<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

想い出の歌シリーズ『はずれくじ』

以前この、想い出の歌シリーズでも書いたっけ・・・
中学でフォークに目覚め、高校に入って、迷わずフォークソング同好会に入部したら、やってたの、私の嫌いな軟弱ニューミュージック系のフォーク。
で、第一回の練習課題曲がふきのとうの『南風の頃』。
これが嫌で、すぐに退部した私002.gif

でも、実は、この頃皆がこぞってコピーしてたニューミュージック系の中で、たった一曲好きな歌がある。
それがこれ・・・

『はずれくじ』  by 風



この歌は、歌詞見ないでも歌えるくらい。

詞がすごくいい。
この一曲で小説一冊読んだくらいイメージが広がる。

「恋のはずれくじ」って、そんな言葉そうそう思いつかないよ018.gif

060.gifあの日黙って君と歩いた・・・長い坂道歩くたびに~

高校生の頃って、黙って歩いてたなぁ。
ただ歩くだけ。
学校帰りに当時付き合ってた男の子と名古屋城のある名城公園とか、栄とか、名古屋港とか歩いたっけ。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-29 10:37 | Comments(0)  

集団疎開

d0228130_1222415.jpg今朝のワイドショーで、福島原発周辺の土壌汚染に関しての情報をやってた。
小さい子が居るうちでは、家の周りの土を表面を削って、蓋付のバケツに入れたり、積み上げてブルーシートを被せてた。

小学校では校庭の表面の土を削って、他の場所に深い穴を掘って、今度はその汚染土をそこに入れて埋めてた。

d0228130_1223272.jpg果たして、そんな事でいいのか?って感じだけど、結局、汚染された土を今度はどこへどうするか?ってことになると皆頭を悩ますばかり・・・。

そこで、こんなのはどうだろう?
子供たちの集団疎開。


私の母も戦争中、小学生で、名古屋から長野の飯田に疎開してた。
例えば、一クラス単位くらいでまとまって、田舎の方の学校にプレハブとか、空いてる教室とか借りてそこへ疎開する。

クラス単位なら寂しくないし、小中学校の間だけなら頑張れると思うし、何より今のひ弱な子供たちの心が鍛えられると思う。

住まいは、その町や村の各家にホームステイだ。

疎開してる間に、土壌の汚染対策をしていったら?
今は、放射能にさらされつつ、子供たちもその地域にいるわけで、私みたいに50を越えてるならともかく、子供たちの将来を守るために、どうだろう?

現にチェルノブイリでは、各実験の11年前から各実験までは子供の甲状腺癌は10数人だったのが、各実験後の11年で2000人を超えたっていう資料もある。

今みたいに、子供が少ないと、親もなかなか子ばなれが難しいかもしれない。
でも、将来もっともっと子供が少なくならないために、本当に真剣にかんがてくれないかなぁ?
集団疎開。
私のうちは、受け入れる気持ちバリバリにあるんだけど・・・034.gif
[PR]

by mizunomari | 2012-02-28 12:24 | デイリーコラム | Comments(0)  

木島佳苗

d0228130_6453569.jpg結婚詐欺容疑?殺人容疑?で裁判中の木島佳苗にファンクラブができてるらしい。

はぁ(゚Д゚≡゚Д゚)?・・・?
意味わかんなかったけど、どうも、「男を騙すテクニックを知りたい女たち」で結成されてるらしい。

その人たちによると、あんなにブスでデブの女が、どうして次々と男を作って金を・・・それも大金をはきださせられるのか?
そこにものすごく興味を持ってるみたい。

ところで、裁判を傍聴したテレビの報道記者が、ニュース中のレポートでこんなコメントを・・・
「・・・意外だったのは、話方がとても優しくて、思わず聞き入ってしまうほどでした・・・」みたいなことを言ってた。

結婚詐欺に引っかかる男ってたぶん、美人じゃないから、嘘っぽくないって思ったんだろうね。
「こんな子」が嘘つくわけないって。
しかも、こんなに尽くしてくれる子が・・・って。

しかも、本人、裁判で「これまで関係を持った女の中で一番具合がいいって、皆言ってくれました」って、名器自慢までしたらしい。
たいしたもんだ。

・・・あやかりたいあやかりたい・・・037.gif

そんなこんなで、パソコンであちこち木島佳苗で検索してみたら、こんなコメント言ってる人がいた。

「美人で若い女がいいと喚き散らしてる喪男が
こういう手料理作ってくれるデブスにころっと騙されるんだよ。
普段女から優しくされたことなんかないもんだからイチコロ。
デブスでも俺のこと好いてくれるし
家庭的だからこいつでいいかな…なんて感じで。

