人気ブログランキング |

素朴な疑問

d0228130_10155426.jpg友達に風屋さんという人がいるのだが、彼が、ブログでこんな事を書いていた。

安倍さんは
国債をどんどん発行して金融緩和を図り
円安に相場を導いて
物価上昇率を2%押し上げてデフレ脱却すると言う。
要は今、何兆という国の借金を更に増やすと言うのだ。
国の債務が増大することにより加速度的に円安が進み
逆にインフレを招くおそれがあることを覚悟の上?
物価が上がってもタイムリーに景気浮揚に繋がらなければ
消費低迷を招いて更なる不況を呼ぶ可能性も覚悟の上?
それでなくとも対中、対韓強硬路線に走れば
東アジア情勢不安定により国債価値も円も下落するだろう。
それも覚悟しているのだろうか?


実は、まったく同じことを、私も考えていた。
インフレを招くおそれがあることを覚悟の上・・・っていうより、インフレにしたいのだよね。
多分。
物価が上がって、お金が回り始めて、生産が増え、雇用が増え、給料が上がって、そして、余裕が出来てお金を使う・・・
理屈ではそうかもしれないけど、国民の政治不信はもうガチだよ。
物価が上がったら、不安が勝って更に財布の紐を締めると思う。
年金とかの老後の不安もそのままで、震災や原発も、領土問題もそのままで、北朝鮮の拉致被害者も助けられずに、おまけにミサイル打ち込まれて・・・
この上に、更に物価上昇ってどういうこと?
ってふつー思うだろ。

だって、それはすぐに収入の増加にはつながらないんだもん。
皆、一般には、今を生きるのにいっぱいいっぱいなんだからね。
生活の面では。

そりゃあ、安倍さんだって、それなりの考えがあるんだろうけど、政治不信を払拭するために、まず拉致被害者でも全員取り返せよ(-_-;)
そしたら、その政策も信用してやってもいいんだけど・・・。

by mizunomari | 2012-12-23 10:14 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 横浜SP忘年会 伊藤班忘年会 >>