<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

犬たちの運動神経

名古屋の実家では、生まれてからずっと犬がいなかったことがない。
東京で一人暮らしを始めてから、今日までは、最初の結婚の時に、一戸建てを借りてて庭もあったので、パグとビーグルを飼った。
それからは、湯河原に20年前に家を買ってから、今日まで飼った犬は4匹。
実家にいたときは犬がいる生活があまりに当たり前だったし、主に世話してたのは母だったから、よく観察もしなかったんだけど、自分で犬を飼って世話するようになったら、犬それぞれの個性ってよくわかるようになった。
皆、それぞれ性格もはっきり違って面白い。

d0228130_8215627.jpg運動能力の違いがこんなにもあるのかと思わされることもしばしば・・・。

4匹の内、「ごま」は数年前、11歳でリンパガンで死んだ。
ごまは走るのはすごく早かったし、泳ぐこともできた。

← 運動神経、超鈍い「ももちゃん」


でも、ごまと1年半の差で飼い始めて、今16歳の老犬「はな」は、10mくらい走ると、もうやめちゃって、ほとんど走らない。
寝るのが大好きでおもちゃでも遊ばない。

母が飼ってて、今うちにいる「むぎ」はすごく筋肉が発達してて、なおかつ体も柔軟で、運動神経は抜群。
逃げるのも得意だし、高くジャンプもする。

中でも、ダントツ、運動神経鈍いのは「ももちゃん」。
トイプードルとヨークシァテリアのハーフ&ハーフ。
それほどの高さでなくても飛び乗れないし、階段も上げれるけど降りられず・・・
走るのは早いけど、走る意外は全然だめ。

でも、皆それぞれ、かわいい。

こんな映像を、友達がFBに・・・。
こんな風に犬も色々なのだ。


[PR]

by mizunomari | 2014-01-31 08:22 | デイリーコラム | Comments(0)  

蓋の謎

d0228130_8254783.gif水素水製造機の蓋が忽然と姿を消した。

← この、ポットの横にある黒いタンクの上の蓋

まさに、消えたのだ。
直径3~4センチくらいだからそれほど小さくもないのに。

しかも「コツッ」と下に落ちて、フローリングに当たる音を確かに聞いたのに・・・。
蓋はどこを探してもないのだ。

それほど広いスペースでもなく、死角となるような場所もないのに。
本当に消えてなくなった・・・はずもないと思うのだけど、まさかこんなところに?って場所も探してみたけどない。

昨日の夕方、どんなに探したことか。
今朝になって、ダンナとソファを動かしたりテーブルをどけたりもしたけど、位置的にそちら側へ転がるのは不可能だし・・・。
開いてなかった引き出しの中まで見たのだけど・・・。

う~ん・・・不思議すぎだけど、いつまでも探しててもなんなんで、「消える」ってこともあるってことで、一旦捜索を中止にしました。
[PR]

by mizunomari | 2014-01-30 08:26 | デイリーコラム | Comments(0)  

筋トレ

d0228130_981158.jpg今年になってから、筋トレを始めた。
これまでも、放送作家時代から今日に至るまで、プールやジムに通ったことが何度もある。
物書きは運動不足になるからね。
今のダンナと結婚して、清水に住んでた頃は、清水トレーニングセンターと言う、Jリーグの合宿にも使われる本格的なトレーニングジムが近所にあって、そこへは結構通った。

湯河原に戻ってからは、ウォーキングを兼ねての犬の散歩とゴルフくらいしかやらなくなった。
ところが、このゴルフ・・・。
実は私はあまりゴルフが好きではなく、友達のいないダンナの付き合いでやっていただけだから、ダンナが一人予約に慣れて、ゴルフ友達も増えて、私と行く必要がなくなったのを機に、全然私はやらなくなったのだ。

それから、犬の散歩。
これも、老犬と母が飼ってた犬があまり歩かないし、あまりに朝寒いので、ここ数ヶ月夕方ちょろっと・・・になってしまって、樂の片付けが終わったくらいから、ほとんど体を動かしてないのだ。

これではいかんということで、町の管理するヘルシープラザに行くようになった。
町民は一回200円で、超安いしね。
30分くらいウォーキングマシーン、そして、ストレッチして、筋トレして、またストレッチして1時間半くらいかな?
足を鍛えて、またフルマラソンにトライするつもり。
どうも、ゴルフより、一人で黙々とトレーニングする方が、私には合ってるみたい。