木嶋じゃなくても、男は基本的にベタなアプローチに弱い。
器用で腹黒い美人に引っ掛かる男とデブス木嶋の被害者は、実はそんなに大きな差はないよ」

・・・私も同意見045.gif
[PR]

by mizunomari | 2012-02-27 06:52 | デイリーコラム | Comments(4)  

パケ放題

今、私はスマート携帯なんだけど、スマケイに変えて、当然パケットし放題プランにした。

以前使ってた携帯では、パケット通信を使わなかった。
私もダンナもパソコンに向かうことが多いから携帯では、電話とテレビとカメラとメールだけにしてた。
それで、二人で料金は7~8000円。

よく、子供が携帯でエッチサイト見てものすごい携帯料金の請求が来たって聞いてたから、パケ放題じゃないから絶対に使わないよう気をつけてた。
実際それで不便だったことも全くないのだけど。

で、昨日、スマケイの料金のお知らせが来たのだけど、二人で18659円。
この内5200円×2人分の10400円がパケ放題の料金。
これを引くと82059円だから、電話の方はこれまでと変わらずだ。

ところで、このパケ放題がもし、「放題」でなかったらいくらかっていうのを見て驚いた。

ダンナは102960円Σ(゚д゚lll)
私はなんと386496円((((;゚Д゚))))
いやあ、005.gifびっくり

一瞬、ものい得した気分になったけど、実際は、使ってみてわかったんだけど、パソコン機能なんて、パソコンの方がよっぽど楽で早いし、外でどうしても・・・ってこともあまりないんだよね。

ま、携帯は電話とメールだけできりゃいいってことだ。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-26 09:11 | デイリーコラム | Comments(0)  

キャリーぱみゅぱみゅ

「キャリーぱみゅぱみゅ」って本当に言いにくい。
でも、この子の感覚ってけっこう、私は好き。

なんか、美大生にこういう子ってよくいるよね。

週刊誌の情報だけど、高校生の頃は、首のないりかちゃん人形をアレンジして、アクセサリーとして首にぶら下げてたらしいよ001.gif

日本の若い女の子は・・・ってもろ、おばちゃんになってるけど・・・ホント、皆個性がなさすぎ。
昨日も店に、卒業旅行らしい女の子6人がうどん食べにきたのだけど、ファッション傾向が皆同じ。
化粧も持ってるパックなんかも。

まぁ、仲良しは同じような趣味どうし集まるってこともあるだろうけど、自分に似合う服を着るって発想はないのかなぁ?
今流行ってる感じを少しだけ取り入れるけど、いつも私は着るものにはこだわりを持っている。
だから、今のチュニック流行りにはすごく腹が立つ。
なんでもかんでもチュニック。
日本人の女の子の体型の欠点をカバーするにはいいデザインだけどね。

ところで、キャリーぱみゅぱみゅ・・・。
清田っちから教わったんだけど、言いにくかったら、「ぱみゅぱみゅ」の「ぱ」にアクセントをつけるっていうか、強く発音すると、多少は言いやすいって。



「つけまつける」も、なかなかいいよね。
振付けもいいね001.gif
私もちょっと踊ってみた070.gif
案外踊れた・・・037.gif

誰が演出してんだか?

d0228130_8303339.jpg・・・と思って調べてみたら、中田ヤスタカだった。
なるほどね045.gif

「パフューム」とかにも作詞作曲で、楽曲提供してる、若手のホープ。
ちょっと、小室哲也を彷彿とさせるような風貌だけど、ちょうど、影響を受けた世代かもね。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-25 08:24 | デイリーコラム | Comments(0)  

うさぎや

久しぶりに店に出た。

d0228130_1621405.jpg本来ならば、梅まつりで大忙しのはずなんだけど、まだまだ梅も咲き始めたところで、お客さんも少ない。
7~8年前だろうか、朝日新聞の一面に湯河原梅祭りの最中の梅園がカラーで載って、もうその頃から数年は、梅園への直バスも増便増便・・・駅前はごった返し、うさぎやにも空席待ちの列が出来るっていう・・・そんな時代もあった。

