<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

素朴な疑問

d0228130_738444.jpg今日は、東京の新橋まで、人間ドック受診に行ってくる。
毎年、脚本家連盟で、10月~12月の間で、健康診断があるのだけど、去年は、「樂」の一周年で10月11月は大忙し。
12月に入ったら、今度は電気系統の故障や水漏れで店が大変なことになって、バタバタ・・・
毎年受けてた健康診断をうけなかったので、自主的にドックを予約したのだ。

いつもの健康診断に加えて、全身(頭部・胸部・腹部)のCT+脳梗塞・心筋梗塞の血液検査もセットされている。
ここんとこ、ちょっと血圧が高めで、薬を飲むかどうするかってことになってる。

ところで、私の周りの酒飲みたちは、皆健康診断の前には断酒をする。
健康診断で何かひっかかると再検査とかが面倒だからって。
でも、それって、若いうちは有効だったかもだけど、もう50も過ぎると、3日や一週間とかの断酒なんて焼け石に水状態なことがわかってきた。
それでも、無駄と知りつつ気は心みたいな感じで、試してはいたけど。
おととしは決死の覚悟で、一週間断酒してみたけど、ものすごい睡眠不足に陥って、体調を崩してしまった。

昨日は、ついに開き直って、健康診断歴初で、前日までいつもの通りに過ごした。

結局、健康診断終わって、また飲み始めるんだったら、いつもの通りに過ごして検査受けて、玉砕の方が潔いのでは?
・・・っていうか、ほぼプチアル中の私だから、体調が悪いわけでもないのに、飲まずに我慢するなんてできないってことだけどね。
それに、昨日はお客さんがきてたんで、楽しかったしね。
・・・とあれこれ言い訳しながら、飲む口実を捜している日々。

ああ、今日のドックの結果が怖い。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-28 07:39 | デイリーコラム | Comments(0)  

湯河原幕山梅林の梅まつり

d0228130_9221988.jpg昨日は、ダンナが休みだったので、お昼過ぎ、庭の手入れを一緒にしたあと、急に思い立って。湯河原の幕山公園へ。
ここでは、今、梅まつりが開催されてる。
毎年2月中旬~3月中旬のこの時期に開催されるのだけど、いかんせん生き物だから、気候に左右されてどんぴしゃりこの時期にいい感じで見られるとは限らない。

今年は、雪で開催日のセレモニーがなくなって、その翌週も雪。
やっと良い天気になった次の週末は、大混雑だったみたい。
昨日はというと、平日の2時ころながら、まずまずの人出だった。

今、梅は7部咲き。
多分、今日の雨で、今週末は満開になると思う。
ってことは、3月16日までの梅まつりだけど、とてもそれまではもたないってことだ。
難しいね。
・・・大変だね。梅まつりの係りの人たちも。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-27 09:22 | デイリーコラム | Comments(0)  

散歩嫌いな犬?

d0228130_735546.jpg散歩用のリードを手にすると、しっぽをちぎれんばかりに振って、ものすごく嬉しそな顔をして「早く行こ行こ」みたいな態度を取る犬の「むぎ」。
でも、これが、いったん連れて出ると、本当は行きたい右へは絶対に行かない。
左にしか行きたがらない。
しつけとしては、無理やりでも引っ張って行かなくてはいけないのだが、むぎにはある特技が・・・
それは、縄抜け・・・。
顔が小さいくて、首輪だと、すっぽぬけてしまうので、胴輪をしてるのだかが、関節が柔らかいのか、これすらすり抜けるのだ。
無理して引っ張ると、縄抜けして、一目散でうちに戻って玄関の前でお座りしてる。

だから、仕方なくむぎの行きたい方へ歩くと、10mくらいの間で、おしっこもウンチも終えて、さっさとUターンして、帰ろうとする。

いったいどうなってんだか?
むぎは、オスだ。
でも、生まれてずっと家の中で飼われてたらしく(・・・らしいってのは3歳でもらってきて、以前の環境は推測なんで)外でも、マーキングをしない。
足をあげる時もあるけど、上げない時の方が多くて、メスみたいにおしっこする。
そんなわけで、縄張り意識がないから、外出ると怖いののかな?