今日もこれから、行ってきます。
[PR]

by mizunomari | 2014-01-29 09:08 | デイリーコラム | Comments(0)  

お一人様

d0228130_8275882.jpg私は、子どもの頃から友達を積極的に作らなかった。
大体、友達ってなんのかよくわからなかった。
でも、私の周りにはいつも多くの仲間(これが友達?)が集まってたし、群れて遊んだりはしてたけど、それは昭和のあの時代の当たり前の日常で、それとは別に、誘われなければ私は一人で行動した。


大学生になっても、やっぱり私はいつも一人で行動してた。
成人式にも出席せず、式の日は、スキーの級を取るために、バッジテストに臨んでいた。

教員採用試験の日は、テキ屋のバイトで、名古屋駅のイベント会場で風船釣りを担当してた。
そこへ、採用試験帰りの同級生たちが通りかかって、驚いてたっけ。

私は、教員免許は取得したものの、教師になる気などサラサラなかったから、試験は受けに行かなかったんだけど、後で聞いたら、教職過程取った人は、私を除いて全員が試験受けたんだって。

こんな具合で、特別ものすごく世をすねてたわけではないけど、普通に当たり前に皆がやってきたことで、私はやらなかった・・・ってことはいっぱいある。

女どうしでつるむってことも一度もしたことがない。
意味わかんないから。
女の子のグループ旅行も、女子飲み会もしたことがない。
私はいつも一人、我が道を行くだった。
来るものは拒まずだけど、縁あって無理せず自然につながっている人意外は、ほとんどフォローしない。
一人で海外留学も、海外暮らしもしたし、一人で海外旅行もする。
結婚してからも、ダンナをうちに置いて、行きたければ行く。

そんなことは、私にとっては当たり前のことだからだ。

なんで、こんなことを書いているのかと言うと、私が習っている料理教室の先生である、シェフが愚痴っていたから。
「女の人は、何人かの仲良し同士で習いに来ると、そのうちのひとりが都合が悪くなると、全員がやめちゃうんだよね」って。
プライベートスクールでシェフの自宅だから、ダイニングテーブルの関係で、生徒は4人まで。
それが、先日「どうしても5人で。仲良しグループなんで」って言う申し込みがあったんだって。
「5人でやれないのなら、全員やりません」って。
他の日に分ければいいのに。
私のクラスなんて、私ともう一人2人だから、そういうクラスに入ればいいのに・・・。

いい年したおばちゃんでも、そんな具合。
いや、おばちゃんだからかな?

こういうの、私には全然わかりません。
一人で、飲み屋でも、立ち食いそば屋でも平気な人なんで。
・・・って、それって全然自慢にはなんないか037.gif
[PR]

by mizunomari | 2014-01-28 08:31 | デイリーコラム | Comments(0)  

半分寝ながら歌ってます

18日の「イヤイヤさん還暦ライブ in 成田」。
少しづつ動画がアップされるので、ブログでも長く引っぱてまつ037.gif

今日は、最後の最後に歌った『オレンジ村から春へ』
3時頃からずっと飲みっぱなしで、だいたい10時半頃かな?
もう眠くて眠くて・・・っていう時に最後の一曲回しの順番が・・・



トコちゃん、この歌歌った記憶ないって・・・002.gif

このライブには、ハーモニカやウクレレのものすごい上手な人も来てた。
ハーモニカの松田〝アリ〟幸一さんの『ミケランジェロ』・・・こんなハーモニカを生で聞いたの初めてだったから超感動。
いつも、トコちゃんのインチキな演奏ばっか聞いてるからね。
同じ楽器とは思えない。



ギターのグッディさんとは初顔合わせで、即興のユニット。
グッディさんもすごいね034.gif
[PR]

by mizunomari | 2014-01-27 05:41 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

生で観たいって・・・( ̄▽ ̄)

昨日ブログに掲載した、『俺はフォークが大嫌い』 by まりトコ
 
このyou tubeを観た大阪の人から、これを掲載したよっちゃんとのこんなコメントのやりとりがあった。

よっちゃんの動画から 俺、密かにこの人が好き。^_^ これはパンクやろっ! http://youtu.be/CfNZnxCDkz8(01月22日)