その頃は、さすがに一人ではお客さんをさばききれず、もう一人雇っていた。

たったの四時間でおばちゃんに手伝わせて、二人で8万以上売り上げたこともあったのが、今では夢のよう・・・。

d0228130_1622153.jpgでも今思えば、当時おばちゃんは80才過ぎてたわけで、よく頑張ってくれたよ045.gif

ところで、今日は、湯河原の杉菜っていう温泉ホテルで、同窓会があるっていう、北海道出身の二人のおじさんが来た。
そのうちの一人、松本さんが以前、由比で「桜えび」関係の仕事をされてたとかで、うちの丸天(桜えびのさつま揚げ)が美味しいって、すごい褒めてくれて、その流れでいろいろと話をした。
で、店では滅多に言わないないんだけど、私が実は作家です・・・ってことまで、ついついしゃべっちゃって、なんだかんだで、結局その松本さんと、もう一人松浦さんと、ツーショットの記念写真001.gif

っていう、ただそれだけの話ではあるんだけど、こういうとき、ホント店やってて接客するのってすごいことだなって思う。
だって、ついさっきまで、まったくみず知らずの人と、いつの間にか親しげに話して、名刺まであげちゃってるんだもん。

うちの母は、私に飲み屋をやれってすごいけしかけるの。
「あんたには水商売が向いとる・・・料理もうまいし」って。
で、二言目には「絶対儲かると思うよ」って。

う~ん・・・039.gif
確かに、居酒屋やってたときはすごく儲かったけど、女の子雇って、私が休むと、その日はお客さん激減。
私自身にお客さんが付くって言うのも、びみょ~だね002.gif

それより、今はおばちゃんの腰の骨が早くくっつくことを祈るのみ・・・。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-24 16:18 | デイリーコラム | Comments(0)  

『ぐるりのこと。』

ここの所、おばちゃんの圧迫骨折で、世話に付きっきりだから、何本か立て続けにパソコンの無料配信映画を観た。

昨日観たのが『ぐるりのこと。』
木村多江とリリーフランキー主演で、木村多江はこの映画で日本アカデミー主演女優賞を取っている。



<概要 >

一組の夫婦を主人公に、生まれたばかりの子供の死を乗り越える10年の軌跡を描いた1990年代が舞台の感動ドラマ。「ぐるり」とは、人の身の回りで起こる様々な出来事を指す。なお、木村多江、リリー・フランキーともに、映画初主演作品となる。

キャッチフレーズは、「めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。


あまり、話題にはならなかったかもしれないけど、すごくいい映画だった。
ネタバレになってしまうので、映画の話は難しいけど、今、私の置かれている状況と重なった部分もあって、心にしみた。

元々、これを見ようと思ったのは、リリーフランキーに興味があったからだ。

リリーフランキーの『東京タワー』を読んで、すごく泣いた。
あれは、リリーフランキーの自伝的小説らしいから、そういう育ち方をした人の演技ってのが見たかったのと、あの、いつも飄々としつつ、一本筋が通ってる生き方をしてる所にすごく憧れてた。

私から見ると、かまやつひろしのかっこよさに通じるものがあるって感じ。

『ぐるりのこと。』では、それが演技なのか地なのかわからない絶妙な台詞の間が、めっちゃ良かった。

・・・この人、天才かも034.gif

日本の映画って、結構隠れた名作があるんだね。
間違いなくお金はかかってないだろうけど、『ぐるりのこと。』は、不朽の名作です。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-23 08:50 | デイリーコラム | Comments(0)  

想い出の歌シリーズ『たどりついたらいつも雨ふり』

『たどりついたらいつも雨降り』は、元々、拓郎さんが、モップスのために書下ろした楽曲なんだけど、後に色々な人やバンドがカバーした。

今日は「子供ばんど」のジックこと「うじきつよし」の『たどりついたらいつも雨ふり』。



この歌は、モップスで初めて聞いた。
その後、私はニッポン放送で「うじきつよしのオールナイトニッポン」を担当。
ジックは、私より2才上。
仲が良かったディレクター(当時はディレクターだったけど、今は偉くなってる)・・・Mさんによると、Mさんは高校時代にバンドやってたんだけど、そのバンド仲間でも、「子供ばんど」の噂はすごかったって。
カリスマ的というか伝説の高校生バンドだったらしい。
ちなみにジックは学芸大付属だったから、勉強も良くできたんだねぇ001.gif

