人気ブログランキング |

『ぐるりのこと。』

ここの所、おばちゃんの圧迫骨折で、世話に付きっきりだから、何本か立て続けにパソコンの無料配信映画を観た。

昨日観たのが『ぐるりのこと。』
木村多江とリリーフランキー主演で、木村多江はこの映画で日本アカデミー主演女優賞を取っている。



<概要 >

一組の夫婦を主人公に、生まれたばかりの子供の死を乗り越える10年の軌跡を描いた1990年代が舞台の感動ドラマ。「ぐるり」とは、人の身の回りで起こる様々な出来事を指す。なお、木村多江、リリー・フランキーともに、映画初主演作品となる。

キャッチフレーズは、「めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。


あまり、話題にはならなかったかもしれないけど、すごくいい映画だった。
ネタバレになってしまうので、映画の話は難しいけど、今、私の置かれている状況と重なった部分もあって、心にしみた。

元々、これを見ようと思ったのは、リリーフランキーに興味があったからだ。

リリーフランキーの『東京タワー』を読んで、すごく泣いた。
あれは、リリーフランキーの自伝的小説らしいから、そういう育ち方をした人の演技ってのが見たかったのと、あの、いつも飄々としつつ、一本筋が通ってる生き方をしてる所にすごく憧れてた。

私から見ると、かまやつひろしのかっこよさに通じるものがあるって感じ。

『ぐるりのこと。』では、それが演技なのか地なのかわからない絶妙な台詞の間が、めっちゃ良かった。

・・・この人、天才かも034.gif

日本の映画って、結構隠れた名作があるんだね。
間違いなくお金はかかってないだろうけど、『ぐるりのこと。』は、不朽の名作です。

by mizunomari | 2012-02-23 08:50 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< うさぎや 想い出の歌シリーズ『たどりつい... >>