コメント
よっちゃん

今年も春イチに来る、って言ってるんで、アフターをご一緒しますかw?去年はD45に行きました。(01月22日)

コメント Goodtea"s

> よっちゃんさん  よりによって、イルカのあの歌、そして、馬!何もかもなぎ倒して後には草ひとつ生えない、凄まじい破壊力を感じます。45さんでも、小屋でも予定が合えば、ナマでみてみたいっ!(01月22日)

コメント まりまり

「ナマでみてみたいっ!」って、パンダかいな(14時間前)

Goodtea"s
> まりまりさん へへへ^_^(12時間前)


・・・てなわけで、このことを、よっちゃんから知らせてもらいGoodtea"s さんと昨日、マイミクになった。
これで、また、今年の春一番に大阪行って、春一の打ち上げでライブハウス行って、そこでGoodtea"s さん他、音楽仲間がいっぱいできるんだよね。
う~~~楽しみ~~~~(^O^)
だけど、どうも「まりトコ」は関西方面でしか受けないなぁ・・・。

あ、もう一件you tubeに反応があった。
これは、「まりトコ」ではなく、なんと私へのオファーだった。
でも、一人じゃ無理。
いつの間にかトコちゃんなしでは、ライブに出られない人になってた・・・ってわけでもないけど、やっぱ「まりトコ」は強烈だもんな。
突っ込める人がそばにいないと、MCもやりにくいしね( ̄▽ ̄)



しかし、「まりトコ」へのオファーは、いっつも「生で聴きたい」じゃなく「生で見たい」なんだよね。
拓郎カバーの井上ともやすさんも、『馬』の動画撮っていってたっけ。
「落ち込んだ時、これ見て元気だそ~」って。
[PR]

by mizunomari | 2014-01-26 06:20 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

『それはスポットライトではない』

浅川マキ&つのだひろの 『それはスポットライトではない』っていう曲があるんだけど、まりトコではまだやりはじめたばかりで、すごく完成度が低いの。
トコちゃんも、積極的に動画撮らなかった。
だって、トコちゃんのリードが怪しいんだもん。

先週のライブでも、練習不足が否めない結果となりました。
でも、人前で数やらないと、いつまでたってもうまくできないし・・・

こんな感じ・・・



いきなり、イントロでトコちゃん間違えてます。
[PR]

by mizunomari | 2014-01-25 05:48 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

『西へ向かう』

d0228130_637505.jpg『西へ向かう』を読んだ。
著者は、私が所属しているNPO法人ローカルアコースティックギターサークル「戦うオヤジの応援団」・・・通称「オヤ応」の創設メンバーの一人である東田寿和さん。
やはり創設メンバーで、現在代表の山下さん始め、他のメンバーから東田さんの話はよく聞いていた。
東田さんの作った『西へ向かう』という曲は、慰問バンドのバンマスがよく歌うので知っていたが、著作は読んだことがなかった。

そしたら、静岡SPのメンバーが、本もCDも持ってるというので、借りた。
手元に届いて、一気に読んだ。

内容(「BOOK」データベースより)

フォーク世代の50歳。末期がん、余命半年…、2カ月の入院で生還するも、その体験から、以来いっさいの医療行為をやめて自分らしく生きる
。ギターを弾き唄う、『戦うオヤジの応援団』、路上ライブ、コンサート、CD発売…、心が、そして体がかわっていく。
再発、転移、そのたびに告げられる人生の期限を越えて5年。誰しもオヤジ年齢ともなれば、自らの命が有限であると思わぬことはないだろう。
そこにスックと立てたとき、本音の人生の後半戦が始まる。「がん」を分岐点とした、ひとりのオヤジの飄々・痛快エッセイ。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

東田/寿和

1954年、大阪府生まれ。
44歳のとき、上咽頭がん、余命半年の告知を受ける。
2カ月の入院で生還するも、いまだ解明されたとはいいがたい「がん」という病気の現状と、普通の人が普通に受けることのできる医療現場の実体をつぶさにする。
以来、いっさいの医療行為をたち、「最終的には自分でオトシマエをつけよう」と決意。
フォーク世代のNet Forum『戦うオヤジの応援団』に出会い、再びギターを弾き、人前で唄う。
大親友デューク更家との再会。
CD発売…。
再発、転移、そのたびに告げられる人生の期限を越えて、「がん」を分岐点とした本音の人生の後半戦を生きる。
兵庫県丹波市在住、家族は妻・母・一男一女(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


