人気ブログランキング |

間違え癖

d0228130_823039.jpg清田っちがブログの中で「シードル」っていうりんごのお酒の話を書いてた。
(*詳しくは、清田っちのブログを見てください)

確か、昔・・・日本でも一時流行った気がする。
その時の「シードル」っていう名前が耳に残っていたんだね。

前にのこのブログで書いたけど、野外ライブ用に買った、エレアコ(モーリスのトルネード)。
これは、線につないで、スピーカーから音を出すんだけど、その、つなぐ線(コード)を「シールド」って言うの。
この「シールド」と「シードル」がごっちゃになっちゃってて、「シールド」っていおうとしてあれ?「シールド」で良かったんだっけ?
「シードル?」「シールド?」「あれ?あれ?」っていつもなっちゃうの025.gif


d0228130_8304076.jpgこういうことって、結構誰にも一つや二つあるよね。

うちのダンナは、「暖」っていう字の偏を、いつも「目」で書くから、見つけたときは「日」だって言ってて、その時は「あっ、そうだっけ」って素直に直すんだけど、一人で書くときは「日」か「目」かごっちゃになってわからなくなるって。

モーリスのトルネード


d0228130_915640.jpgだけど、うちの母にはちょっと困ってる。
昔、果物の「マンゴ」をスーパーで見て「これ何?」って聞くから「マンゴ」って言ったら「え?何?マンコ?」ってでかい声で聞き返してきたのだ008.gif
「ち、ち、違うってばぁ・・・マンゴ!!」
「何?何?マンゴ?マンコ?」
・・・もう、最悪002.gif

それ以来、母は、マンゴを目にするたびに、「これって、なんだったっけ?マンゴ?マンコ?」って・・・。
名古屋では、その言葉、ポピュラーじゃないからねぇ。
恥ずかしいって気持ちもないんだよね。

当然ながら、母とは「マンゴ」のそばは絶対に通らないことにしてます。

by mizunomari | 2011-11-04 08:42 | デイリーコラム | Comments(6)  

Commented by kiyotayoki at 2011-11-04 10:08
子供の頃、米国のプロレスラーにボボ・ブラジルって選手が
いたんだけど、その選手の名前を口にするとなぜかクラスの男子がニヤニヤ。
関西や九州方面じゃ、口にしづらい名前だったみたい。
Commented by mizunomari at 2011-11-04 10:49
そういうのって、地域によって全然反応違うよね。
名古屋では、特に女の人のソコを呼ぶ名称がなかった・・・と思う。
Commented by yoshiya at 2011-11-04 13:11 x
当時の名古屋にもあったけど、さすがに文字に出来ない(笑)。
Commented by mizunomari at 2011-11-04 13:58
あったんだぁ・・・。
さすが良哉先輩の住んでた所は、やばい地域だったからね(~_~;)
私の住んでた辺りは、上品な所だから・・・(-^〇^-)
Commented by yoshiya at 2011-11-04 15:43 x
ハイ、おっしゃる通り、星飛雄馬とか矢吹丈が住んでいるようなところだったからね(笑)。今じゃ有り得ないけど、小学校のクラス名簿に親の職業欄があって、ちゃんと「日雇い」って何人も書いてあった。
Commented by mizunomari at 2011-11-05 14:52
なんかそういう世界って憧れる・・・って、よく清田っちと話してる。
なんせ、私たちってば、お金持ちの家の子じゃん(-^〇^-)

<< 想い出の歌シリーズ『夢見るシャ... スマホ >>