人気ブログランキング |

ハナのおむつ

子供の頃から犬を飼っていたが、昔、犬たちは老衰になるまで生きてはいなかった。
長くても5~6年って感じ。
小学校低学年で兄弟3人それぞれに3匹もらって来てくれた「クロ」「シロ」「アカ」は、皆中学入学まで生きてなかった。
昔のことだから、原因はわからないけど、「犬の寿命なんてそんなもん・・・」って程度の認識。
大人になってから知ったのだけど、昔は人間の残飯を餌として与えてて、その中には犬の体にわるいものがいっぱい入ってたから寿命も短かったみたい。
塩分がまず一番ダメで、醤油や砂糖などの調味料やネギ、玉ねぎ、イカ、タコ、乳製品もダメだって。

今は、ドッグフード中心のえさだから、犬も長生きする。
長生きするのはいいんだけど、今度それに準じて発生した問題は、犬の癌や認知症・・・

d0228130_824137.jpgというわけで、今年1月6日で、18歳になったハナ・・・
目は見えず(たぶん)耳も聞こえず、吠えもせず、ただただ本能だけで生きてる。
一度尻餅をついてしまうと、直ぐに立ち上がることもできずずっとその体勢のままになっちゃうし、毎日あちこちぶつかりながら徘徊してる日々。

それでも、しっかりドッグフードは食べて、いいウンチをしてる。

← ハナのおむつはこれ

このハナ、うんちやおしっこは垂れ流しだった。
それを踏んづけて歩くから、毎日毎日その始末との格闘が続いてた。
それが、最近はほぼ解消した。

ネットでいっぱい出てた、
老犬介護の情報。
その中の一つで、寝返りできる赤ちゃん用の「履くタイプ」の紙おむつを履かせるってのがあった。
それまでは、ペットショップでかったおむつバンドと犬用の尿取りパットを試してたんだけど、これがはめにくいし、ウンチが漏れてしまうし、何より犬用は高い。
それを赤ちゃん用のにしたら、ものすごくいい。
おしっこはまず漏れないし、ウンチも水分の吸収力がすごいので、べちゃってならずにうまく処理できる。

ネット情報では、しっぽのところに切れ込みを入れる・・・って、これがなかなか難しいってなってたけど、これは割と簡単にできた。

赤ちゃん用だと、売り出しの価格だけど、一枚につき犬用の10分1。
約10円だ。
うちでは、このおむつパンツを履かせた上に、さらに、犬用のおむつバンドで留めてる。
一日、朝と昼過ぎの2回の交換でなんとかなってる。

一生懸命ごはん食べてるうちはまだ、食べる楽しみがあるのかな?
本能だけなのかな?
わからないけど、天寿を全うさせてあげたいと思う。

by mizunomari | 2016-01-08 08:20 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 錯覚 ライブハウス初め >>