さくらももこ逝去




漫画家のさくらももこが亡くなっていた。
享年53歳。
乳がんだった。

さくらももこの代表作『ちびまる子ちゃん』の人気が右肩上がりだった頃の話。
放送作家だった私は、ニッポン放送のっ制作部のデスクで原稿を書いていた。
つけっぱなしのテレビは『ちびまる子ちゃん』。
それを指差して、当時制作部にいたS君が「麻里さん、これ知ってます?今、すごい人気なんですよ」って言った。
ふ~ん・・・と私。
全然知らなかったから、観てみた。
で、思った。
「なんか変な漫画・・・」
なんで、こんなのが大人気なのかわからなかった。

それから、20何年か後、奇しくも私は清水の人(今のダンナ)と再婚し、ちびまるこちゃんの街、清水市(現静岡市清水区)の住民となった。

今は湯河原に住んでいるが、たった今も「さくらももこが亡くなったって」とダンナに言ったら、すぐに帰ってきた言葉は「清水の人だよ」。
さくらももこは清水の誇りなんだね。

でも、まだ53歳。
心よりご冥福をお祈りいたします。

d0228130_06433438.jpg

[PR]

by mizunomari | 2018-08-28 06:44 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 『まりまりホタルの夢見る頃は過... バニラエア >>