人気ブログランキング |

千葉へ、JALの援助の手



今、千葉が大変なことにになってる。
9日の台風の頃、その後も、ワイドショーは韓国の玉ねぎ男の話題ばかりで、千葉の台風被害なんてこれっぽっちもやってなかった。
それがツイッターで、批判あびるやいなや、今度は、毎日毎日、千葉の情報があふれんばかり・・・
大の男が、マイク持って、片付けに追われる被災者の老人に話しかける前に、なんか力仕事の一つも手伝えよ!!って思う。
d0228130_08525307.jpg

ところで、ネットでJALの話を知った。
JALには、飛行機に着いた雪を溶かす特別な車があるんだって。
薬を混ぜたお湯が出る車。
社員の一人の提案で、まだ薬を使ってない新しい車でお風呂の供給ができないだろうか・・・って。

だけど、そこには一つ問題があった。
空港内で走る車だから、公道が走れない。
でも、仮ナンバーが許可されたんだって。

そして、その車で2軒の特養のお風呂にお湯を張ってすごく喜ばれたらしい。
停電も、もう一週間だからね。
ほんとに大変だと思う。

いつも思うのは、ボランティアの受け入れ態勢が後手後手にまわること。
支援物資の受け入れも。
やれることがあれば、なんか役に立ちたいっていう人は日本中に居るはず。
災害に遭うたびに同じこと繰り返してないで、備えないと・・・。
今回の千葉の件で、つくづく思ったのは、日ごろ、隣組のありがたさなんてなんもないけど、災害で情報が行き届かない時は、隣組組織がしっかりしてる地域は大丈夫だよね。

ま、ともかく、千葉はまずは東電にがんばってもらわないと。

by mizunomari | 2019-09-14 08:50 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< ペットボトルの水の賞味期限 『劇場版 おっさんずラブ』 >>