ゴルフファッション

ダンナが、ついに、ノータックパンツを買った。
何のことかというと、特に「遼君」なんだけど、ゴルフで、石川遼君が注目されるようになってから、そのファッションも注目を集めるよになって・・・
で、遼君がノータックのピタッとしたスリムなパンツだから、今、ゴルフ場の若い男の子は皆そんなファッション。
「昭和のおじさんゴルファー」とは完全に一線を画している。
おじさんっちは、ツータック、スリータック。
でも、石川遼と同世代のライバル池田勇太は、ジャンボ尾崎に憧れてるとかで、ファッションも完全に真似して、今時の若者ファッションには見向きもしないで、昭和ズボン。
ノータックは「パンツ」。
タック有りは「ズボン」。

この前、ダンナにクラブ振ってるとこ、写真撮ってもらったときに「今度は私が撮ってあげる」って言ったら、「ブログに載せるなら嫌だ」って。
「なんで?」って聞いたら、返ってきた答えが「ズボンが昭和だから」・・・て041.gif

というわけで、先日「ゴルフ5」に付き合って、ノータックパンツをついに購入049.gif
色は赤で、細かい格子の。
ダンナはお尻の形がいいから、結構似合ってる。

ところが、今日、その池田勇太の写真を探してて、こんな記事に出会った。

3タックパンツに注文殺到、池田勇太ファッション

3タックパンツがゴルフの世界では注目を浴びているようです。3タックパンツを広めている?のは池田勇太選手。6月の日本プロゴルフ選手権大会で優勝してから、池田勇太選手が契約を結ぶブリヂストンスポーツには問い合わせが殺到しているそうです。昭和のお父さんゴルファーには待ってましたという期待の選手の登場です。
プロゴルファーもファッションやパフォーマンスが注目されますが、池田勇太選手のファッションは個性的です。池田勇太選手のファッションは、角刈りに、ダボダボの3タックパンツ。池田勇太選手が憧れているのは、尾崎将司選手なのです。

3タックパンツはゆったりしてカラダも動かし易いんですよね。でも、最近はノータックパンツが主流です。ノータックパンツを履くか、タックパンツを履くかで世代がはっきりと別れてしまいますね。

ベテランゴルファーの中にも無理してノータックパンツを履いていた方も多いのではないでしょうか。それが、日本プロゴルフ選手権大会に優勝した池田勇太選手が3タックパンツを堂々と履いているのです。強い選手のファッションは真似したくなります。というかまわりを気にすることなく、自分が快適な3タックパンツを履けるという感じになっているのでしょうか。

ノータックパンツが主流になったのはいつごろからでしょうか。ユニクロなどが、ストレッチパンツでぴったりしたパンツでものびのび動きやすい商品を出してからでしょうか。スキニーデニムとか、脚長に見せるということでも流行りましたよね。

でも、3タックパンツのようなダボダボのパンツがゴルフでも流行る前は、ノータックパンツが主流だったと思います。しかも当時は、ゴルフパンツにニットシャツというファッションは、ダサいお父さんと言われていたような・・・。

ファッションの世界は何がどう左右するか分かりません。


・・・だってさ037.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-05-16 06:48 | ゴルフ | Comments(0)  

<< 北原ミレイ 思い出の歌シリーズ『今夜R&B... >>