<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

パソコン壊れて三日目

パソコンが壊れて、三日目。
三日目ともなると、さすがに生活のリズムが変わってきた。
これまで、朝起きて、犬の散歩に行って、ダンナのお弁当を作って、紅茶入れて飲みながらパソコンに向かったら、なんやかや・・・ニュース一通り見て、メールの返事にネット塾の添削、ネットで買い物、調べ物、you tubeで遊んで、face bookやmixiやって、ブログ書いて・・・って、3時間くらいはパソコンの前に坐ってた。
そうすると9時過ぎて、郵便局、銀行、スーパーに買い物・・・などなど外出して用事が済ませられる時間になって・・・

でも、今、ダンナが出勤の8時までは、ダンナのパソコンも使えないから、それまで、スマホでパソコンメールのチェックだけして、ざっとSNS目を通して・・・お終い。

仕方ないから、これまで午前中は見る習慣のなかったテレビ観た。

ついでに、わざわざご飯炊いて、味噌汁(大根と油揚げ)作って、ハムエッグ焼いて、あといただきもんの紀州南光梅で食べる習慣のなかった朝ごはんを食べた。

朝ごはん食べたら眠くなって、1時間くらい朝寝して、起きたら、9時過ぎ。

・・・てな感じで、朝の生活リズムはめちゃおかしくなってる。
ついでに言うと、ダンナのパソコンでは、環境が違い過ぎて、よそのうちにいるようで落ち着かない。
人のパソコンで慣れてないので使い勝手も、ものすごく悪いから、仕事のはかどらないことっていったらない。

明日は、「樂」の店長がパソコン見にきてくれる。
店長はシステムエンジニアだったし、パソコンのサポートセンターも運営してたくらいだから、たぶん直せると思うんだけど・・・どかな?
[PR]

by mizunomari | 2013-06-30 14:21 | デイリーコラム | Comments(0)  

パソコン直らず・・・

パソコンが壊れて2日目。
スマホがあるから、パソコンに来たメールをチェックしたり、ネットもできるけど、ブログは改行の仕方がわからないのと、さすがに大量の文字を書くので、今日もダンナのパソコンを無断使用中。

なので、写真もアップできない。

そういえば、旅行中は、スマホの充電が切れて、これはほんとにまいった。
これまでの旅行は駅からレンタカーってことが多かったから、車の中で充電できてた。
それが・・・

以下、ダンナのブログで説明します018.gif

「誤算だったのは、
札幌以降の列車に「100Vコンセント」が無かったことです。

最近の列車の「グリーン席には、モバイル用のコンセントが付いている」、
という話を聞いていて、それまでの列車には全て付いていたので、
すっかり、安心していました。

が、その後は、ダメでした。

「寝台特急・北斗星」札幌(17:12)~上野(9:38)
「上越新幹線・たにがわ405号」上野(9:50)~越後湯沢(11:15)
「上越新幹線・MAXたにがわ418号」越後湯沢(15:08)~東京(16:40)
「東海道新幹線・こだま673号」東京(16:56)~熱海(17:45)
最後は、「東海道線」熱海(17:48)~湯河原(17:55)

どれにも、「コンセント」は無くて、
パソコン&スマホともに、使用不能になってしまいました。

だめですね、新しい機器も、
電源がないとタダのガラクタ同然でした」


最後に行った越後湯沢の日帰り温泉「酒風呂」のドライヤー用の電源で、10分間かろうじて充電して越後湯沢からの新幹線の中でビールで乾杯した写真だけは撮れたけど、越後湯沢観光での写真はなし。

まったくダンナの言うとおり。
電気あっての生活にどっぷりだったのが良くわかった。
こんなことではだめだね。
被災地まで行ったのにね。
・・・反省002.gif
[PR]

by mizunomari | 2013-06-29 10:36 | デイリーコラム | Comments(4)  

