映画『I am Sam』




ネットで映画『I am Sam』を観た。
これは、Samという知的障害者が、自分の娘を持って、悪戦苦闘でその子を育てるのだけど、裁判所からまともに育てる能力はないからその子を施設(or里子に)出すようにいわれて、弁護士とそうならないように戦う・・・って話。
サムは、知能指数こそ一般より劣るものの、すごく純粋で頑張り屋で、何よりも娘をとても愛してる。
どうしても、娘と離れたくないサムに、周りの人々も助けてくれて・・・

だんなにこの映画の話をしたら、何回も観て、DVDも買って持ってるって。

それくらいいい映画だった。
また、サムの娘役の女の子が演技も達者で可愛いの。
安達祐実みたいな子。



[PR]

by mizunomari | 2018-08-10 07:49 | 映画 | Comments(0)  

<< 「三日月侍」って? 台風13号の被害 >>