<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

出世する人の条件

昨日、野田民主党代表(=新総理)をテレビで観てたばあさんが言った。
「この人やないやろ?総理大臣は・・・」って。
そうなのだ。
野田さん、全然総理の顔してない。
オーラもないし、居ていいわけじゃないけど、愛人もいそうにないし・・・。

そんなことを、たぶん多くの人が思ってるんだろうな。

今日、こんなのを見つけた。


出世する人に共通する“評判の好循環”とは
 
景気に連動して企業の成長が低迷しようと、それにより雇用制度が変わろうと、いつの時代も出世する人は必ず存在する。同期入社が気付けば上司に…、なんて哀しい経験をしたことがある人も、いるのではないだろうか。

そんな時、こう思ったことはないだろうか? 「なぜ、あいつが?」と。

単なるやっかみと言われればそれまでなのだが、能力的な差があるようには思えない(あくまでも自己評価では)。そして、必ずしも出世する男がものすごく仕事ができる奴とは限らなかったりする。いったい出世する男は、なぜ出世するのだろうか?

「日本の組織の場合、業績や能力も大切だが、これらの数量的な絶対値よりも、これらも含めて集約された組織内でのその個人の『評判』が重要。
簡単にいうと、評判のいい人物は成果の割に出世する傾向があるし、成果が上がりやすい仕事を割り振られることが多いので、また、一段と出世しやすい」

そう話すのは、経済評論家の山崎元氏。出世する人は、仕事の成果も含めた個人の評判が、さらに良い評価を生む土壌になるという好循環が実現できているということだ。
そこで、気になる評判の生み出し方だが、これについては、「本人の能力をアピールするための広義のプレゼンテーション能力が重要」と同氏。
企業においては、一人で仕事をすることは少なく、誰かとチームになって仕事に取り組むことが多い。
その成果が良かった際、本来であればそれはチーム全体の評価なのだが、実際はそうではなく、チームのなかでも印象的なひとりに評判が偏るということがままあり、これが周囲に拡散される際に評判となるのだ。

同じ仕事をしているのに、なぜか自分よりも他のメンバーのほうが評価が高い。
もし、そう感じたことがあるならば、それはあなたのセルフプレゼンテーションが足りないのかも。どうせ同じ仕事をこなすなら、自分を積極的にアピールして、良い出世循環に乗れるよう、仕事の進め方を見直してみてはいかがだろうか?


まぁ、わからないでもないけど、放送作家時代を振り返ると、必ずしも評判の良かった人が、テレビ局、ラジオ局で出世したわけでもないんだけど・・・。
いわゆる、「いい人」は、皆窓際に追いやられた。
結果を出し続けた人はずっと現場だし。

結果的にはよくわかんない。
誰に評判が良いといいんだろうか?
そもそも「評判」って何?
[PR]

by mizunomari | 2011-08-31 05:37 | デイリーコラム | Comments(1)  

訃報

アコギ&フォークのサークル『戦うオヤジ応援団』は、私には楽しいことばかり・・・
だったのだけど、突然訃報が届いた。

団長の山下さんがメンバーの掲示板に・・・

『山形県のメンバーであり、このホームページの表紙の写真や応援団のイベント時に
写真を撮っていただいていた、黒田さんが、今朝、急逝されました。

昨夜、星の写真を撮影するために山形蔵王に行っており、通常であれば
夜中に帰宅するはずが、帰宅しなかったために今朝、家族の方が
蔵王に探しに行ったところ、車の中で亡くなっていたとのことです。
脳梗塞だったとのことでした。

また一人、とても大切な仲間が逝去してしまいました。
心よりご冥福をお祈りいたします』


亡くなったのは、28日の朝。
28日と言えば、私は、横浜SPのギター練習会で、楽しく盛り上がってた日。
その頃には、黒田さん亡くなってたんだ007.gif

私の「オヤ応」デビューは、6月の那須合宿。
その合宿でカメラマンの黒田さんは、メンバーのスナップや、集合写真を撮ってくれてた。
ギターをすごくキチンと丁寧に弾く人で、山形から来ていた。
山形訛りのMCがなんかすごいあたたかくて、素朴な人柄で、真面目で優しくて、初対面の私ともまるで昔からの知り合いみたいに接してくれた。
朝、早起きの私。
次に起きてきたのが山下団長。
で、次に黒田さん。
三人で、朝5時頃から話こんでた。

