人気ブログランキング |

西川史子の離婚

d0228130_813069.jpg基本的に、芸能界の結婚離婚にはすれほど興味はないけれど、西川先生の離婚の話題にはちょっとだけ、興味を持った。
彼女が苦しんだ気持ちがよくわかったからだ。
私の離婚の時も、ほぼ、同じ苦しみを味わった。

それは、「結婚とはこうあるべき」という形に自分も無理してはまろうとして、相手にもそれを強いた・・・ってこと。

今日、こんな記事が・・・

福祉関係の会社役員(39)と11日に離婚した女医でタレントの西川史子(42)が、結婚についてのマニュアル本を読みまくり、結婚とは、妻とはについて猛勉強していたことが分かった。
西川と親交のある爆笑問題の太田光の妻で、爆問らが所属する事務所の社長を務める太田光代さんが12日未明、自身のツイッターで明かした。


結婚のマニュアル本なんて読まなかったけど、たぶん私は、自分の両親を結婚(夫婦)の理想としてみていたんだろうな。

太田光代は、「バリバリ仕事してる人には、あなたの理想とする結婚生活は無理」って言ったらしい。
でも、この「バリバリ仕事ができちゃう」ってとこが、すでに問題で、そういう女は、「私がこんなに努力してるんだから、あなたも絶対できる」って発想になりがちだ。

私の離婚相手は、カメラマンだった。
家で、物撮りの撮影中に、事前位聞いていた終わるタイミングに合わせて、食事の準備をした。
温かいものを温かいうちに食べてもらいたいから、その絶妙なタイミングで。
私のしたことは、主婦として完璧だった(とその時は思っていた)。
でも、職人肌の彼は、結局、自分の撮ったものが気にいらず、いつまでたっても終わらない。
私が怒る。
彼が怒鳴る。
そんなことが毎日繰り返されていたけど、私は、いつも自分は仕事もできるし、主婦としても完璧だと自負していた。
西川先生の離婚に関する色々な記事読んでて、少なくとも、私よりはかわいい女だと思うけど、ま、こういう人は2度目以降、だんだんと「自分自身」も「結婚」というものもわかってきて、うまくいく相手見つけられると思うよ。
基本頭いいんだもん。

ちなみに、西川史子、私と同じ「牡羊座」の「B型」だっての、さっき知った。
ダンナに言ったら、一言・・・「最悪」って037.gif

by mizunomari | 2014-01-13 08:13 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 卵をいくら味にする方法 紅白歌合戦 >>