介護用品 

車椅子になったおばちゃんのために、うちの中での移動が楽なように、家具の配置を変えたり、畳の小上がり部分をリフォームしたり・・・と、退院直前までなんやかやと落ち着かなかった。
車椅子は、おばちゃんの退院前に、うちに来ていたけど、実際に私が自分で乗って動線を調べたのではなく、車椅子を手で押して、通れるかどうかやってみた。
これが良くなかった。
ちゃんと自分で乗っていれば・・・
といって、結果、大変なことにならなかったのは幸いだったけど。

なにがあったかというと、おととい、退院してきたおばちゃんが、車椅子にのってトイレに行ってそこで、前かがみになったとたん、ストンッ!!とフットレストが床に落ちたのだ。
両足とも・・・。

おばちゃんが、私を呼んだ。

私も最初は何が起きたのかわからなかったのだけど、わかったとたん怒りが込み上げてきた022.gif
そりゃそう・・・021.gif
だって、介護用品だよ。
ヘタしたら、おばちゃんまた転倒してたかもしれないし、かかとの骨折だってありうる。
しかも、車椅子に添付されてた点検チェックシートは、フットレストに点検しましたのチェックが入ってないの。
たぶん、これは、実際に介護用品のレンタルの会社の人がおばちゃんを座らせてみて、高さや向きを調整してねじをきちんとしめる・・・っていう段取りのために、最初はねじを緩くしてあるんだろうな。

理由はともかく、ぶち切れた私は、すぐそこの会社に電話して、責任者に変わってもらって怒りまくったのだった022.gif
これはもう怒って当然でしょう?
いくら謝られたって、大体意味わからん。
介護用品で怪我してたかもって・・・介護用品の安全点検ができてないって・・・どういうこと?
アナウンサーが「今日は声がでないから、しゃべれません」って言うのが有りえないくらい、プロとして成立してないじゃん021.gif

・・・てなわけで、担当の人はすごいいい人だったんだけど、こういうのは会社自体のゆるみというか甘さみたいなものが露呈したのだと私は思うので、「一事が万事」ということで、もう、この会社と縁を切ることにした。
電動のベッドも借りてるので、それも違う会社で借りることにした。

そうなると、また、新たな契約を結ばないとならないし、これまでのベッドの運びだしに運び込み、とかまた、時間がとられることになるけど、安全には代えられない。

介護って、「守り」なのだ。
これ以上悪くなって行かないように、どれだけ先回りして予防できるか・・・。
でも、どれほど心血を注いでも頭を働かせても思い通りにはいかないことだらけ。
だからって、降りるわけにもいかないし。
私にはすごく大変なんだけど「早く死んじゃえばいいのに」とも全然思えないところをみると、どうもやっぱそこには頑張れるだけの「愛」があるんだろうなぁ034.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-05-28 08:42 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 歯の値段 夢見る頃は過ぎたけどさ >>