思えば、この夏合宿の最後の挨拶で山下さんがこんなこと言ってた。

「・・・メンバーも毎年、歯が一本づつ抜けていくように、一人抜け・・・二人抜け・・・」って。
このときは、皆、大うけで、大笑いだったんだけど、来年の合宿では、もう笑えない。
皆、ほんとに「そういう世代」なんだよね。


黒田さんが撮った集合写真。

d0228130_643056.jpg
セルフタイマーだから、走ってきた黒田さんだけ、右端に一人離れて写ってる。
普通こういうとき、カメラマンって、全体のバランス考えて、真ん中あたりにくると思うんだけど、これが黒田さん・・・なんだなって思った。

黒田さん、また、来年も那須合宿に来てください。
来年は誰が写すかわからないけど、最後の集合写真に心霊写真で写ちゃってください。
全然怖くないし・・・003.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-08-30 06:08 | ギター&ライブ活動 | Comments(2)  

ギター練習会

d0228130_513148.jpg毎月、第四日曜日は、横浜SPで、ギター練習会。
練習会って言っても、そこで練習するんではなくて、一ヶ月うちで練習してきたことの発表会001.gif

これが、もう、すっごい楽しいの003.gif

d0228130_5183672.jpg「戦うオヤジの応援団」っていう名前のサークルだから、オヤジばっかの集団だけど、私もその会員。
実際にオヤジでなくても、オヤジっぽい性格の人は入れる・・・って嘘037.gif

性別、年齢、容姿問わず、誰でも入れるのだ。

d0228130_5204312.jpgそこで、今日は、私とトコちゃんで結成した「マリトコ」っていうユニットの新曲発表をした。
結局、出番は最後(とり?)だったから、それまでに、私もトコちゃんも結構飲んでて、うまく行ったのかどうかさえよくわからないというテイタラク・・・ダメじゃんこんなんじゃ。

でも、そういうのも含めてみ~んな丸ごと受け入れてくれる程、メンバーは寛容で大人なんだよ。
だから私もわがまま言い放題011.gif
いつもレッドカードギリギリ・・・。

d0228130_5224873.jpg昨日は、私にイエローカード出しまくりの横浜SPの世話役でもある「温泉おやじ」が欠席だったから、もう、私は暴れまくりだったっけ041.gif

たまたま仕事で、3時の開始より30分位遅れて行ったのだけど、6時の終わりなんて早過ぎ002.gifもっとずーっと、一晩中やってればいいのに・・・。

d0228130_5284726.jpgそれに、昨日は皆が皆、先月よりすごいバージョンアップしてきた。
本当に皆歌もギターもうまいの060.gif
私もうかうかしてられない。
って言っても、急にうまくなれるわけでもないんで、ま、マイペースで主に、笑わかす方向で・・・012.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-08-29 05:30 | ギター&ライブ活動 | Comments(4)  

オフィシャルサイト

今年の4月3日。
私の誕生日に、このブログをリニューアルした。
実は、私はあまりパソコンとかブログとかには熱心ではなく、詳しくもなく、入れ込むこともなく過ごしてきた。
・・・って、まぁ、どんなことにもあまり深くハマるタイプではないのだけど。
元来器用ではあるけど、何でも、必要最低限。

だけど、ここ数年、皆が当たり前にブログとかやるようになったのもあって、8年前に立ち上げた・・・当時は最新のデザインだった「水野麻里オフィシャルサイト」も古くなって、なんといってもトップページの写真が8年前だし・・・
これはなんとかせねば・・・と思い始めたのだ。

d0228130_672325.jpg


← 8年前の私・・・今とあんまし変わんないかも・・・037.gif


私のオフィシャルサイトはいわゆる「ブログ」というやつではない。

プロバイダーは「Speever」という会社でソフトは「ドリーム ウエヴァー」というのらしい。
らしい・・・っていうのは、100数ページのオフィシャルサイトだから、当然プロが作った訳で、そこの会社が持っているソフトなのだ。

でも、プロ仕様のソフトだから、私が自分で更新することができない。
せめてコラムだけでも、と思ったけど、今のブログのように、簡単でもないし、動画が掲載できないし・・・
というわけで、そのコラムの部分だけ「ジュゲム」というブログにリンクした。
つまり、実際は、オフィシャルサイトから切り離したってわけ。