パソコン壊れた

私のパソコンが壊れた。
今朝、どうやっても立ち上がらない。
なので、旅行の写真とかもアップ出来ず・・・
今は、ダンナのパソコンを勝手に使ってる。

さてさて、旅行の三泊目は、初めての寝台特急。
札幌駅の駅ビルのデパ地下みたいなところで、デリの御惣菜とワイン二本とサンドイッチを買い、B寝台の個室に乗り込んだ。
旅行最後の夜の打ち上げをして、爆睡。
すごく揺れるし、音もうるさいけど、酒さえ飲めば、いつでもどこでも爆睡夫婦だから、特に問題なし。
ただ、翌朝、いつものように4時頃起きて、上野までの時間が長かったな~002.gif

やっと上野に着いて、今度はまた大宮まで引き返す上越新幹線に乗車。
すごくムダに電車乗ってるけど、本もゆっくり読めるし、電車旅もいいよ。
越後湯沢では、「石川遼記念館」と「湯沢町歴史民族資料館 雪国館」を観て、それから、「ぽんしゅ館」で「樂」でお留守番の店長にお土産の日本酒(地酒)買って、温泉に日本酒入れたお風呂に入って、約3時間の滞在でまた新幹線に乗って、東京駅へ。
そこから、東海道新幹線で、熱海まで。
熱海から一駅戻って湯河原に無事帰りついた。

今回はフルムーングリーンパスと言って、5日間でフリーでグリーン車OKの切符だったから、ものすごくゆったりした旅で、疲れもなかった。
これからは、年齢のことも考えないとね。
帰ってから「ああ、疲れた~」って旅行じゃしょうがないもんね。
二人で、もう「青春18きっぷ」は厳しいね・・・って・・・037.gif
[PR]

by mizunomari | 2013-06-28 15:59 | デイリーコラム | Comments(0)  

ただいまヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆

たった今、湯河原のうちに帰宅。

今日は、朝からスマホの充電切れで、写真も全然撮れず残念だった。
雑用がてんこ盛りなので、寝台特急の話と今日の越後湯沢の出来事は明日の早朝アップしま~す(-^〇^-)
[PR]

by mizunomari | 2013-06-27 18:39 | デイリーコラム | Comments(0)  

函館でお目覚め

今、函館朝市から戻った。
朝6時半から、私「海鮮五目丼」ダンナ「かに丼」食べた003.gif

朝市は、JR函館駅のすぐ横。
函館の海鮮丼は有名だけど、市場の中にはその海鮮丼の店がずら~っと並んでいる。
どの店もサンプルが並んでいて実に壮観。
皆、いくらやさけやホタテてんこ盛り。
「修学旅行生は10パーセント引き」とか100円引きとか書いてあるけど、今どきの修学旅行生は、豪勢な海鮮丼をお小遣いで食べるんだねぇ・・・

昨日は、花巻温泉から無料送迎バスで新花巻駅、一駅だけ東北新幹線で盛岡まで移動して盛岡から新青森までのり次いで、新青森駅から「スーパー白鳥」で2時間40分あまり・・・青函トンネルを通って函館へ。
午後から夕方まで函館観光。
「函館赤レンガ倉庫」~「函館市文学館」~「函館市北方民族資料館」~「市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)」を路面電で車移動して観光。

・・・2時間くらいなんだけど、歩きっぱなしだから、すごい疲れちゃって、路面電車の1日乗車券600円で買ったのに、400円分しか使わずに観光はリタイア002.gif
4時半くらいにはもう飲み屋・・・
函館と言えば「いか」034.gif
てなわけで、「時価」の「活いかお造り」をまず注文。
昨日は1380円だって。
高いのか安いのかわからないけど、げそのところは好きなように調理してくれるっていうので、塩焼きにしてもらった。
今の今まで生簀で泳いでたいかってのは、お造りになっても足がごにょごにょ動いてるの005.gif
細く切られたいかは、透明で何もつけなくても甘くてかみ締めるとしっかりしこしこの歯ざわり。
わたもぶつ切りで添えられてた。

他にも、いか納豆とか鮭のハラス、ホッケ、その他いろいろ食べて、当然飲み放題(2時間1500円)にしてもらった。
私は、函館クラシックの生中1杯にグラスワインの赤3杯だから、ギリギリだけど、ダンナは、同じく生中3杯に、日本酒「一の蔵」5合に、「千歳鶴」熱燗1合。
・・・元取り過ぎ037.gif

