人気ブログランキング |

島田紳助引退

今朝、パソコンを立ち上げ、一番に目に飛び込んできたのは「紳助芸能界引退」のニュース。


d0228130_7291379.jpg吉本興業は23日夜、同社東京本部(東京都新宿区)で緊急の記者会見を行い、タレントの島田紳助さん(55)が不祥事を起こしたため、同日付で引退すると発表した。

 口を真一文字に結び、涙ぐみながら会見場に姿を見せた紳助さんは2人の暴力団関係者と面識があることを認め、「正直言って僕の中では芸能人と付き合ってはいけないと十分理解していた。
 人を介してメール送ったり、(自身が経営する)店にも何度か来られた。
 
 これは悪いことをしている意識はなく、芸能界のルール違反をしていないと日曜夜まで思っていた。
 24時間テレビを終えて吉本からアウトだと言われて、その場で引退を決めた。
 後輩が同じ過ちを犯さないよう一番重い処罰を与えた」などと説明した。

 吉本興業の調査によると平成17年6月ごろから2年間にわたり暴力団体関係者と親密さを伺わせる携帯メールのやり取りが確認された。同社は違法行為はなかったとしている。

 紳助さんはつなぎにリーゼント姿の漫才コンビ紳助・竜介として昭和50年代ごろから大人気となった。
 その後、「歌のトップテン」(日本テレビ系)で司会を務めて番組の進行役として頭角を現し、現在は「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系や「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)など、数多くのレギュラー番組で司会を務め、同社の看板タレントとして活躍している。
 このため、今後のテレビ番組や芸能界に大きな影響が出るのは必至だ。


紳助さんとは、仕事で縁がある。
もう、20年くらい前になるけど、紳助さんが、単独で持った初めての東京でのラジオ番組 『紳助のおっと危ない!!東京爆弾小僧』(ニッポン放送)を、私が書いていたのだ。
その番組が始まった当初は、まだ東京に住まいがなく、紳助さんは毎週、番組の前日にホテル泊まりだった。
で、いつも、赤坂のあの「ホテル ニュージャパン」に泊まっていたのが、火事のその日だけ、予約が取れずに、隣の「赤坂東急ホテル」に泊まっていて、難を逃れた・・・って言う話を、録音に来ていきなり興奮して話してたっけ。

番組から、飲みに行った席でも、その後紳助さんが借りたマンションでの飲み会でも、紳助さんは、ものすごく皆を楽しませてくれて、その場にいる全員が楽しいようにめっちゃ気配りをした。
紳助さんが、大阪の友達(ふつーの素人さんたち)をよく、番組に連れてきてたけど、仲間をすごく大事にする人だ。
私の実家の名古屋にも「マスヤのおにぎりせんべい」ってあるけど、大阪にもある。
東京のスタッフが、全員そんなの食べたこともないし聞いたこともないって言ったら、翌週は、大量の「おにぎりせんべい」を持って来てくれた。

放送作家時代は、仕事でいろんなタレントさんに会ってるけど、今思うと、紳助さんは、スタッフにも友達みたいに同じ目線で接してくれてたんだよね。
だから、すごく話もした。

娘が二人居て、「お父さん」や「パパ」じゃなくて「海燕のジョー」って呼ばせてるって言ってた。

そういえば、数年前、赤坂でばったり紳助さんに会った。
そしたら、めっちゃ忙しいくせに「何か、仕事ない?」なんて言ってた。
「ジョーダンやめてくださいよ~」って私。


・・・って、なんかこんな事書くと、紳助さんが亡くなったみたいな感じだけど、紳助さんの引退は、私には、それと同じくらい寂しい。
いろいろ悪く言う人もいるけど、私はこれまで、あれほど人を大切にし、気配りができる人をみたことが無い。
瞬時に、その人の人となりを見抜き、空気を読める人だから、たぶん、その暴力団の人とも、うまく距離を置いて付き合っていたと思う。

もう、お金は、余るほど持っているはずだから、引退も紳助さんにとっては、どうってこともないだろうし、最近ちょっと、紳助さんの番組も視聴率が落ちてきてるみたいだから、たぶん、今が引け時だと読んだんだろうね。
それも、「吉本の後輩たちに示しがつかない」なんてかっこよく・・・

ま、紳助さんらしい頭のいい引退劇だと思う。

こんな風に政治家も潔く、かっこ良く引退して欲しいな。
そうそう、紳助さん、今度政治家でもどうかな?

by mizunomari | 2011-08-24 07:54 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 思い出の歌シリーズ『赤色エレジー』 「僕の好きな先生」&カズー >>