人気ブログランキング |

地下鉄にBGM?

昨日、東京メトロの「北千住」~「広尾」間で、走行中ずっとチャイコフスキーが流れ続けていたらしい。
なんでも、音楽を流す機能をもった地下鉄車両はそれ一台で、何かの不具合で音が出てしまったみたい。
それに乗ってた人達の反応が、そう悪くない。
まぁ、音楽には好き嫌いがあるから、クラッシックならOKというわけにはいかないだろうけど、たまには、ジャンルを変えながらのイベント車両走らせてみてもよいかも。
ラッシュ時の殺伐とした空気も多少和らぐかもしれないね。

流れたのは「花のワルツ」

 音楽が流れたのは、7月24日の夕方です。午後4時28分に中目黒行きの車両「13000系」が北千住駅を出発すると、突然、誰もが一度は聞いたことがあるクラシックの名曲「花のワルツ」(チャイコフスキー作曲)が車内に流れました。

 東京メトロによると、音楽が流れたのは18駅先の広尾駅まで。約40分間、花のワルツが繰り返し流れたそうです。ツイッター上には「最新」「じわる」などといった乗客とみられるツイートがあり、「ディズニーにいくみたいな気持ちになった」と車内の様子を撮影した投稿は1万いいねがされています。

 広尾駅で車両整備の社員が作業するまで音楽は止まらず、車内放送も「原因不明の不具合により、ご迷惑をおかけしております」などと案内する事態に。原因を東京メトロの広報担当者に聞くと、「車内音楽が流れるイベント用の設定のまま、営業運行をしてしまった」と説明しました。


by mizunomari | 2017-07-28 05:10 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< いよいよ今日です。 「まりトコ」最終練習 >>