カラーバス効果

清田っちが、昨日のブログで「カラーバス」っていうのを書いてる。

これは・・・

カラーバスを英語で書くとCOLOR BATH。
BATHは「浴びる」、つまり「色を浴びる」という意味。

例えば、「今日は赤を意識しよう」と考えて街にでると、
普段はあまり意識することのなかった、看板や車、郵便ポストなどなど
街中に存在するありとあらゆる赤いものが目に飛び込んでくるようになります。

これはある一つのことを意識することによって、意識していることに関する情報が無意識のうちに自分のアンテナに引っかかってくるようになる現象です。

この効果が働くのは色だけじゃなく、例えば「監視カメラ」を意識しながら街を歩くと、不思議なほど監視カメラが目に入ってくる。
都会じゃこんなにあちこちから監視されてるんだぁってビックリするほどです。

人間の目は、対象を意識するだけで、その対象だけにフォーカスが当たるようにすることができるんですね。


っつーこと。
まさにそれ、今朝の犬の散歩で体験した。

d0228130_8321511.gif犬は三匹いるんだけど、その内の「むぎ」は、時々、放置してある犬のウンチを口に入れようとする。
しばらくおさまってたんだけど、今朝は、またえらくウンチに興味をしめすものだから、注意してたら、やたらウンチっておっこってんの。

落ち葉の色や枯れ枝とまぎらわしいけど、意識して見てると、見える見える。

だから、これって、「お金」でやればいいんじゃない?
まぁ、そうそうおっこってるもんでもないけどね003.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-10 08:16 | デイリーコラム | Comments(1)  

思い出の歌シリーズ『コンクリートの壁にはさまれて』

今日、紹介する『コンクリートの壁にはさまれて』 by NSP

直接NSPの歌声を聞いたのは、なんと、今日が初めてなのに、もう、超知ってる曲。
しかも、たぶん、この曲に出会わなかったら、私のギター&フォーク人生(?)変わってたかも・・・。



この歌を初めて聞いたのは、高校の演劇部の部室だった。
弾き語りしてたのは、アオベー先輩。
高校に入って私がすぐ入部したのは「フォークソング同好会」だった。
でも、岡林や泉谷や拓郎や加川良なんてやってる人は全然いなくて、皆、一生懸命かぐや姫や風やふきのとうのコピー。
なんか、イメージと違う。
で、その頃、演劇部の新入生歓迎公演ってのがあって、演目はつかこうへいの『熱海殺人事件』だったんだけど、それに、超感動してしまい、フォークソング同好会は辞め、演劇部に入った。
その、入部第一日目。
アオベー先輩がギターかき鳴らして歌ったこの歌に衝撃を受けた。
アオベー先輩が、これまた声に迫力があって、当時としてはギターもうまいの034.gif
部室には、なぜかギターがあって、フォークソング同好会より「フォーク」な歌を、演劇とは関係なく男の先輩たちがいつも歌ってた。
でも、皆レパートリー少ないから、得意な同じ歌ばっかり毎日のように聞かされてて、当然覚えちゃって037.gif


ところで、ちなみに、今日掲載したのは、若き日のチャーがリード弾いてる。
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-09 07:27 | Comments(4)  

店(私の経営してるうさぎや)の、パートさんに、すごいフェミニンな服をもらった。

だいたい私は、いかにも女・・・って格好をしない。
ま、ふつーに趣味の問題で子供の頃からそう・・・。

パートの照子さんが、インフルエンザにかかって、高熱が出て、どうにも店に出られない・・・ってことで、あんまり辛そうだったんで、見舞いに行った。
一人暮らしの人だし、歩くのもやっとみたいだったし。

コンビニで買ったのは、ドリンク剤、ゼリータイプの補助食品、バナナ、アクエリアス、アイスクリームetc.
自分も熱が時々でるんで、そんな時欲しいと思うものを想像して持っていった。

それが、照子さんにもぴったりはまったみたい。
照子さん、えらく感動してお礼だと言うことで、服をくれたの。

ちょっとびっくり。
私だったら、服を人にあげるって、考えられないから。
お礼ってどうしても無難なものを選んでしまいがち。

でも照子さんはそういう考え方をしない人なのだ。
「ママは、いつもものすごく地味だから、たまには、こういうの着てもらいたいと思って・・・」って言ってた。
その服、着たら、ダンナも「そういうのもいいじゃん」って言ってたし、カルチャーに教えに行ったとき着て行っても、特に反響はなかったところを見ると、それほど着ていて違和感はないのだろうって思うけど、私自身は、すごい違和感。
着ててなんとも、落ち着かなかった。

