人気ブログランキング |

2011年 12月 11日 ( 1 )

 

井上ともやす

昨日は、東京、武蔵境のフォーク居酒屋「ほたるの里」で「拓郎ナイト~井上ともやすライブ」。
「拓郎ナイト」は、拓郎好きの人たちが集まって、拓郎の歌を一人2曲づつ唄う。
私は、5曲位用意していった。
でも「伽草子」は最初に唄うつもりでいた。
あみだで、私は一番に唄うことになった。
事前に聞いたら、リードやれる人はいくらでもいるっつーことだったんだけど、いざ頼んでみたら、誰もやれないって・・・。
それは、ほんとかどうかわからないけど「拓郎唄う人は、リードはやらないんだよね・・・」って・・・ま、そう言われればそうだ。
で「口でやればいいじゃん」って言われて、イントロを口でやったら、会場の全員が、口でイントロの大合唱。
それもまた、メロディーも正確に・・・003.gif
もう、しょっぱなからこの妙なノリで、でも、なんか拓郎への共通の思い入れや想い出を持つ人たちばかりの集まりってめっちゃ楽しいね001.gif
次は、「恋の歌」。
だけど、これ、カポつけ忘れて、途中で声がでなくて、半分でやめちゃって、いきなり「トランプ」唄い始めたら、幹事が「一人2曲!!」って言うんで、この「トランプ」も半分でやめといた。
半分づつ2曲で1曲分っつーことで。
私のパフォーマンスは大受け049.gif
ほんとにサイコー、超楽しかった。

ちなみにトコちゃんの「人間なんて」もバカ受け041.gif
井上ともやすさんに、「二人でコンビ組めば?」って言われたけど、「コンビ」じゃないでしょ015.gif
「デュオ」でしょ?
「コンビ」って、お笑いじゃないんだから021.gifって、私たちってどこへ行っても色もの部門に分類されるんだよね002.gif

5時半から始まって、最後は「春だったね」の大合唱で中締め・・・。
そして、8時からは、拓郎さんが世にあまり顔を出さなくなってから、拓郎のカバーで人気赤丸急上昇中の「井上ともやす」さんのライブ。

拓郎さんのカバーももちろんやってくれたけど、圧巻はシングルにもなってる、「どこへ行くアメリカ」だ。
井上ともやすさんは44才。
44才でこんなメッセージを発することができるなんて・・・005.gif
それはやっぱ、拓郎の声を持つことからきてるのかも。
この声を持ってして、拓郎の歌を継承して、その詞のメッセージ力まで身につけちゃったってわけ?

なんにせよすごいよ。
それに、15分、譜面見ずに・・・って、オリジナルだし、プロなんだから当たり前だけど・・・それもすごいね045.gif

それでは『どこへ行くアメリカ』を・・・。
長いんで、3部構成です。







夕べはまさに、私が青春時代どっぷりはまってた「THE フォーク」が、「私の今」に追いついた夜だった。
もし、私に拓郎を歌える「声」があったら、私も、こんな歌を唄ってたんじゃないかな037.gif

そして、井上ともやすライブの最後は「落陽」の大合唱060.gif
いや~楽しかったな~003.gif

by mizunomari | 2011-12-11 07:36 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)