人気ブログランキング |

映画

『人のセックスを笑うな』を観た。
いつもの、無料動画サイトで・・・。
このところ、無料配信までの期間が短いような・・・気のせい?
以前、活字で読んだものが、忘れた頃に無料配信されてたりすると、すぐ観てしまう。
桐野夏生の『東京島』もそう。

この『人のセックスを笑うな』って、すごいタイトルだけど、Wikipediaで、このタイトルの理由がわかった。

『人のセックスを笑うな』
2004年11月に、河出書房新社より、2006年10月には河出文庫としてその文庫版が発行された。2004年の第41回文藝賞を受賞、翌年の第132回芥川龍之介賞の候補作にも選ばれた。2007年、井口奈己を監督に映画化され、2008年に公開された。過激な題名とは裏腹に純粋な恋愛ドラマで、19歳の男と39歳の女、年の離れた男女の恋愛模様を描く。

この題名の為、映画の宣伝CMはプライムタイムを中心に放送される。なおこの題名は、本屋で、同性愛の本の棚の前でクスクス笑っている人を見たときに思ったことばであると、作者は語っている。
文藝賞受賞に際しては慎重な意見もあったものの、田中康夫の強い推薦があった。


中に出てくる、39歳の女が、原作読んだときに、なんか私みたい・・・って感じで、ものすごく印象に残った。
まさに、30代の私はこんなだったな。

映画の感想を・・・と思ったのだけど、それがすごい難しいのがわかった。
感想を述べようとすると、観てない人に教えない方がいいことも、言わなきゃいけなくなるからね。
ま、私的には、好きな種類の映画だったし、良くできていると思ったな。
原作とはまた、違う味わいがあるし。
自由奔放な年上女に翻弄される、男の子の恋心に思い入れして観るのが正解だね。
恋の切なさに胸がキュンとなるよ。



永作博美って、案外いいね038.gif

by mizunomari | 2011-05-11 07:16 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< パターを買った ゴルフ >>