それでも、一応着て照子さんに見せに行った。
「どう?」
って言って、クルッっと回ったら「あらママ~すごく似合ってる~いっつもママは地味なかっこうばっかしってしてるから、たまにはそういうのも着てもらいたいって思って~」って照子さんはご機嫌。
でも、その後に続いた言葉に唖然。
「素敵でしょ・・・あたしもね、それと同じのの色違い買ったんですよ。お揃いなの・・・」って。

照子さんって、70過ぎてんの。

それ以来、その服一度も着てないっけ002.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-08 05:59 | デイリーコラム | Comments(0)  

思い出の歌シリーズ『ホームにて』

今、タイに住んでる弟が一時帰国で、湯河原に来てる。
それで、思い出したのがこの歌。

『ホームにて』  by 中島みゆき



私は、三人兄弟。

私と、そしてあと二人は、年子で双子の弟。
双子は似てるとこはすごい似てるけど、まったく性格は違う。
趣味とかも・・・。

その弟の名前は「右孝」と「左孝」。
・・・で右孝の方が、私の「フォーク&アコギ」の影響を受けている。

右孝は、東京の大学に行ったから、高校卒業して名古屋を離れた。
それまで、名古屋のうちでは、毎晩のように私がピアノ、右孝がギターを弾いてフォークを唄ってた。
『ホームにて』もその頃の思い出の一曲。

右孝は大学で一人暮らし。
そして私は、卒業後、就職で一人暮らし。
私たち兄弟はまぁ、昔はそれなりにけんかもすごかったけど、なんでも話せて信頼し合えている関係に、今はなっている。

この前、タイの弟の所へ一人で10日間くらい遊びに行った時に、二人で飲んで、昔の話になった。
そしてこの歌の話に・・・。
やっぱ、家族の元を離れて、すごく寂しかった時期が、右孝にもあったって。
で、その気持ちを、この『ホームにて』で思いだして、涙出るって。
・・・私もそう。

双子なんだけど、左孝とはこの気持ち、共有できないんだよね。
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-07 08:22 | Comments(0)  

続・ギター合宿

d0228130_7393152.jpg那須高原での「ギター合宿」の、昨日に引き続き、今日は詳細を・・・。

ともかく、皆「オタク」。
ま、私も人のこと言えないけど。
オタクだから、それぞれにこだわりがあるし、うんちく語るし、でも、その分情報もすごい仕入れられたし、勉強にもなった。
でも、いいなぁ・・・って思ったのは、、誰もが、それぞれの演ってる音楽に対して「負の評価」をしないこと。
ほめることもしないけど。
ほめることがあったとしたら、それは、持ってるギターの音に対して。
音楽性は、それぞれ皆、「アコギでの演奏」だけが共通項で、ほとんどバラバラ。
だけど、それもビミョーで、決して、いいギター(値段とか希少価値とか)だから、ってほめるわけでもないの。
チューンナップしてる人が多いから、その方向性がこのギターにとってはいい・・・とか。
あ、そうそう、私の場合、持ち運ぶためのケース(マーチンのブルーケースって言って希少価値)が、うらやましがられた。
知らなかったんだけど、ヴィンテージのギターだから、ケースも昔の色で、そのケースだけで、5万くらいするんだって。

ギターは、皆最低5本は持ってる。
でも、考えたら、私でさえ「モーリス TF」」「マーチン D-28」(これは、通称ニッパチと呼ぶらしい)「S-ヤイリ YD304」と、今、借り物の「マーチン 0001」と、弟がアメリカで買ってきた10万くらいの、ブルース用のギターも、くれって言えばくれるだろうから、これで、無理やりだけど、5台はそろうし、これくらいあると、すごく嬉しいし。

メンバーのSSさん(ハンドルネーム)なんて、震災で家の塀が壊れて、仕事も失業中だけど、売りに出してた「ギブソン J-45」が450万円で売れたって005.gif・・・すごいね!!