さて、今日はこれから「五稜郭」に行って、12時半のスーパー北斗で札幌に移動。
札幌から寝台車で一泊して明日は上野。

寝台車は初体験だから、すごく楽しみなんだ~001.gif
[PR]

by mizunomari | 2013-06-26 08:00 | デイリーコラム | Comments(0)  

花巻温泉にて

d0228130_7464762.jpg花巻温泉で朝~019.gif
昨日湯河原を出るときは小雨だったのに、北へ向かうほど、お天気が良くなって、陸前高田じゃ、まるで夏064.gif
予定通り、「奇跡の一本松」で直子ちゃんと会って、献花台にお花手向けて・・・
1年ぶりの陸前高田は、やっぱり何もなかった。
ただ、ゆっくりだけど、確実に復興に向かって歩んでいるのは感じられた。
長男を津波で亡くした直子ちゃんも同じく、しっかり前を向いて歩き出してる。
ほんの1時間ほどの滞在だったけど、初めて訪れたときとは違い、お天気も良くて、復興工事の人たちもいっぱいいて、一面砂に覆われていて茶色一食だったところが雑草におおわれて緑になって、快晴で抜けるような青空で・・・
陸前高田には、何もないけど、それでも、息をしている・・・
動き始めてる感じ。
まだまだいろんなこと乗り越えて行かなくちゃならないだろうけど、がんばれしか言えないけど、また来るよって、直子ちゃんそして、陸前高田と亡くなったまぁくんに・・・

夜は、花巻温の紅葉館ってホテル。
夕飯の前に、新花巻駅で買った岩手の地ワイン二人出1本飲んだのに、バイキングに飲み放題までつけちゃった003.gif

写真は戻ったらアップしま~す。
[PR]

by mizunomari | 2013-06-25 06:53 | デイリーコラム | Comments(0)  

今日から旅行

d0228130_4454835.jpg今日から、三泊四日で久しぶりの旅行だ。
今日は、お昼ごろには岩手の陸前高田へ。
被災して長男を津波で亡くした、元湯河原在住で、私のセミナーの受講生だった・・・直子ちゃんに会う。
「待ち合わせ場所どこにしたらいい?」って聞いたら「奇跡の一本松以外、高田には何もありません・・・」って。
去年、陸前高田に初めて行った。
それ以来、何も変わってない。
直子ちゃんも二人の女の子と未だ仮設暮らしだ。
・・・というわけで、東北新幹線に乗り、「水沢江刺」まで行き、そこでレンタカーに乗り換え、山越えして陸前高田へ。

そのあとレンタカーを返して、東北新幹線で、新花巻。
花巻温泉に泊まる。

翌日は新幹線で青森へ。
青森から、函館へ。
函館観光をして、26日は寝台特急北斗星で、上野へ。

上野に27日の朝着いたら、上野から越後湯沢へ。
越後湯沢で石川遼記念館へ行ったり酒風呂に入ったりして、27日の夜帰宅・・・って感じ。

それでは、いってきま~す001.gif
でも天気悪そ・・・057.gif
[PR]

by mizunomari | 2013-06-24 04:46 | デイリーコラム | Comments(6)  

映画 『レ・ミゼラブル』

二日連続で、映画鑑賞・・・061.gifパソコンで、だけど。
でも、昨日のは有料サイト(500円)だ。
今、公開中の映画だからね。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画バージョンだ。



感想のコメントをざっと見たら、評価が見事に二つに別れてた。
で、結果を言うと、私は☆5つ049.gif
主人公、ジャン・バルジャンが人間として、どんどん昇華されていく姿とフランスの時代背景が上手く融合されている。
なんと言っても2時間半ちょっとの長い映画なのに、あっという間に終わった感じ。
後で、メイキングも観たんだけど、これ観て驚いた。
なんと、俳優人は、この映画の中で、アフレコではなく実際に歌いながら演技してたのだ。
ミュージカルだから、台詞のほとんどが歌。
撮影は、耳に小さなイヤホンを入れて、ピアノの生演奏での伴奏を聞きながら歌う。
歌詞は、ストーリーに沿った内容だから、当然そこには感情表現が必要になる。
キャスティングは、演技はもちろん、圧倒的な歌唱力も絶対条件なのに、よくもまぁ、適役な人たちをそろえたものだ。
映像上では、この歌にオーケストラの演奏がかぶさって、この音楽のところだけでも聴く価値有り。