あと、もう一匹、ハナはもう16歳の老犬で目も耳もダメになってきた。
突然立ち止まったり、何かにぶつかりそうになったり、予測不可能な動きをするようになって、散歩どころじゃなくってきた。

というわけで、ハナが来る前からいたごま(もう死んじゃった)のころから数えたら、17年程、毎日2キロ以上歩いていた散歩が、ここんとこなくなっている。
朝の散歩がなくなって、ほとんど歩かない。
移動は車だからね。
スポーツクラブで時々ウォーキングするくらいだ。

むぎがちゃんと歩いてくれれば一番良いんだけど。
どうしたらいいか、誰かしりませんか?
[PR]

by mizunomari | 2014-02-26 07:36 | デイリーコラム | Comments(0)  

映画『クレイジーワールド』

いつものようにGyaOで、昨日観た映画『クレイジーワールド』。
大体一日のうちのどのタイミングで観るかというと、このブログを書き終わったあと・・・。
例えば銀行とか買い物とか雑用をしようとなると、開くのが早い役場でも9時。
早起きして、メールやFBチェックして、ダンナのお弁当作って、洗濯物干して、またパソコンの前に戻って、ブログ書いて、ここまでで、大体7時ちょっと過ぎくらい。
そこから、9時or10時までなんもすることがないの。
で、映画を観ることに・・・。

朝観るから、内容によってはけっこうハードなのもあるけど、この時間は、世の中もまだ動いてないから、宅急便が来たり、電話が鳴ったりもしなくて、結構集中できる。

で、昨日観た『クレイジーワールド』だけど、ものすごい低予算で作られてる感じ。
だって森を歩いてるだけなんだもの。
でも、それだけでもここまでのホラーが作れるんだって感心した。
全世界が、なにが原因かは分からないけど、ともかく殺し合って人類が滅びてしまう。
でもその中の一家族だけが、何とか生き延びようと安全な場所を求めて逃げる。
父親がすごくしっかりした、勇気のある強い人で、家族を必死に守って、森を歩きつづける。
見えない敵はすぐそこに迫ってきてて、正体がわからないから余計に恐怖心を煽る。



この映画、まぁ、B級と呼ばれるものだけど、最後の展開は見事だった。

見えない敵と戦う恐怖と、いったいどこに安全な場所があるの?っていう先の見えない不安・・・と最後の驚愕の真実の三点セット。
やや、消化不良感は否めないけど、なかなかよく出来てた。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-25 08:33 | デイリーコラム | Comments(0)  

スマホ

私は、「小説の書き方」をカルチャーセンターで教えている。
そこで、「想像力の鍛え方」ということで、こんなことやってみて・・・と話すことがある。
「電車の中で、前に座っている人を観察して、そして目を閉じる。
ホントは、誰かツレがいれば、その人に、いろいろ、クイズを出してもらえばいいのだけど・・・
例えば「どんな服着てた?」とか「メガネかけてた?」「髪型は?」「持ち物は?」なんてことを。
しっかり見てたつもりでも、案外その見方って漠然としたものだ。
その人を見て、全体像から、その人からくるイメージを先に頭にインプットすると記憶しやすいんだけどね。

ところで、先日この話をしたら、「最近、皆、スマホ見てますよね」って生徒が言った。
この前ダンナと電車に乗った時も、前の横並びの席一列全員がスマホ見てた。

家族で食卓囲んでいて、それぞれがスマホ見てるなんて家庭も、あるんだろうな。

互の顔を見なくなって、顔の微妙な表情の変化で、相手の心情を想像することもなくなっていけば、些細な言葉のやり取りで、傷ついたり苛立ったりも、増えていくのは容易に想像がつく。

親友の清田っちが、「エリザベスカラーのこんな使い方」っていうのをFBに載せていた。
エリザベスカラーってのは、犬や猫が怪我や手術した時に、そこを舐めないように顔の周りにまく、パラボラアンテナみたいなやつ。



これをつければ、スマホ見るために下ばっか向いてた人々がスマホが見られないから、顔を上げて互の顔を見るってわけ。
今はこれまだ、ブラックユーモアとして笑えるけど、これを笑えない時代はもう、すぐそこかも・・・
[PR]

by mizunomari | 2014-02-24 07:13 | デイリーコラム | Comments(0)  