オヤ応では、というか、私にとっては東田さんはいわば「伝説の人」だった。
私がオヤ応に入ったのは、震災のすぐあと。
東田さんは2007年にすでに亡くなっていた。
人づての話だけで、漠然としていた東田さんだけど、古くからの仲間の心にしっかりと存在しているのがよくわかった。
今回やっとその著書を読み、癌と戦いながら生きる姿を身近に感じ、CDでオリジナルや、好きな曲のカバーを歌うのを聴き、人生や歌に関する考え方を知って、会いたいと思った。
東田さんに。

好きな歌が同じだった。
フォークに対する思い入れが同じだった。
病気や医者に対する考え方が同じだった。

でも違うのは、東田さんには歌詞を書く才能があることだ。
そして、その歌詞を一番輝かせられる曲が作れる。

ちょっと嫉妬した。
[PR]

by mizunomari | 2014-01-24 06:37 | ギター&ライブ活動 | Comments(2)  

『俺はフォークが大嫌い』

先日の成田での「イヤイヤさん還暦ライブ」での一曲。
イヤイヤさんからのリクエストで『俺はフォークが大嫌い』。
これを「まりトコ」でやるようになってから、「まりトコ」ちょっとだけ皆の印象に残るようになったみたいで、時々ライブへのお誘いがくる。
ま、賑やかし・・・?って感じ?



イヤイヤさんが、いつもyou tube で見てて、「一度生で聴きたかったぁ」って、たってのリクエストで・・・って、やるつもりではいたけどね060.gif
なんせ、「まりトコ」、持ちネタ(もとい・・・持ち歌)、数少ないないからねぇ037.gif
[PR]

by mizunomari | 2014-01-23 06:59 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

貯金

d0228130_622020.jpgうちは子供がいない。
ま、お互いこどもができないくらいの年齢での再婚だから、仕方ないけど、その前もお互いいなかった。
子供がいる人に聞くと、本当にお金がかかるって。
そりゃそうだ。
放送作家で、子供2人~3人いる人ってよく頑張ってるよなぁってつくづく思う。
大体の収入わかるもん。
でも、私は、子どものできなかった放送作家当時、子供に費やしただろうお金は散財しなかった。
投資や、賃貸用のマンション、店の経営にお金を使った。
だから、今、経済的には楽・・・

名古屋の人は貯金好きっていうけど、名古屋人は、目的を持って貯蓄してる。
冠婚葬祭も派手だし。
私も名古屋の人間だから、子どもの頃から貯金は躾けられた。
というか、お金にはうちはシビアだった。
そんな躾けられ方が今につながっているのだと思っていたけど、そうでもないらしい。

こんな記事を読んだ。

厚生労働省の平成19年国民生活基礎調査によると、20代の1世帯当たりの平均貯蓄額は181.4万円。
そこで今回、25~34歳の男性100人に「貯金額が180万円よりも多いか?」と尋ねると、「180万円以上」は67人、「180万円未満」は33人だった。

ここで気になるのが、「貯金できる人」と「できない人」の差。両者を分けるのはいったいなんだろうか? そこで今回、「貯金額180万円以上」のグループ(以下、「貯金上手」)と「180万円未満」のグループ(以下、「貯金下手」)に分け、それぞれの生活スタイルや性格、趣味嗜好などをリサーチしてみた。

まず、「貯金上手」と「貯金下手」で回答結果に大きな差が出たのは「掃除・片付け」に関する質問。
「貯金上手」では、「掃除・片付けが得意」と答えた人が58.2%だったのに対し、「貯金下手」では39.4%にとどまった。


このあとも、つづくのだけど、一番大きな差は、この「片付け」云々だった。
つまり、きちっとしい?
実は、私も片付け好き。
掃除はしないけど、片付けは大好きなのだ。

なるほど、そか・・・と思ったけど、あれ?うちの母は、全然片付かない人だっけ。
ありゃ?
[PR]

by mizunomari | 2014-01-22 06:22 | デイリーコラム | Comments(0)