<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

You tube さすが!!

今日は、説明なしです。

めっちゃ笑える映像を見つけたんで観て041.gif
だけど、32分もあるので、お暇な時に・・・





こういうゆる~い感じっていいね(^^♪
私もこういうのやってみたい001.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-06-30 05:29 | デイリーコラム | Comments(0)  

犬の運動神経

d0228130_658517.jpg← ももちゃんは、運動神経が超鈍い。
ちょっとした高さ・・・例えばベッドやソファーの上なんて、どんな小さな犬でもポンと飛び乗るのに、ももちゃんはできない。
なぜかというと、垂直飛びみたいに、対象物の真下から、真上に飛ぶから・・・
少し離れたところから、弾みを付けて踏み切るってことがわからないから、いつまでもその場でぴょんぴょんやってる。
その内、自分でもいらついてきて「うー」とか言って、人の顔見て、抱っこして上がらせてみたいなすがりつくような目を向けるのだ。

このももちゃんに今、泳ぎを教えているのだけど、これまた鈍いのなんの002.gif
これまでも犬歴から言うって、犬っつーのは、水に入ったら、自然に手足を動かして、犬掻きで前に進んでいくものなんだけど、ももちゃんは変。

最近、バカ暑いんで、水風呂がマイブームで、ももちゃんと入ってる。
ももちゃんには「プールだよ」って言ってるから、ももちゃんはうちにはプールがあると思ってる037.gif
ももちゃんのお腹を手でささえて、まず浮かして「ちゃんとこうやって沈まないようにしてるからね・・・」って言ってるのに、それが全然通じなくて、両手両足をつぶれたカエルみたいに、ピヤ~って広げたまま固まる。
それでも、浮力で浮いてるから、そ~っと手をはずそうとすると、微妙に察して、すごいジタバタして、挙句の果てに、裸の私の体に爪立てて、よじ登り、少しでも水から離れようと、しまいには頭の上に乗ろうとするのだ。

こんなももちゃんだけど、最近やっと、うちの階段を登れるようになった。
私が2階で仕事してるから、本当はそばに来たいのだけど、最初は3段くらいしか上がれず、そこから先、登ることも降りることもできず座り込んだまま震えていた。
誰かが気づくまで、ずーとそこに居た。
それが、だんだんと上まで登れるようになってきて、1年くらいかかって、やっと、2階に一人で来られるようになったのだ。
でも、それで、天狗になったももちゃん、ともかくなにがなんでもやたらと2階に上がる上がる。
だけど、降りられない。
だから、降りる時は必ず例の「抱っこ~」っていう目。

降りられないなら上がってくるなよ~って言っても、今も私の足元にへばりついてる025.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-06-29 07:22 | デイリーコラム | Comments(0)  

思い出の歌シリーズ『バイオリンのおけいこ』

今日紹介する思い出の歌は『バイオリンのおけいこ』   by ケメ



ケメていうのは当時の愛称で、佐藤公彦って名前で今は活動してる。
どこかのレコード会社の社員じゃなかったっけ?

私がギターを買ってもらった頃(中学1年の時)のヒット曲。
この歌でスリーフィンガーを覚えた。

ギターをやってる人は皆そうなんだけど、まず、この曲が一番最初に弾いた曲・・・とか、この曲でFが抑えられるようになった・・・とか、これでアルペジオを練習したとか、そんな思い出の曲っていうのが必ずある。
でも、当時この『バイオリンのおけいこ』でスリーフィンガーって人はあまり居なかったかも。

ケメは、ものすごく可愛くて、女の子に大人気だったけど、今はもう見事におじさん。
ちなみに、これが当時のケメ・・・



これが、今のケメ・・・



だけど、声はあまり変わってないね。
[PR]

by mizunomari | 2011-06-28 08:27 | Comments(0)  