ギターは、普段5台くらい家に置いてるけど、あとは、専用の倉庫借りてるって人もいた。
サイモンとガーファンクルが好きな人は「マーチンのガーファンクル仕様」のギター。
「SUMI工房」の人のギターは、50万くらい。
この人は歌は唄わない。
インスト派だから、中川イサトとか押尾コータローとか。
私と同じニッパチの人は、フォーク系の他、ジュリーやシャンソンも。
それから、山形から来てた人は、吉幾三なんかもなまって唄ってたっけ037.gif
ギターもいっぱい持ってるけど、ウクレレやマンドリンなんか中心の人は、三味線も習ってるんだって。
バンジョーの人もいたな~。

ともかく、そんなこんなで、元々興味があることだから、どんな話でも楽しかったし、それぞれの音楽レベルも演奏の腕もかなり高かった。

でも、結局、酔っぱらってきたら、皆うだうだだったけどね。
その頃が、宴もたけなわ。
夜中12過ぎには、『サーカスにはピエロが』(大塚まさじ)の大合唱になってた003.gif

ちなみに、同じ合宿所の本館(私たちは、発表会は本館のホールで、二次会と宿泊は別館)には、成城大学のサークルがバス一台で来てたけどそのサークルは「古美術同好会」。
朝、チェックアウトの時、若者の「古美術同好会」の団体をよけながら、ギターかかえた親父やおばさんっちが通り過ぎて・・・なんか、変なの037.gifって感じだった。
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-06 08:15 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

ギター合宿

d0228130_729587.jpg那須高原での、ギター合宿から、今戻ったところ。

いやぁ~ハードな合宿でした008.gif
っていうか、別に、最低限のことだけこなして、早く寝てしまえばいいんだけど、そうはいかない。

まず、昨日は2時に合宿所に到着したら、ホールにて、缶ビールで乾杯した後、飲みながらの発表会。
全員で19人が2順で、2曲づつ唄った。
これが、2時から6時まで。
そして、6時半から宴会。
私は新入団員だから、他「ショコタン」と「トコトコ」と3人は、自己紹介とかさせられた。

夕食後は温泉入って、それから、2次会。
てんでにギター弾いたり唄ったり・・・の盛り上がりが永延、当然飲みながら2時まで。
その間、眠たくなった人は、それぞれの部屋に行って勝手に寝る。

さて、私は5時に目覚め、お風呂にでも入ってウォーキングに行こうとしたら、もう「戦うオヤジ応援団」の事務局の山下さん(代表)は起きて新聞読んでたっけ。
私は、ウォーキングに30分くらい行って戻ってきた。
そしたら、朝の6時だっつーのに、もう、ギター弾き始める人がいる。
そのうち、ロビーに、皆がだんだんと起きてきて、コーヒー飲みながら、また、ギター弾き始める人数人・・・。

8時から朝ごはん。
朝ごはんが済んだら、今度は、10時まで、最後の一曲と一言・・・というわけで、またホールに集合。
10時には、PAやマイクやスピーカーなんかの機材を撤収して、全員の集合写真を撮って終了。

それから、横浜に住んでる人の車に乗せてもらい、戸塚まで。
戸塚から、JRで湯河原へ。
3時間しか寝てないし、指は痛いし、ギターケースが重くて、腕は筋肉痛だし、唄いすぎで、声はガラガラ。
めっちゃ、体に悪い合宿だったけど、超楽しかった003.gif

来年も絶対に行こうと思うんだけど、その前に「四国合宿」っつーのも秋にあるらしい。
これも誘われた。
ちょっとその気・・・001.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-05 16:53 | ギター&ライブ活動 | Comments(2)  

思い出の歌シリーズ『バラが咲いた』

思い出の歌シリーズは、なぜか、結構反響が・・・。
それも、同世代ばかりじゃないところをみると、昔は本当にレコードが売れてたってことなんだろうね。
だから、世代に関わらず共通の楽曲があるんだね。

今日は、これまで紹介しなかったの不思議・・・つーか、忘れてた。
私の初めて買ってもらったレコード。

『バラが咲いた』  by マイク真木



きっかけは、6歳、歳の離れた従妹の影響だと思うけど、忘れた。
たぶん小学校の低学年の頃・・・?
これも記憶が定かではないけど。
おじいちゃんに買ってもらったのは確か。

おじいちゃんは新し物好きだったから、割とすんなり買ってもらえた。

これに味を占め、この後買ってもらったのは『夢見るシャンソン人形』~『帰ってきたヨッパライ』~『ケメ子の唄』・・・と続き、こっからあとは、自分でお小遣いを必死で貯めて買ってた。

『バラが咲いた』は、ギター買ってもらって、『赤色エレジー』の次にマスターした曲。
ま、なんせ昔のフォークはコード単純だから001.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-04 04:47 | Comments(2)  

