人気ブログランキング |

『夜また夜の深い夜』  桐野夏生・著

私は、年間200本くらい映画を観る(主にネットでだけど)。
で、多分年間100冊くらい、本を読む。
でも、映画の紹介はブログでしてるけど本に関しては紹介もしないし、感想も書かないし一切触れたことがない・・・はず。
それは、自分の著作が、誰かに何か言われてるのがめっちゃ気分悪いからだ。

それがたとえ概ね良い批評だったとしてもだ。
なぜ気分悪いのかは自分でわかっているけど、あえて今は言わない。

ところで、感想は書かないけど、昨日こんな本を読了した。

桐野夏生の本はだいたい読んでいるのだけど、これは2014年に刊行されてるみたいだけど読んでなかったな・・・。

d0228130_07111125.jpg

夜また夜の深い夜」のあらすじ(アマゾンより)

どんな罪を犯したのか。本当の名前は何なのか。
整形を繰り返し隠れ暮らす母の秘密を知りたい。

顔を変え続ける母とアジアやヨーロッパの都市を転々とし、 四年前にイタリア・ナポリのスラムに住み着いた。
国籍もIDもなく、父親の名前も、自分のルーツも、わからない。

母と口論し外に飛び出すと、「MANGA CAFE」と書かれた チラシを手にする男に呼び止められた。
絶対に本当の名前を 教えてはいけないという母のOKITEを初めて破って、私は 「マイコ」と答えた。

私は何者?
私の居場所は、 どこかにあるの?

魂の疾走を描き切った、苛烈な現代サバイバル小説



by mizunomari | 2017-06-02 07:11 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< ゴルフ 体重移動 飲食店禁煙 >>