<   2016年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

子供置き去り事件

当初、「事故」だと思われてたことが実は「事件」だった。
北海道の7歳児を「お仕置き」で、親が森に置き去りにした事件。
親は、最初「お仕置きで置き去りにした」とは言い出せずに、「山菜採りに来てはぐれた」と嘘ついてた。

捜索は3日目になるけど、まだ見つかっていない。
7歳の男の子、どんなに不安だったか・・・。
泣きながら森を彷徨ったと思うと、胸が痛い。

水だけ確保できてれば、まだまだ生存の可能性はあると思うけど、心の傷は残るだろうな。
トラウマにならなきゃいいんだけど。

でも、その、置き去りにされた森って、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

d0228130_7313882.jpg

← こんな感じ(>_<)

[PR]

by mizunomari | 2016-05-31 07:32 | デイリーコラム | Comments(0)  

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』 5月29日

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』 (FM熱海湯河原) 5月29日放送分です。
またまた、笑いっぱなしの60分の生放送(^O^)



[PR]

by mizunomari | 2016-05-30 10:05 | FM熱海湯河原 | Comments(0)  

映画 『告白』

前から観たいと思っていて、なかなか観られなかった映画を観た。
邦画は殆ど観ない。
観るのは海外へ行くときの飛行機の中で、くらいかな?
あ、あと、原作が売れたのだと、ダンナが大抵読んでいて、誘われるままに行くんだけど、毎度毎度ダンナは「原作の方がいい」って言う。
そんなのわかってることなのに、毎度懲りずに・・・

昨日ネットで観た、松田たか子主演の『告白』。
最後まで救いのないストーリーかと思ってたら、最後は・・・
中学校、中学生の「今」がこうだと思いたくないけど、松たか子意外は必ず「今」いそうな子供たちだと思う。
その心理状態がよく描けてる・・・と思えるのは、子供たちの演技が上手いからだね。

どんでん返しが何度もある。
登場人物それぞれの独白という多角度視点の構成は、小説には珍しくないけど、映画ではどうなのだろう?
それも、このストーリーの緊張感をもたらしている要因だと思うのだけど。
結構、面白かったよ。


[PR]

by mizunomari | 2016-05-29 08:32 | デイリーコラム | Comments(0)  

バラ満開

d0228130_655144.jpg昨日の「伊豆アニマルキングダム」の次は、「バガテルローズガーデン」へ。
多分、バラは満開なんじゃないかな?と行ってみたら、やっぱ満開、圧巻(((o(*゚▽゚*)o)))

植えられてる何百種というバラは皆違う品種だ。
バラって後輩で色いろ作れるから、無限にできるんだね。

d0228130_6554822.jpg一般的に思い描くバラとはまったく違う感じのもあるけど、それでも、皆本当にきれい。

私はもう4回目だけど、初めて来たダンナは超感動してたよ。
「うちのしょぼいバラとは大違い」って言ってたけど、当たり前じゃん。

d0228130_6561840.jpgここも犬OKになってる。
伊豆の観光場所は、最近犬にサービスがいいし、犬のために作られてるところもあったりする。

でも、ムギがバラの木の下に潜り込んで、服を刺に引っかけて出られなくなって大変だった。
[PR]

by mizunomari | 2016-05-28 06:57 | デイリーコラム | Comments(0)  

キリンに触れる動物園

d0228130_6352049.jpg伊豆稲取にある『伊豆アニマルキングダム』という動物園に行ってきた。
ここは、犬を連れて、園内を歩ける。
中でも、ウォーキングサファリがすごい。
なんてったって、キリンに触れるんだもん。
怖いから触らなかったけど・・・
でも、餌はやった。
モモちゃん抱っこしてたから、モモちゃんとキリンの距離は数十センチ程。

モモちゃんとムギ連れてったんだけど、ムギは動物にはあまり興味を示さなかった。
でもモモちゃんはガン見。

d0228130_6381085.jpgホワイトタイガーはガラス一枚隔てて、すぐ目の前で見られる。
体重3キロ位のモモちゃんにとっては、馬鹿でかい猫って感じなんだろうね。
もうビビリまくりで、そばにも寄れないの。

なかなか楽しかった。

でも、キリン・・・変なもの食べさす人いないんだろうか?それがちょっと心配。
[PR]

by mizunomari | 2016-05-27 06:35 | デイリーコラム | Comments(0)  

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』 5月22日

『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』(FM熱海湯河原)5月22日放送分です。

またまた大笑い・・・あんな話やこんな話・・・(^O^)


[PR]

by mizunomari | 2016-05-26 11:21 | FM熱海湯河原 | Comments(0)  

歌丸さん笑点引退



笑点は、昭和41年に始まったらしい。
私が7歳の時からだけど、名古屋ではその頃まだ日本テレビ(中京テレビ)はオンエアされてなかった。
その後UHF(名古屋では35チャンネル)でオンエアされるようになった。
始まった頃からずっと観てた。
でも、歴代の司会者の中で、歌丸さんが一番良かった。
頭の回転が速くて、メンバーとも仲がいいのだろう、メンバーへのツッコミも的確で面白かった。

