人気ブログランキング |

恒例の怪奇現象



ここ何年も、毎年恒例になっている、我が家の「怪奇現象」。
また始まっている。
ここのとこ暖かいからね。
大体、気温20度をこえたら、要注意だ。

昼過ぎ、気温が1日の最高(今頃なら20度超え)に達した頃、もしテレビをつけていたらいきなり映らなくなる。
家には3台テレビがあるけど、全部。
そして、今度映るのは、今の時期なら3時過ぎ。
真夏ならば、もっと早い時間に移らなくなって、再び映る時間も4時過ぎ・・・

完全に気温と関連してる。

冬はまったく大丈夫なんだけどね。

1日テレビをつけてるってことは、ほとんどないけど、夕方、夕食の準備をするときは、テレビをつける。
観ながら準備できるように、ポータブルの小さいテレビを台所に置いているのだけど、居間のテレビと連動してるから、居間のテレビが映らなけば、当然こちらもダメ。

テレビをつける・・・というたったこれだけの、日常の当たり前のことでも、夕方スイッチを押すとき、ちょっとしたストレスだ。
テレビがつくかどうか?
ドキドキしながら、リモコンを持つ生活!?っていったい!?

ちなみに、電気屋さんに調べてもらったけど、原因はわからなかった。
d0228130_07153131.jpg


by mizunomari | 2019-04-19 07:13 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 恒例の怪奇現象・その2 映画『真夜中のゆりかご』 >>