病院へ

今日は、半年に一度の甲状腺腫の検査の日。
甲状腺腫っていうのは、甲状腺にできてる、「今の所」良性の腫瘍。
今の所・・・っていうのは、悪性に変わる可能性があって、しかも一回できてしまった甲状腺腫は、なくならないから。
だから、一生検査を続けなくていけないの。
今はきれいに丸いのだけど、これが形がいびつになり始めたら、注射で細胞を抜き取って、調べてもらう。
最初に甲状腺腫が見つかったときは、すぐにこれをやった。
喉に注射針が迫ってきたときは、ちょっと怖かった。

ところで、話は変わるけど、ギターの弦。
この前、ブログに書いたけど、私は取り替えるときは、一度に全部替えてたけど、3本づつ替えるんだって言ってる人がいる。
全部いっぺんに替えるから、チューニングがなかなか安定しないんだと・・・。

ま、一週間落ち着かないっていうのも大袈裟だったけど。

でも、3本づつっていったいどういう根拠が?
それに、どれとどれの3本なのかなぁ?

・・・それでは、病院に行ってきます043.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-03 08:43 | デイリーコラム | Comments(0)  

車椅子

以前ここにも書いたけど、車椅子の点検ミスで、おばちゃんが怪我したかも・・・っていうことに遭遇して、切れた私は、その業者との付き合いを即座に辞めた。
で、昨日から新しい業社との付き合いが始まった。
レンタルしていた福祉用品は、車椅子と介護ベッド。
たった二つだけど、今回の業社は、逆にフォローし過ぎなくらいで、昨日は半日搬入と説明聞くのにかかりっきりだった。
その搬入の前には、前の業者が、これまでのベッドを搬出・・・。
これにも付き合わなくてならない。
布団もどけて、マットのカバーを外して。
あとは、業者が分解。
そして、ベッドの下を掃除して、新しいベッドの搬入を待つ。

ところで、ベッドのレンタルっていうのは、「本体」「マット」「柵」とそれぞれにレンタル料を払うシステムになっている。
柵は一つ50円(一か月)で、両側だから、100円。
本体が800円(一か月)で、マットが400円・・・って言う具合。
介護保険を使うから、この値段なんだけど、使わなければ、この10倍の料金だ。
介護保険があると、一割負担で済む。

車椅子は3台持ってきてた。
小回りが利く6輪タイプで小型のを頼んであったのだけど、これも、メーカーによっていろいろと特徴があるし、ともかく本人が乗ってみての操作性が第一。
おばちゃんがディサービスから戻るのを待って、実際に乗せて動いてもらい、決めた。
二台は6輪で、もう一台は、6輪ではないけど、一番小さいやつ。
操作性で言ったら、タイヤが大きくて、手で回すハンドル部分も大きいのがいいのだけど、部屋のドアを出入りする際、手の甲が当たって怪我するかもしれないから・・・って、予備に小さいのを持ってきてくれてた。

でも、業社の男の子・・・
がんばってくれてるのはすごく伝わってくるんだけど、マニュアルと理屈に頼り過ぎ。
まぁ、経験が浅いから仕方ないんだろうけどね。
年寄りに、理屈はまず通用しないんだから・・・002.gif
それに、これまでの習慣を変えさせることがどんなに大変なことか。
いくら、安全のためにはこうしてください。
って言われても、その時は「はい。わかりました」って言うけど、その1秒後にはもうそれ忘れて、いつもと同じことをするんだから。

・・・説明は私にはすごくよくわかったけど、まず100パーセントおばちゃんには通用しない話を、無情にも私は遮ったのだった。
担当は、ちょっとムッとしてた。
お客様のことを思って言ってるんですよ・・・みたいな感じ?

なんでも予想して先回りして予防は大事。
だけど、最近思うのだ。
怪我も病気も、そして私の疲れも、何もかも含めて「運命」・・・ていうか「宿命」・・・だよね、って。
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-02 08:10 | デイリーコラム | Comments(0)  

You tubeで、時々、動物ものを検索する。
介護で精神的なストレスが溜まってるときって、前は、泣きながら高速道路を飛ばす・・・007.gifなんてこともあった。
そして、サウナで汗を流して、マッサージ。
でも、最近、「おもしろペット」みたいので、かなり気持ちが晴れるってことがわかった。

例えばこんなの・・・



猫もきらいじゃないけど、やっぱり犬が好き001.gif
[PR]

# by mizunomari | 2011-06-01 08:32 | デイリーコラム | Comments(0)