犬の白内障



犬も年取ると、白内障になる。
人と同じで、それぞれだけど。

うちの犬たちは、というと、11歳のムギが見てわかるほど眼球が白っぽい。
10歳のももちゃんは、真っ黒。
大体ももちゃんは、体が丈夫。
下痢したことも、吐いたこともないし、皮膚病もないし。

ムギは、時々体が痒くなるし時々吐く。

前に飼ってたハナも、白内障だったけど、ハナは18歳まで生きてたから、白内障も当然だったかも。

人間だと、白内障の手術は簡単だから、犬もどうかな?と思って調べてみたら、手術は可能だけど、かなり高いって。
それよりも早い時期だったら、目薬で対応したほうがいいって。
治す薬ではないけど、今より悪くならないらしい。

でも、実は犬はそれほど見えないことに不自由しないんだって。
嗅覚が優れてるし、見えにくくなっても家の中で飼ってる犬は家の間取りを覚えてて、不自由なく動けるらしい。

というわけで、明日動物病院へムギを連れてく予定。

[PR]

by mizunomari | 2018-06-25 06:17 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 熱海国際映画祭 サッカー、コロンビアに勝てた理由 >>