人気ブログランキング |

家宝?

今だから話せる話・・・。

名古屋の実家には、ずっと昔から受け継がれてきた骨董の類がいろいろとある。
でも、家族は皆そういうものに興味がなくて、保存状態が悪いから、掛け軸なんかはシミだらけで、二束三文の状態。

そんなお宝(?)の中でも、以前から「これは、ものすごいいいものだで、もし、金に困るようなことがあったら、これを売って・・・」なんて、なんでも鑑定団みたいなことを言われてた逸品があるのだ。

d0228130_8315671.jpgそれは、刀。

日本刀だから、二本ある037.gif
もちろん、鑑定書つき。
 
以前、家宝のチェックをしたときに、弟が、刀を欲しいと言った。
で、今度名古屋に帰ったときに、持ってくよ・・・っていうので、私も「いいよ」って・・・。

その後、弟が刀を東京の自宅に持っていったのだが、それは警察の人に言われて。
どういうことかというと、実家に泥棒が入って、弟が現場検証の立会いに行ったとき、刀を確認した。
もし、盗まれてたら、大変だからね。
幸い無事だったんだけど、母も湯河原に来てることが多くて、母一人住む実家も留守がちだから・・・ということで、その数日後、出張のついでに名古屋に寄って、刀を持ち帰った。

練習用のゴルフバッグに入れて・・・。

横浜駅に着いたら、「あれ?」って思ったんだって。
すごい大勢警察官が出てる。
なんだろう?って思ったらしいけど、その時気がつかなくてかえって良かったよ。
その日が「横浜サミット」で、各国の大統領が横浜に集まる日だって気がついちゃったら、絶対挙動不審になって、職務質問されて、持ち物検査されて・・・
ゴルフバッグから刀出てきたら、もう、即行、身柄拘束でしょ?

下手したら、私が身柄を引き取りに行かなきゃならないところだったよ002.gif

ちなみに、刀って、鞘から抜いて直に観ると、なんかゾクゾクするっていうか、ドキドキするっていうかちょっと怖い。
刀鍛冶の魂が宿っているのか?
それとも切られた人の怨念が・・・025.gif

by mizunomari | 2012-01-31 09:04 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 犬と雪 激安マッサージの謎 >>