下北沢の劇場 「ザ・スズナリ」へ



今日は久しぶりに東京へ。
古い知人のお芝居を観に行く。
劇団鳥獣戯画という劇団を率いる知念正文さんとは、20年以上前に仕事を一回一緒にしただけなのだが、その打ち合わせの時にすごく感性が合って、それ以来知念さんの芝居は東京での公演の時はほとんど行っている。

ところで、こん回は、歌舞伎ミュージカル「不知火譚」第二章 ~絡め取りノ陣~
というタイトルで、内容は?というと・・・

若菜姫は、妖術を駆使して、天草四郎と共に、仇敵、菊池を狙う。
それを迎え撃つ屈強秀麗の勇士たち!

江戸時代のベストセラー長編小説『白縫譚』の歌舞伎ミュージカル化第二弾。
菊池貞行の謀計によって滅ぼされた豊後国(大分県)の城主の娘、若菜姫は、父の仇をうつために、蜘蛛の精から妖術を授かった。
妖術を使い、盗賊団を結成し、次々と復讐をとげる若菜姫は、菊池貞行を追い詰めるまでに・・・。
国を取り戻すため姫の戦いは続く!!
歌や踊りや殺陣、空中芸、更には大化け猫の出現。
劇団鳥獣戯画の新作。怪奇ロマン!乞うご期待!!


今回は、前回よりよりパワーアップしてるみたいだから、すごく楽しみ。

因みに演劇とはまるで縁のなかったダンナを一度知念さんの芝居に連れて行ったら、すっかりファンになっちゃた(*‘∀‘)

d0228130_06192081.jpg

[PR]

by mizunomari | 2018-10-10 06:19 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 風疹が流行? 『まりまりホタルの夢見る頃は過... >>