劇団 「鳥獣戯画」

d0228130_5511329.jpg一昨日、ダンナと下北沢に行ってきた。
劇団「鳥獣戯画」の芝居を観に・・・。

『踊る唐獅子』というタイトルで、江戸時代の絵師「狩野派」を中心に物語が展開していく。
とは言っても、小難しい舞台ではなく、歌やダンスや笑いアリの、いつもの鳥獣戯画(^O^)

昨日が千秋楽だったから、今頃皆ひと段落でまだ爆睡中なんだろうな。

鳥獣戯画はもう創設40年くらい。
座長で脚本、演出の知念正文氏と、昔一緒に仕事したご縁で、毎回新作の度に観に行ってる。

私より3~4歳上の知念さん、そして看板女優で奥さんの石丸有里子さん、さらには、一人娘のユニコちゃん、家族皆、そりゃもう元気でパワフル。
今回の新作も、鳥獣戯画感満載でした。
[PR]

by mizunomari | 2016-12-01 05:51 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 映画 『ゴシカ』 『残そう』を残そう >>