人気ブログランキング |

納骨

d0228130_05482140.jpg
今日は、これから(今、朝の5時33分)名古屋へ向かう。
納骨のために・・・。

7月、私が後見人をしていた(通称)「おばちゃん」が逝った。
その49日が昨日だった。
なので、今日、その分骨してもらった骨を私の実家の墓に入れに行く。

おばちゃんを引き取って、湯河原で一緒に暮らして10数年。
その間、おばちゃんは車椅子になった。
「麻里の世話にはなりとうない」おばちゃんの私に申し分けない・・・って気持ちがどんどん高まって、その気持ちをくんで私はおばちゃんをホームへ入れた。

おばちゃんは私の実家と縁が深く、自分の故郷より、私の実家や私との関わりの方がずっと深かった。
だから、生前からおばちゃんの兄弟にも分骨を頼んであったのだ。

他人のお骨を実家の墓に入れることに弟たちも何の異存もない。
だって、おばちゃんに比べたら、自分の知ってる祖父より前の祖先のなんか全く知らない人だもん。
それに何より、おばちゃんとの関わりは、私の成長過程での人格形成において何かしらの影響を受けているのは確かだ。

そして、明日は、おばちゃんの故郷である岐阜県東白川村へ「本骨」を持っていく。

そっちの骨壷の方が、うちの墓に入れるのより、かなり大きいのがちょっと悔しい・・・。

by mizunomari | 2017-09-11 05:45 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 恵那峡へ・・・ 猿の集団 >>