人気ブログランキング |

ハナの老衰

d0228130_8145024.jpgここんとこ、朝晩はとっても涼しくてよく眠れる。
熱帯夜の時期は、毎晩エアコンを入れて、扇風機を回して寝てた。
ダンナはそれで爆睡。
でも私は、それだと足が冷えて吊ったりするし、何かかけてないと寒いし、かけると暑いし・・・もう、ほんとにややこしい状況で毎日睡眠不足。

さらにもう一つ厄介なのは、ハナ。

うちの寝室は、セミダブルのベッド二台をくっつけているのだけど、そこで犬たちも一緒に寝てる。

モモちゃんは、昼間も動き回っているせいか、夜は爆睡。
途中起きたりしないんだけど、老犬のハナが、夜何度も起きて、水飲んだり、体掻いたり、徘徊したり・・・で、水を良く飲むものだから、おしっこに行きたくなって、そうなると寝室のドアのところで立ち尽くす。
ちょうどドアはベッドから手が届くから、ハナの気配に私が起きて、ドアを開けてやる。
その時、少し開けておかないと、ハナが、玄関のところのシートでおしっこして戻ってきて部屋に入れずまたドアの前で立ち尽くしててもかわいそうだから、開けておく。
それが、時々、扇風機の風でバタンと大きな音を立てて閉まるのだ。
その音で目覚めて、開けると、ハナが・・・。

ドアはしっかり閉まった状態でなかったから、風で閉まったわけで、ちょっと押せば中に入れるのに、入れないものと思い込んだハナが立ってかたまっている。
ハナは元々ぼーっとした性格だけど、年取ったら、さらに拍車がかかった。

今15歳のハナは、目は白内障でほとんど見えてないみたい。
耳も遠くなったし、腰も丸まった。
動きもよたよた・・・
それでも、まだまだ散歩も行けるし、えさもしっかり食べて、いいうんちをしている。
犬の場合は体調が悪くてもそれをうったえることができない。
飼い主がしっかり見てて、変化に気づくしかない。
前に飼ってたゴマは、悪性リンパ腫(がん)で苦しんで死んだ。
ゴマはもちろんだけど、看てるこっちもすごくつらかった。

だから、何とかハナには、元気で天授をまっとうしてもらいたいのだけど・・・

by mizunomari | 2013-09-10 08:13 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 湯河原で飲み歩き 「樂」で「井上陽水Day」 >>