オフィシャルサイトの管理は、管理人である会社で。
そして、コラム=ブログ(ジュゲム)は、私が勝手に・・・ということになった。

でも、結局、毎日更新するのは、ブログだけで、オフィシャルサイト全体まで手が回らない。
オフィシャルサイトも、今ではタレントや文化人もいわゆる「オフィシャル ブログ」だ。
だから、管理人に頼らず自分でバンバン管理、更新してる。

・・・というわけで、4月3日には、私のブログは「ジュゲム」から「エキサイト」に乗り換え、動画も掲載できるようにして、さらに充実・・・させたのはいいんだけど、オフィシャルサイトからは完全に切り離された雰囲気になってしまった。
今後、コメントが増えるように、知り合いとリンクし合ったり、内容を充実させたり、いろいろやり始めれば、さらに、ブログだけ孤立してしてしまうだろうし・・・。

私としては、オフィシャルサイトを完全リニューアルの方向に・・・
要するに、「オフィシャル ブログ」の方向で行きたいのだけど、今のサイトは広告収入もあるし、なんと言っても、著作の紹介とか、エッセイネット塾の受講方法とかのページは力が入ってるんで、もったいないし・・・

それでも、この秋にはカルチャーセンターの仕事も増えて、出版の予定もありそうなんで、なんとかオフィシャルサイトのリニューアルを考えている。

今の「オフィシャルサイト」の使いたいところだけ残して、今後「オフィシャルブログ」中心に展開していくってことできるのかなぁ?

それとも他になんかいい方法ないかなぁ?
[PR]

by mizunomari | 2011-08-28 06:00 | デイリーコラム | Comments(2)  

秋のゴルフ

さすがに、朝晩は、秋って感じになってきて、ここ、湯河原の海抜200メートルの山では、肌寒い。
なので、ブログの壁紙も夏バージョンから、夏の思い出バージョンへと替えてみたのだけど、どうでしょう?

d0228130_5331898.jpgところで、「生き合(ゆきあい)の空」っていう言葉があるんだけど、この言葉がまさに今の時季。
これは、夏と秋、二つの季節が行きかい、同居してるような空をさして言う。
昨日、車でちょっと遠出したのだけど、むくむくと立ち上がった入道雲と、はけでなぞったような秋雲がまさに同居してる空だった。

さて、ここんとこギター方面にばかり熱心で、ゴルフはご無沙汰の私だけど、ダンナがやけに頑張っているので、一人ぽつんと取り残されても何なんで、少しがんばることにした。
ダンナは、1年近く、地道にコツコツとトレーニングと研究を重ね、元々のスコア(80台)をコンスタントに維持するようになった。
私はというと、まあ、今年に入ってからの数回のゴルフの平均は96~7くらいだけど、ベストスコア91には遠く及ばず、年頭の目標90を切るにはさらに及ばず、もう、投げ出してる感がある002.gif

それほど好きではないと言え、まだまだ努力でうまくなる可能性があるのだし、何をしたらいいのかもわかっていることなので、仕方ない、ちょっとやってみます066.gif

で、今日から、素振りを・・・。
ものすごく単純なトレーニングだけど、ま、基本なんで。

ちなみに、来月はまた「全国47都道府県 夫婦でラウンド」で、今度は、やり残してる「香川県」とそして、「岡山県」と「兵庫県」。
今回は、初めて、飛行機ではなくて、新幹線で行く。
3泊4日で3ラウンド。
姫路まで新幹線で行って、レンタカー借りて、1日目は移動でまず、香川県へ。
そして、岡山~兵庫と戻ってくる。

9月の中頃の予定なんだけど、その頃には、すっかり秋・・・?
になってればいいんだけどな001.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-08-27 05:45 | ゴルフ | Comments(0)  

認知症予防

この夏から参加してる、慰問バンドも、数年前参加してた慰問バンドもそうだけど、老人ホームや介護施設に出向いて思うのは、お年寄り達が皆無表情なこと。
比較的認知症度が低くて自立の近い施設でも活気は無い。
それでも、手拍子もしてくれるし、知ってる歌は口ずさむし、終わったあとも喜んでもらえてるのはわかる。

