人気ブログランキング |

マオリ族の刺青

こんな記事が・・・

d0228130_754275.jpg ニュージーランドの先住民族マオリの言語指導者で、日高管内平取町で6日まで開かれたアイヌ語復興を目指す講習会の講師を務めた女性が、石狩管内の民間の温泉施設で顔の入れ墨を理由に入館を断られていたことが11日、分かった。
講習会関係者は「入れ墨はマオリの尊厳の象徴であり、大変残念」としている。

 女性はエラナ・ブレワートンさん(60)。
講習会関係者ら約10人で8日、札幌市内でのアイヌ民族の行事を見学後、入浴と食事のため温泉施設に行った。
その際、ブレワートンさんの唇とあごの入れ墨を見た温泉側が「入れ墨入館禁止」を理由に入館を断った。
同行したアイヌ民族の関係者らが温泉側に「多様な文化を受け入れることが必要では」と再考を求めたが聞き入れられなかった。

 同温泉は、入り口に「入れ墨入館禁止」の看板を設置。
入れ墨がある人の入浴はすべて断っているという。
ブレワートンさんは「深い悲しみを感じた」と落胆。温泉の支配人は「入れ墨にもいろいろな背景があることは理解するが、一般客はなかなか分からない。
例外を認めると、これまでの信頼を裏切ることになる」と説明している。<北海道新聞9月12日朝刊掲載>


・・・これってもすごく難しい問題だよね。
元々、暴力団関係者を排除するってのが目的だったんだろうけど、タトゥーって呼ばれるファッションの刺青でも入浴不可になった。
そもそも、日本と他の国じゃ、刺青の意味合いが違う。
アメリカじゃ、ベトナム戦争に召喚されるとき、皆刺青を入れた。
それは、死体となった時家族にわかるように・・・。
上の記事のマオリだって、文化であって、やくざとは何の関係もないし。

そもそも、日本だって、刺青=暴力団ってわけでもない。
本当の暴力団はあえて刺青なんかいれないかも。
頭が良かったら、それとわからないに越したことはないように活動した方がいいもんね。

私が、この温泉施設の責任者だったら、どうしたろうな?
まず、日本の刺青事情をまずわかってもらわないといけないね。
それから・・・
う~ん・・・どうしたらいいんだろう?
わからん。
外国人に、日本の温泉文化も知ってもらいたいしな。
だからと言って、例外作ったら、またそのあとがややこしくなるし。
これはちょっとケースバイケースというわけにもいかないしな・・・・
う~ん002.gif

by mizunomari | 2013-09-13 08:08 | デイリーコラム | Comments(2)  

Commented by きい at 2013-09-13 09:16 x
 この記事私も見たんですが、講演会関係者の根回しが足りないのでは?講演会の後にこのような企画していたのなら、事前の確認や旅館等の家族風呂など予約とかできたはずです。おもてなしの心がないんじゃないですか?刺青による、この手の話は前から何度もありましたし、予測可能なことだと思うんです。つまりはこのようなトラブルになる事態を見越したパフォーマンス
Commented by mizunomari at 2013-09-13 13:25
そか・・・なるほどね。
かもしれん。

<< サッポロ一番 ゲン担ぎ >>