キム・ヨナ

キム・ヨナをあまり好きではなかった。
いかにも自信満々な風に見える顔つきが嫌いだった。
でも、今回の真央ちゃんへのコメントで、ちょっと見方が変わったかも。

真央ちゃんは、今回、金メダル以上のものを世界中の人の心に届けたね034.gif


[PR]

by mizunomari | 2014-02-23 07:38 | デイリーコラム | Comments(0)  

森喜朗元総理発言

案の定、森元総理が、「あの子(浅田真央)は大事な時には必ず転ぶ」発言に弁解した。

以下の通り・・・

「そんなこと言ったかなあ」…“真央罵倒”森元首相の一問一答                 日刊ゲンダイ 2月21日(金)15時35分配信


d0228130_664665.jpg「見事にひっくり返った。あの子(浅田真央は)、大事なときには必ず転ぶ」――。こんな失言で批判を浴びているのは森喜朗元首相(76)。20日、福岡市の講演で飛び出した。

 森氏は現在、東京五輪の組織委員会会長である。6年後の大会に向け、選手と一丸になって成功に導く立場だ。
なぜ、選手を貶めるような発言をしたのか。
その真意について森事務所に取材を申し込むと、森氏本人から日刊ゲンダイ編集部に電話がかかってきた。以下、森氏との一問一答。

――浅田選手が「見事にひっくり返った」と発言するとは、組織委のトップ失格ではないか。

「う~ん。発言の本意が伝わってないな。私が言いたかったのは、女子フィギュアが戦略を間違えたということ。浅田選手は団体戦に出る必要はなかった。勝ち目が薄い中、浅田選手が3回転半を跳べばメダルに手が届くかもしれない。そんな淡い期待があったのだろうが、結果は転んだ。ミスは選手のトラウマになる。実際、(個人SPで)また転んだ」

――だから「見事に」転んだ、と?

「彼女がかわいそうだ。団体戦のため、開会式からずっと現地に入らされ、調整が難しかった。キムヨナみたいに本番直前に現地に入ればよかったんだ」


――それでも「大事なときには必ず転ぶ」は、酔っぱらいのような言い草ではないか。

「(とぼけた口調で)俺、そんなこと言ったかなあ。とにかく日本は選手に過剰な重圧をかけすぎ。今大会でメダルを取った日本選手は普段、海外でプレーしている人が多いだろ。浅田選手は国内で常に重圧を背負わされている。若いんだから、もっと(現役を)続けたらいい。海外に飛び立ってプレッシャーから逃れるのも手だ」

言ってる内容は、理解できなくなくもないけど・・・
問題は「見事に転んだ」「大事な時は必ず転ぶ」っていう、言葉の扱い方。
あの場で、あんたの立場で、このタイミングでそれはないだろう!!
真央ちゃんや、彼女を応援してる人たちの気持ちを少しでも察することができたら、絶対にでない言葉だ。

ま、これまでの数々の失言を見ても、この人って、想像力や他人を思いやる気持ちがまったく欠如しているとしか思えない。
こんな人を未だ支持して支えている日本人がいるんだから、悲しいね。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-22 06:03 | デイリーコラム | Comments(0)  

めっちゃ、腹たった!!

d0228130_6474232.jpg昨日、切れた。

最近は滅多にセールスの電話ってかかってこなくなったけど、それでも時々ある。
ナンバーディスプレイにしてあるから、番号を見て、非通知だたり、フリーダイヤルからのは出ない。
昨日の電話は携帯からだった。

出ると「まりさんですか?」っていきなり言って自分の名前は言わなかったから、あれ?知り合い?親戚?などと、声の主を思わず探した。
「はいそうですけど・・・」と応えた。
そしたら、「これまでダイエットとか美容に関するものを通販で購入されたことはありますか?」って、自分の名前も言わず、なんの前置きもなく、「今お時間大丈夫ですか?」でもなく・・・
しかも、愛想も悪くて、タバコやけしたみたいな中年女風な声。
場末のスナックのママみたいな。
声ににこやかさや、謙虚さが微塵も感じられないの。

