犬についての誤解




生まれた時から犬と暮らしている。
でも、実家の犬たちは、皆庭で飼われてた。
それが当たり前だと思って育ってきたのだけど、自分で家を買って、一人暮らしのその家で犬を飼ってちょっと勉強したのだ。
「犬の服は着せる理由がある」ってこと。

それまでは、「犬に服着せるなんて・・・」と正直そういう犬の飼い方を馬鹿にしてた。
だけど、今、うちで飼ってる二匹には、冬になると気温にあった服を着せている。

犬っていうのは、人間が用途に合わせて改良に改良を重ねてきて、今のような多様な品種になった。
大きく狩りに連れて行くや牧羊犬やそりを引く犬などの外犬で働く犬と、うちの中でペットとして飼う犬とに分かれてて、外犬は気候、気温に合わせて毛が抜け変わる。
夏毛と冬毛があって、ダブルコートというのだけど、これによって気温変化から体を守るのだ。
でも、家の中で飼う犬は、シングルコート。
毛が生え変わらない。
だから、冬に服を着せないと、寒くて風邪をひく・・・って訳。

d0228130_06152555.jpg
d0228130_06161160.jpg

[PR]

by mizunomari | 2018-05-09 06:16 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 今日はゴルフ 山口達也の事件・その2 >>