいのにプロで食っていけないの?
とか、ま、一応、音楽で食ってはいるけど、一般的にはまったく知られてなかったり・・・
って人が多過ぎる。

渡辺勝もその一人だね。


by mizunomari | 2016-07-08 07:44 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)