私は「なんで、突然の電話でそっちの名前も名乗らない人にそんなこと答えなきぁいけないの?」って言った。
すると、なんとその女いきなり逆ギレしてこう言ったのだ。

「なんなんですか!?そんな上目線で言わなくてもいいじゃないですかっ!?」
・・・それって「上から目線」だろ、って思わずツッコミ入れようとおもったけど、それはしなかった。
それより怒りが先走って「てめぇふざけんなよっ!!」・・・このあとは何言ったか?ともかく怒鳴りまくって思いっきり受話器を叩きつけるように切った。

いったいなんだったんだろ?
携帯からだったのが、すごくあやしい。
しゃべりかたも訓練されたオペレーターな感じじゃない。
主婦のアルバイトでも、もっとましだろう。

あとで、ダンナと話してて、ひょっとしたら、新手の詐欺?かも・・・って。
謎のままだけど。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-21 06:44 | デイリーコラム | Comments(0)  

真央ちゃん16位!?

d0228130_745988.jpg大体マスコミは騒ぎ過ぎなんだよね。

テレビからしかうかがい知れないけど、真央ちゃんは、もすごく真面目で頑張り屋だけど、プレッシャーには弱そうだし、緊張も顔に出るタイプ。
そんな人はそっとしておいてあげないと・・・。

トリプルアクセルの失敗が今回の16位の原因じゃなくて、他のオリンピックレベルの選手じゃ飛べて当たり前なジャンプの失敗の方が得点に響いてるらしい。

終わったあとのインタビューでの真央ちゃんの引きつったお顔の痛々しかったこと・・・
何を彼女に言わせたかったんだろう?

今回はオリンピックと大雪が重なって、報道やマスコミのあり方をつくづく考えさせられた。
友達で、地デジ移行をきっかけに、テレビを捨てたって強者がいる。
「クソ番組ばっかたれながしてるから」って。

うちでも、今や、テレビは映画を観るためと、大好きな「相棒」と、少し報道系のみ。
携帯と固定電話の固定電話くらいの重要度。
なくてもいいかな?って思うんだけど、とりあえずやっぱあって便利なことも確かにあるし・・・
みたいな位置づけだね。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-20 07:05 | デイリーコラム | Comments(0)  

佐村河内ゴーストライター事件

d0228130_8204618.jpg佐村河内氏のゴーストをやってた新垣氏・・・
なんで、18年間もの間ゴーストやってた(やらされてた?)んだろう?って思ってた。

ゴーストしなくたって、普通に表舞台で勝負できるもの、書いてきたのに。

その答えがわかった。


ゴースト作曲家 新垣氏が18年間表に出られなかった理由
                    2014年2月7日 掲載

「現代音楽は、やっている人が1000人程度しかいない。
一般のファンはほとんどいません。才能うんぬんの前に、一般性がなく評価はされない分野です。
芸術性は高いですが、お金にならない。
多くはもともと金持ちで、昔からピアノを習い作曲家を目指したタイプ。
趣味の範囲でやっています。
一方で、新垣氏のように名前を伏せて楽曲提供する人は少なくありません。
テクニックがあれば歌謡曲や演歌もこなせますからね。
ただ、閉鎖的な世界だから仲間内で潰し合うのはしばしば。
名前を出して“売れる音楽”を作れば、商業主義に走ったと、現代音楽の世界に戻れなくなる。
佐村河内氏が『表に出られない理由がある』と話したのも、ある意味、間違ってはいない。
新垣さんもお金になる仕事としてやってたのでしょう。
これからは、開き直ってやっていくしかありません」

 新垣氏は会見で、「(報酬は)20曲以上提供し、700万円」「印税に関しては私はまったく関係ない」「著作権は放棄したい」と語っていた。


・・・てことらしい。

でも、なにがきっかけで、自分から言おうと思ったのかな?
会見ではものすごく思いつめてたみたいだった。
学生たちは「辞めないで」って嘆願したらしいが、講師も辞めちゃったし・・・
これからどうしていくのかな?

世の中的には、新垣氏、金のためにゴーストに甘んじて、世間を欺いた詐欺師みたいには思われてないと思うよ。
どっちかというと、新垣氏は実際はそうでないのかもしれないけど、「やらされてた」風に見える。
おどおどしてて・・・
たぶん、新垣氏は今後どんな職につこうが、同情されるんじゃないかな?
これからどうなる?
ってのは、むしろ佐村河内氏の方だよね。
[PR]

by mizunomari | 2014-02-19 08:13 | デイリーコラム | Comments(0)