大杉漣急死

大杉漣さんが、昨日急死した。
66歳。
ダンナより1歳上なだけ。
心不全だって。

昨年の後半に立て続け2人の音楽仲間をが心不全で逝き、一人の仲間が脳梗塞で未だ意思表示ができない状態で入院中だ。
50代二人、60台前半が一人。

本人はもちろん、誰もが予測不可能なことだった。

もう、いつそんなことになってもおかしくない年齢なんだとつくづく思う。
それでも、死ぬ時がわかってないから今日も生きられるのかもとも思う。

大杉漣さんに合掌。

大杉漣さん急死 長男も信じられない「病気もなく元気な状態から…」

2/21(水) 23:12配信

デイリースポーツ


d0228130_07243251.jpg
俳優の大杉漣さんが21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳。20日に千葉県内で出演中のテレビ東京ドラマの撮影後に不調を訴えて向かった病院で、急死した。

 大杉さんの長男で写真家の大杉隼平氏が21日、都内の自宅近くで報道陣に対応。「元気な状態から体調が急変してしまって…。急なことで頭の中の整理がつかない」と語った。

 隼平氏は仕事で新潟県内に滞在していた時に訃報が届き、新幹線で帰京したという。

 隼平氏によると、大杉さんはこれまで病気もなく元気だったいう。最後に会ったのは3日前。一緒に食事をしたが、その時も変わった様子はなかった。「役者やっている以外は、普通の父親。急なことで混乱していて。いないことが信じられない状況です」と気丈に話した。





[PR]

by mizunomari | 2018-02-22 07:21 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< アメリカ 銃規制 犬たちと温泉へ >>