神戸の生田美玲ちゃん事件

d0228130_6584393.jpg行方不明だった、神戸の小学1年の少女が、遺体で見つかった。
犯人は、近所の男。
普通に生活してた人で、顔見知りのご近所さんもたくさんいた。
犯人と美玲ちゃんの関係はまだわかってないみたいだけど、少なくとも美玲ちゃんにはなんの落ち度もないはずだ。
人見知りしない人懐っこい性格だったいうけど、これは長所なはずなのに・・・
このことを、まるであまり好ましいことではないように言っていた・・・というか、そんな風に聞こえてしまう口調でレポートする人がいた。

なんか、殺伐とした世の中になってきたね。


近所の47歳男逮捕=切断遺体、不明女児と確認


 神戸市長田区でポリ袋に入った切断遺体が見つかった事件で、兵庫県警捜査1課などは24日、死体遺棄容疑で、近所に住む君野康弘容疑者(47)を逮捕した。遺体の身元はDNA型鑑定の結果、11日から行方不明になっていた市立名倉小1年、生田美玲さん(6)=同区長田天神町=と判明。同課は殺人、死体遺棄事件として、長田署に捜査本部を設置し、動機などの解明を進める。

 捜査本部によると、遺体が見つかったのは、美玲さんの自宅から東に約100メートル離れた雑木林の草むら。頭部のほか、両足、手を含む胴体が別々の袋に入れられ、それぞれポリ袋数枚を使って厳重に梱包(こんぽう)されていた。袋からは、君野容疑者の実名が記載された診察券やたばこの吸い殻が見つかった。同容疑者には知的障害があるという。
 遺体のうち、腰の部分は見つかっていないが、捜査本部は今後、司法解剖して死因などを調べる。


今はただ、美玲ちゃんの冥福を祈ることしかできないけど、女の子を持った親たちの心痛は察するにあまりあるね。
どう防ぐか?どうやって子供を守ればいいか?なんて誰にもわからないし、やりようがないもんね。
一人の殺人犯は見つかったけど、これで解決したのは、美玲ちゃんの件だけ。
普通に生活するってだけの当たり前の日常のすぐ隣に殺人がある世の中っていったい・・・
[PR]

by mizunomari | 2014-09-25 06:48 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 断捨離 慰問の練習 >>