私がジックのオールナイトを担当してたさなかに、この曲がリリースされたから、番組ではいち早く紹介した。

ジックはテレビで観るとおりの明るい人柄で、頭の回転も早くて思いやりもあって気さくな人だ。
番組もすごい楽しくやれて、子供ばんどのメンバーも呼んで、番組内で「夕陽のバレーボールコート」っていうすごいくさい青春ラジオドラマをそれぞれに演じてもらったり、いろいろと番組の企画内で遊ばせてもらったっけ。

「夕陽のバレーボールコート」を演じてくれた子供ばんどのメンバーは「山戸ゆう」「ヒロシ」「湯川トーベン」。
確か、トーベンはこの頃、いとこの美穂ちゃんたちのバンドにも参加してたんじゃないかな?

ついでに、そのメンバーでのすごいかっこいい「サマータイムブルース」を・・・




今思うと、この時代が一番楽しく放送作家がやれてたかも・・・。

そんな頃の想い出が蘇る二曲でした。
[PR]

by mizunomari | 2012-02-22 10:01 | Comments(4)  

湯河原の梅まつり

今、湯河原は「梅まつり」期間中。
一年で一番の、かき入れ時だ。
もちろん、駅前の私の店(うさぎや)も、この時期は売上が普段の倍以上で大忙しになる。
・・・のに、今年は全然002.gif
寒波で梅が咲かなかったから、2月4日の開催日からずっと入場料もただだった。
それがやっと17日の金曜日に、一本の木に一輪か二輪咲いた。
土曜日には開花情報の立看板にやっと「咲き始め」の文字が・・・。
今日は、暖かいから今日あたりは一分咲きか二分咲きくらいになると思う。

d0228130_955406.jpg


湯河原梅林 梅の宴 平成24年2月4日(土)~3月11日(日)18日(日)まで期間延長

「幕山公園」の山麓斜面に約4,000本の紅梅・白梅がさながら“梅のじゅうたん”のごとく咲き乱れ園内は梅の香りに包まれます。
「梅の宴」開催期間中は楽しいイベントも企画されます。


自然相手の催しはホント難しいね。
店を始めて13年になるけど、梅の開花と梅まつりの開催期間がピッタリ合ってた事なんてあったかなぁ?
今年なんてついに、開催期間を延長した。
あと、土日に雨が降ると、天気って一週間単位で変わっていくから、いっつも土日が雨。
こういうときもいくら梅が咲いてても売上にひびく。

湯河原で梅まつりが始まったのは15年くらい前だと思うけど、梅の木も年々大きくなるわけで、そりゃあもう見事だ。

そう言えば、第一回の梅まつりには「西岡たかし」と「山本コータロー」が来て、野外ステージで歌ってる最中に大雨になったっけ。
私と弟と弟の嫁の三人はそれでも、一番前でびしょ濡れになりながら観てた。
気がつくと、私たち三人だけのために西岡たかしさんは歌ってくれてた。
あれっきり、フォークの人は来ないけど、また来て欲しいなぁ・・・。

いっそのこと、親応の仲間で企画しようかなぁ・・・001.gif
[PR]

by mizunomari | 2012-02-21 10:12 | デイリーコラム | Comments(0)  

d0228130_133173.jpgついに「ノーテンキ平野」がおばあちゃんになった003.gif

長男の子供が生まれたのだ。
私より一つ上だから、53才のおばあちゃん。
おばあちゃんって、昔は、本当にばあさんだった気がするけど、いざ自分がその世代になってみると、全然おばあちゃんぽくない。

まぁ、私は、80才と90才のばあさんの面倒見てるから余計にそう感じるのかもしれないけど。

孫ができた親しくしてる女友達は実は平野が初めてなの。
男友達なら、けっこういるんだけど。

土曜日にランチしたとき平野の携帯で、赤ちゃんの写真を見た。

すごい、不細工だった037.gif

「でもまぁ、不細工でも男の子だから、良かったじゃん」って言ったら「女だよ013.gif」って。
どひゃ~005.gif
せめて、平野に似て欲しかったな。
平野はノーテンキだけど、けっこう美人だからね・・・034.gif
「生まれたばっかの頃は皆こんなんだよ」って平野は言ってたけど、どーだか?
ま、そういうことにしておこう041.gif
[PR]

by mizunomari | 2012-02-20 13:04 | デイリーコラム | Comments(0)