今度は昇太さんだ。
昇太さんは、私と同い年。
ニッポン放送で玉置さんの番組を書いてた頃、高田先生の「ラジオビバリーヒルズ」のレポーターを昇太さんがやってて、その番組が玉置ワイドのすぐあとの生放送だったから、昇太さんとは顔見知りだった。

そしたら、偶然にも、音楽仲間として知り合った、静岡のYさんが昇太さんと同級生だったりした。

最初はやっぱ比較されちゃうと思うけど、頑張って欲しいな。
[PR]

by mizunomari | 2016-05-25 07:56 | デイリーコラム | Comments(0)  

米軍基地への素朴な疑問

d0228130_6481987.jpg先日起きた、沖縄での強姦殺人事件。
もう、ともかく容疑者には弁護の余地なし・・・ってのは間違いないのだけど、今回に限らず、沖縄の米軍関係者が起こす事件の際、いつも不思議に思うことがある。

それは、なんで「米軍関係者の犯罪」=「何でもかんでも基地廃止」になってしますうのか?
ってこと。
もし、これが日本の自衛隊員が起こした事件だとしたら、それはもちろん、即「自衛隊廃止」とはならない。
ちゃんと日本の法律で犯人をさばけるからね。
それに、自衛隊の中の一人の犯罪者を見て、自衛隊全体がダメだってことにもならない。

それで言えば、米軍の関係者の場合、日本人がちゃんと要求しなきゃいけないのは、犯罪者が例え基地所属の人間であったとしても、日本で犯した事件ならば、日本の法律で裁くのが当然・・・といったルール(法律)を作る・・・っていうか、「作れ!!」ってことにデモなり怒りなりを持って行くべきなんでは?

人権派かなんか知らないけど、「やっぱ、また基地関係者が?!」って結局、差別なんじゃないの?
[PR]

by mizunomari | 2016-05-24 06:48 | デイリーコラム | Comments(0)  

子供と孫

d0228130_1057020.jpg昨日、番組(『まりまりホタルの夢見る頃は過ぎたけどさ』FM熱海湯河原)に来たメールで、「まりまりさん、ホタルさんは、今度生まれ変わったら男と女、どちらがいいですか?」みたいなのがあって、それに応えて、ホタルちゃんは「女は経験したから、今度は男がいい」って言った。

私は・・・
男と同じ土俵で働いてきて、むしろ女であったが故に重宝されて来たし、何かにつけて男より女のほうが優秀だし得な気がしてるから、女でいいなぁ・・・みたいなこと言ったあとに、「それに子供も生んでみたいし」って。
自分で自分の発したその言葉に驚いた。

ホタルちゃんには、二人の子供に4人の孫(赤ちゃんと幼児)がいて、年がら年中、病気だケガだって、その度ばあばがかりだされて、そりゃあもう大変なことになってる。

そして、昨日そんな話を聞かされてきた翌朝、ついさっき、数件先の仲のいい奥さんが、「これから一週間浦安に行くので、回覧板、内を抜かして届けてもらう用にSさんに頼んでおいたから・・・」って。
浦安は息子が住んでて、息子の嫁が忙しい時は孫の面倒見によく行くの。

うちには子供がいない。
子供がいない友達はたくさんいるけど、皆男。
子供がいない女の友達は・・・あ、一人幼馴染がいた。
でも彼女はバリバリのキャリアウーマンで、それはそれで、男の世界と同じところにいるから一般的ではないかも。

子供や孫に振り回されるって、私にはよくわからない。
でも、わざわざ作らなかったんじゃなくて、産めない体になってしまったのだから、しょうがないといえばしょうがないんだけど・・・
女友達に子供ができて、世話が大変な時期はいったん疎遠になってた。
それが今度は皆ある程度余裕が出来て、高めのランチに気軽に行けるようになったと思ったら、孫を押し付けられたり孫に振り回されたり・・・
だけど、子供のときと違って、それをすごく楽しそうに話すんだよね。

ちょっと羨ましかったりする今日この頃。
[PR]

by mizunomari | 2016-05-23 10:54 | デイリーコラム | Comments(0)  

映画『エクトプラズム 怨霊の棲む家』



『エクトプラズム 怨霊の棲む家』っていうホラー映画を観た。
ザ・ホラーっていう感じのホラー映画。
よくできてる。
これは実話に基づいて創ってるっていうのだけど、それはまぁ、けっこう虚構で補ってるところもあるところもあると思う。

それでも、ホラーってB級感が否めない作品が多い中、がんばったね・・・って感じ。
観て損はないです。
[PR]

by mizunomari | 2016-05-22 08:36 | デイリーコラム | Comments(0)