以前、大学時代の落研でも、落語で老人ホームの慰問に行ったことがあるけど、先輩たちは皆、老人ホームの慰問を嫌がってた。
全然笑ってもらえないから・・・。

うちの母も、おばちゃんも、なんやかんやと良く笑うし、冗談も通じるし表情も豊かだから、「笑う」ってことに関してそれほど気にしたことなかったんだけど、こんな記事を見つけた。


無理やり」でも笑って認知症予防を

「無理やり」にでも高齢者に笑ってもらうことで笑いの回数が増え、それが認知症の予防につながる可能性がある―。阪大大学院医学系研究科公衆衛生学の大平哲也准教授は、高齢者らを対象に行った笑いと健康に関する研究に基づいてこう提言している。無理やりにでも笑うことに果たして効果があるのか、また、笑いがなぜ認知症予防につながるのか、大平准教授に聞いた。

―そもそも「無理やり」にでも笑う必要があるのでしょうか。
「笑う」という行動は、できるのが当たり前だと思われるかもしれませんが、実は、耳で聞いたことを脳内で一瞬にして理解するなど、高度な認知機能が要求されるものなのです。しかし、高齢者の中には認知機能が低下してしまい、笑う機会が少なくなっている人もいます。ですから、そういう方にもどんどん笑いの機会を増やしてもらえるよう、わたしは「笑いヨガ」というものを推奨しています。

―「笑いヨガ」とはどういうものですか。
笑いヨガは、簡単な運動とヨガの呼吸法とを組み合わせたもので、具体的には「あーはっはっはっは」などと声を出して笑うエクササイズです。何か面白いものを見たり、面白い話を聞いたりするものではないので、一人でも気軽にできます。また、施設などで「声を出して笑うのは恥ずかしい」と思っている高齢者でも、皆と一緒に施設の運動プログラムの一環として行えば、自然に声を出して笑うことができるのが、特長だと思っています。

―笑うといっても、「無理やり」のように思うのですが、効果はあるのですか。
もちろん、漫才や落語を聞いたり、テレビ番組を見たりして「楽しいから笑う」というのが本来の姿でしょう。しかし、先ほど述べた理由から、なかなか笑うことのできない高齢者も少なからずいます。
ですから、最初は無理やりにでも笑いを運動プログラムなどに組み込む、ということでいいのだと思います。「無理やり笑って効果があるのか」との指摘も聞きますが、実際に笑っていると高齢者も何となく楽しい気分になり、笑いの回数が自然に増えていきます。後で説明しますが、それは結果的に高齢者の精神状態や健康状態の改善、認知症の予防などにつながる可能性があるのです。

―「笑うから楽しい。楽しいから自然に笑う」という好循環につながるんですね。
それだけではありません。笑うことで現場の介護職員や家族も楽しく介護することができ、高齢者とのコミュニケーションが円滑に進むようになったり、職場の雰囲気が明るくなったりする効果も見られると聞きます。高齢者、介護職員の両方にプラスに働きますので、介護や医療の現場で働く皆さんにはぜひとも、「笑い」を積極的に取り入れたケアを実践してほしいなと願っています。


もう亡くなったけど、浪越徳次郎っていう指圧の先生で、良くテレビに出てた人が、「笑う門には福きたる!!ワッハハハッ041.gif
・・・なんて、でかい声で笑って元気に生きましょう!!って推奨してたっけ。
その当時は、認知症って言葉はなくて「ボケ防止にもなります」って言ってたけど、ほんとにそうなんだね。

でも、うちのばあさんは、私が笑わすっていうより、あまりのとんちんかんさに、私の方が毎日笑わされてるっけ・・・003.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-08-26 05:42 | デイリーコラム | Comments(0)  

思い出の歌シリーズ『赤色エレジー』

今日紹介するのは、あがた森魚の『赤色エレジー』。
この歌に関する思い出は、単純明快で、私が、初めてギターで習得して、歌って弾いた曲なの。
同世代にはそういう人多いと思うけど・・・。
なんせ、コードが簡単だから。

You tubeで、2009年放送の比較的新しいというか本人は年いってるけど、こんな映像を見つけた。



あがたさんは、今、俳優としていい味出してる。
私の好きな映画・・・『人のセックスを笑うな』で、主人公のマツケンが恋する人妻、永作博美の年の離れた夫役を演じてて、これもなかなか良かった。


