人気ブログランキング |

豚バラのすき焼き



すき焼きは、主に鶏肉(名古屋では「かしわ」と言っていた)。
商店街には、肉屋みたいに、かしわ屋があって、鶏肉を店内でさばいて鶏肉だけを売ってた。
市場の中の個人店舗も、豚や牛やコロッケを扱う肉屋と、鶏肉や玉子を売るかしわ屋は分かれていた。
で、名古屋の鶏を食べて育った私は、その鶏肉がめっちゃうまいことを知らなかった。
それが当たり前だったからね。
そして、すき焼きは鶏肉で作るものだと思ってた。

東京に出てきて、すき焼きは実は牛肉が主流らしい・・・と言うのを知った。
でも、牛肉は高い。
だからと言って、当時東京(関東?)には、いわゆるブランド鶏なんてものはなくて、ブロイラーで、臭くてとても食べられたものではない。
デパ地下ならあったのかもしれないけど。
上京してから、ほんとに鶏肉を食べなくなった。

すき焼きが食べられるくらいに収入が増えたら、当然のように牛肉。

というわけで、振り返ると、私の人生すき焼きと言えば「かしわ」か「牛肉」。
時々スーパーで「すき焼き用」と書かれた豚肉を見かけたけど、豚肉のすき焼きはなぜか食べなかった。

それが、昨日食べたのだ。
59年生きてきて、初めての豚肉のすき焼きを!!

何故かと言うと、ダンナが道の駅ですごくいいネギを買ってきて、そのネギをよりおいしく食べるために、すき焼きにしようということになった。
スーパーに行ってみたら、肉のコーナーに並べられているのは、暮れやお正月用にパッケージされたすき焼き用の牛肉ばかりで、どれも量も多いし、和牛と書かれてるだけで、ブランド牛は売ってないし・・・
で、試しに初めての豚肉すき焼きにしてみようってことになったわけ。

わりかしいい値段のブランド肉でも、豚ならお正月用の牛の4分の1くらいの値段だしね。

バラと、ロースの2種類を買ってきた。
そして、食べた昨日の初めての豚すき焼きのおいしかったこと!!
なんかはまりそう。
でも、両方とも250グラムづつくらい買ってきたんだけど、バラ250グラム食べて、ロースにまで行かれなかった。

この前食べた豚ロースの透き通るくらい薄い肉のしゃぶしゃぶは二人で400グラムくらいペロリだったのだけど。

というわけで、ネギもおいしくいただきましたとさ。

d0228130_07575864.jpg

by mizunomari | 2018-12-30 07:53 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 『まりまりホタルの夢見る頃は過... リレーアタック >>