セットの規模も当然、舞台の比じゃない。
老眼で目が疲れるので、本を最近あまり読まなくなった代わりに、その分、これまでパソコンでは観なかった映画をよく観るようになって、映画にはまっている。

『レ・ミゼラブル』を観終わって、確かに評価が分かれるのがわかったけど、私は好き。
最後のシーンでは泣いた。
[PR]

by mizunomari | 2013-06-23 07:47 | デイリーコラム | Comments(2)  

映画 『髪結いの亭主』

また、いい映画に出会った。
いつもの映画無料配信サイトGyaoなんだけど、『髪結いの亭主』という2011年公開のフランス映画。



映画の事をブログで書くたびに思うことがある。
それは、ネタバレになっちゃうから、感想が上手く書けないということ。

この映画のテーマは、「性と愛」。
男と女が愛し合うということの、究極の要素だけ抽出したら、こんな感じ・・・?って映画だ。
そこには、生活臭は無い。
互いに相手しか見えてない。
主人公は物心ついた頃、床屋を営む女性に恋心を抱く。
その日から、いつかは床屋の女性と結婚すると心に誓い、やがてそれを実現する。

・・・とこれだけ聞いても、「何それ?」って感じだろうけど、この主人公の心の動きが実に上手く描けていて、説得力がある。
床屋の女と結婚するという夢を叶えた男は、「愛」だけの日々を送る・・・
決して、馴れ合ってはいかない。
どこまでも、いつまでも「男」と「女」。
結婚して(してなくても?)そんな新鮮さがいつまでも続かないって言うのは誰でも分かってることだろうけど・・・
じゃ、この二人はどうなるの?
ってとこが、この映画の見どころかも。

エロスを描いてるのにも関わらず、どこかもの静かで淡々としてて、いかにもフランス映画っていう感じ。
こういう映画は大好き。
[PR]

by mizunomari | 2013-06-22 07:46 | デイリーコラム | Comments(0)  

終の棲家

d0228130_985230.jpg最近、ダンナと「終の棲家」の話をよくする。
今住んでいる湯河原の高台は本当に良いところだ。
近所づきあいも良好だし、日当たりも良くて、眺めも・・・
と言いたいところだけど、その眺めを買ったような家なのに、すぐ前に眺めを遮るように家が建っちゃって、余計に「終の棲家」を考えるようになった。

私達には子供がいない。
だから、家や土地は残してもしょうがない。
だから、最終的にはケア付きマンションとか有料老人ホームのような所に入ることになるのだろうけど、それまでの間どうするか・・・?
今の家は、築18年くらいで、あちこち難がきてる。
それらを直すなりリフォームしつつ暮らしていくこともできるけど、数十万円~100万円以上のお金がその都度かかる。
一戸建てってのは、その点とっても厄介だ。
これからは、傷んでいく一方。

あとは、足の問題。
どうしても車が必要な場所だから、今後歳とったって運転が危なくなったら・・・002.gif
引越しや、家、土地の売買のことも、歳とったら、そんなことするパワーもなくなるかも。

ダンナは61才で、年金をもらっている。
ダンナがそんなだから、まだ54才とは言えやっぱ老後のこと考えちゃうよね。
あと20年~30年をどこでどう暮らすか?

いっそ、今のうちを壊して3階建てにしようか・・・って話も出ている。
かと思えば、更地にして、私たちは駅近くにマンション借りて、今うちのある場所にトレーラーハウスとか、キャンピングカー置こうかとか・・・

う~ん・・・どうしたらいいんだ025.gif
[PR]

by mizunomari | 2013-06-21 09:05 | デイリーコラム | Comments(0)