この予告編にもチラッと出てくる。



実は、私は俳優になったあがたさんとは、何度か会っている。
私が、中京テレビの番組を書いていた時の制作会社と、あがたさんの事務所の社長が、共同でビルのワンフロアを借りてて、別に仕切りとかないから、会議中なんかに、時々、社長を訪ねてあがたさんが来ていたから。

その縁で、社長からもらって、当時、ライブ映像も見たりするようになった。
それが、『赤色エレジー』とはまるでかけ離れた、全然イメージ違うロック!!
でも、案外いいんだよね、これが・・・003.gif

本当は、あがたさんって『赤色エレジー』の色で見られるのって、本意じゃないのかもね。
[PR]

by mizunomari | 2011-08-25 06:52 | Comments(0)  

島田紳助引退

今朝、パソコンを立ち上げ、一番に目に飛び込んできたのは「紳助芸能界引退」のニュース。


d0228130_7291379.jpg吉本興業は23日夜、同社東京本部(東京都新宿区)で緊急の記者会見を行い、タレントの島田紳助さん(55)が不祥事を起こしたため、同日付で引退すると発表した。

 口を真一文字に結び、涙ぐみながら会見場に姿を見せた紳助さんは2人の暴力団関係者と面識があることを認め、「正直言って僕の中では芸能人と付き合ってはいけないと十分理解していた。
 人を介してメール送ったり、(自身が経営する)店にも何度か来られた。
 
 これは悪いことをしている意識はなく、芸能界のルール違反をしていないと日曜夜まで思っていた。
 24時間テレビを終えて吉本からアウトだと言われて、その場で引退を決めた。
 後輩が同じ過ちを犯さないよう一番重い処罰を与えた」などと説明した。

 吉本興業の調査によると平成17年6月ごろから2年間にわたり暴力団体関係者と親密さを伺わせる携帯メールのやり取りが確認された。同社は違法行為はなかったとしている。

 紳助さんはつなぎにリーゼント姿の漫才コンビ紳助・竜介として昭和50年代ごろから大人気となった。
 その後、「歌のトップテン」(日本テレビ系)で司会を務めて番組の進行役として頭角を現し、現在は「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系や「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)など、数多くのレギュラー番組で司会を務め、同社の看板タレントとして活躍している。
 このため、今後のテレビ番組や芸能界に大きな影響が出るのは必至だ。


紳助さんとは、仕事で縁がある。
もう、20年くらい前になるけど、紳助さんが、単独で持った初めての東京でのラジオ番組 『紳助のおっと危ない!!東京爆弾小僧』(ニッポン放送)を、私が書いていたのだ。
その番組が始まった当初は、まだ東京に住まいがなく、紳助さんは毎週、番組の前日にホテル泊まりだった。
で、いつも、赤坂のあの「ホテル ニュージャパン」に泊まっていたのが、火事のその日だけ、予約が取れずに、隣の「赤坂東急ホテル」に泊まっていて、難を逃れた・・・って言う話を、録音に来ていきなり興奮して話してたっけ。

番組から、飲みに行った席でも、その後紳助さんが借りたマンションでの飲み会でも、紳助さんは、ものすごく皆を楽しませてくれて、その場にいる全員が楽しいようにめっちゃ気配りをした。
紳助さんが、大阪の友達(ふつーの素人さんたち)をよく、番組に連れてきてたけど、仲間をすごく大事にする人だ。
私の実家の名古屋にも「マスヤのおにぎりせんべい」ってあるけど、大阪にもある。
東京のスタッフが、全員そんなの食べたこともないし聞いたこともないって言ったら、翌週は、大量の「おにぎりせんべい」を持って来てくれた。

放送作家時代は、仕事でいろんなタレントさんに会ってるけど、今思うと、紳助さんは、スタッフにも友達みたいに同じ目線で接してくれてたんだよね。
だから、すごく話もした。

娘が二人居て、「お父さん」や「パパ」じゃなくて「海燕のジョー」って呼ばせてるって言ってた。

そういえば、数年前、赤坂でばったり紳助さんに会った。
そしたら、めっちゃ忙しいくせに「何か、仕事ない?」なんて言ってた。
「ジョーダンやめてくださいよ~」って私。


・・・って、なんかこんな事書くと、紳助さんが亡くなったみたいな感じだけど、紳助さんの引退は、私には、それと同じくらい寂しい。
いろいろ悪く言う人もいるけど、私はこれまで、あれほど人を大切にし、気配りができる人をみたことが無い。
瞬時に、その人の人となりを見抜き、空気を読める人だから、たぶん、その暴力団の人とも、うまく距離を置いて付き合っていたと思う。

もう、お金は、余るほど持っているはずだから、引退も紳助さんにとっては、どうってこともないだろうし、最近ちょっと、紳助さんの番組も視聴率が落ちてきてるみたいだから、たぶん、今が引け時だと読んだんだろうね。
それも、「吉本の後輩たちに示しがつかない」なんてかっこよく・・・

ま、紳助さんらしい頭のいい引退劇だと思う。

こんな風に政治家も潔く、かっこ良く引退して欲しいな。
そうそう、紳助さん、今度政治家でもどうかな?
[PR]

by mizunomari | 2011-08-24 07:54 | デイリーコラム | Comments(0)  

「僕の好きな先生」&カズー

清田っちの所へカズーが届いた。

清田っちのブログから・・・

『カズー、初めて吹いてみたら、自分の声とカズーから出る音がユニゾンしちゃって、ちょっと変な気分だった。
当たり前だけど、自分で出せない高音はカズーでも出せないんだね(^^;

スライドホイッスルは、安物なだけにちょっと期待はずれだったかな~。

同じセットを親父に送っといたけど、うまく使いこなしてくれるといいな』


d0228130_7215577.jpg一緒に、スライドホルンってのも買ったみたい。

このカズー、私が最初に知ったのは、もう何十年も前・・・忌野清志郎が『僕の好きな先生』の中で使ってたのを見た時。
この曲には、すごい合ってた。
あれってなんだろう?って思ってたんだけど、当時はパソコンも普及してないし、調べる手立てもなかった。




これ、画像がすごい悪いんでわかりにくいけど、初めて観た、清志郎は、実はここっち・・・。




すっぴんの清志郎・・・若っ!!
カズーもハーモニカホルダーに挟んでないし・・・。
[PR]

by mizunomari | 2011-08-23 07:26 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

自然食レストラン

毎月、第三土曜日の午前中は静岡駅の駅ビルの中にある、SBS学苑(カルチャーセンター)で講師の日。
「小説の書き方」を教えている。
でもって、静岡に行ったついでに、清水に住んでいたときの友達である、「ノーテンキ平野」と時々ランチする。

ところで、最近、ダンナは毎週通っている、ゴルフ練習場主催のコンペで、3位だの優勝だの、なかなか良い成績をおさめてきて、商品をもらってくるようになった。
その商品というのは、そこのゴルフ練習場も傘下におさめる「雄大グループ」という会社のお食事券。
だから、そのグループの店でしか使えない。

今回は、平野に三島まで送ってもらうかわりに、その金券でごちそうすることに・・・。

d0228130_5303642.jpgで、行ったのが「自然食レストラン 我が家の台所 沼津店」。
ここは、最近流行りの、バイキング形式の自然農法食材など、健康志向の料理が並ぶレストランだ。
野菜の料理が多い。
HPによると、自家農園も持っているみたいだ。
味付けも、全体に薄味な感じで、なかなか美味しかった。


d0228130_5332926.jpgデザートも充実してる。
ソフトクリームを自分で作ったり、なんていう名前か知らないけど、チョコレートの溶けたのが、上からトロトロ流れてあふれてるタワーに、くしにさした、マシュマロとかスポンジケーキとかでチョコを絡めるやつ・・・。
チーズホォンデューみたいな感じで・・・。
そんなのもあった。
お茶なんかは、「柿の葉茶」とか「黒ごま茶」とか・・・まぁともかくいろいろと健康的なもの。

そしてそれらの一々説明書きがある。


d0228130_5382022.jpg


こういうお店は大好きだ。

でも、さすがノーテンキ平野・・・。
「最近腹が出てきたっけ・・・これなんとかしなくちゃ002.gif」とか言いながら、天ぷらをてんこ盛りに持ってきて、バクバク食う食う。

今、平野のうちは、長男が結婚して、同居でなくて、次男は就職して豊田市に配属。
長女は金沢大学で下宿。
家は、ダンナと二人きり。
二十数年ぶりの夫婦水入らず・・・・
・・・で、ストレスが溜まってるんだか・・・037.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-08-22 05:44 | デイリーコラム | Comments(0)