ギター練習会

いや~、昨日も楽しかった楽しかった003.gif
昨日は、最近ハマってる「フォーク&アコギ」のサークル「戦うオヤジ応援団」の横浜支部のギター練習会。

d0228130_8305030.jpg


那須合宿以来、集まりに参加するのは2回目。
練習会とは言ってるけど、結局は発表会。
ライブハウスで、皆の前で2曲づつ日頃の練習の成果を披露するのと、ユニットのメンバーを募ったり・・・
直接のコミュニケーションで掲示板みたいなことするわけ。
私も、熱海中心で慰問やってる人のユニットに来月から参加させてもらうことになった。

昨日は、まぁ、見事にジャンルがバラバラ・・・
「ベタなフォーク」の人は15~6人中、1人2人だっけ。
なんと、70過ぎの元シャンソン歌手のおばちゃんが「月光価千金」歌うは、昭和24年生まれのベンチャーズから入ってるおじさんコンビはエレキでジャズだし、沖縄出身の人が「涙そうそう」をやって、三線(さんしん)持って来てる人がそれに即興で合わせたり、甲斐よしひろのロックバージョンあり、それから、アコギでインストの人のギターは150万005.gif・・・とか。

こんなだもんで、私もフォークじゃなく、心おきなく「石狩挽歌」が歌えた。
2曲目はブルーハーツの「Too much pain」。
トークの方が断然受けてたけど・・・001.gif

昨日は、比較的年齢層が高くて、私より一つ下で、一番下。
なんせ、上は70代。
そんなみんなが、それぞれ気ままに楽器とか歌やって、それも皆うまいから、のってくると即興のユニット組んで、アコギもエレキもごっちゃで、ほんと楽しい。

この練習会は月に1回定期的にある。
それに、今度は全国展開のこのサークルの関西地区の四国合宿が秋にある。
それにも絶対行くつもり060.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-06-27 08:27 | ギター&ライブ活動 | Comments(4)  

趣味

最近、このブログ「フォーク&ギター」の話が多くなったって、別にお叱りではないけど、たまたま2通そんなメールが来た。

友達にも話してたとこだけど、私にはこれまで「趣味」って呼べるものがなかったの。
それが、ここんとこ「フォーク&ギター」に目覚めて・・・っていうか、しばらく忘れてたその楽しさに再会して、まさに「趣味」に出会えた017.gifって感じに。

私は、負けず嫌いな性格だし、好奇心旺盛だし、そこそこ集中力あるし(飽きるのも早いけど)・・・で、まぁいろんなことがそこそこできてた。
「ゴルフ」「マラソン」「ピアノ」「アコーディオン」「水泳」「書道」「ギター」・・・でも、そのどれもが、見事にそこそこ。
「とりあえずできる」よりは上だと思うんだけど。

例えば「ゴルフ」はベストスコア92(でも飛ばないし、限界のスコア002.gif
「マラソン」はフル走れる(でも、初めての公式戦「NYシティマラソン」でリタイヤしちゃったし002.gif
「水泳」は3キロ泳げる(でも、ゆっくりしか・・・002.gifダラダラ1時間15分くらいかかる)
「書道」は初段(最近再開しようと道具を出してきたものの未だ書かず002.gif
「楽器」は人前で弾き語りができる・・・とまぁ、こんな感じ(って実は完全に自慢じゃん012.gif

これを、他人から見ると「多趣味」ということになるらしいけど、別に自分では「趣味」だと思ってなかったから、
例えば、履歴書みたいなのに書かなくてはいけなかったら、めっちゃ困る・・・って思ってた。
なんで趣味って思えなかったかというと、すごい楽しい・・・って感じじゃなかったからかな?
あと、これはおじいちゃんが言ってたことなんだけど、趣味っていうのはそれにどれだけ時間とお金をかけても惜しいとは思わないこと(もの)を指すんだって。

まぁ、そんなこんなで、「フォーク&ギター」が趣味だとわかった私は、ここ数ヶ月ギターの練習に余念がない。
で、何十万もするギターを買ったとこだというのに、他にも欲しいなぁ・・・と思い始めてる。
やっぱ、フォークの人なら、誰もが憧れる石川鷹彦大先生みたいに「りんご」が弾いてみたいとなると、やっぱマーチンじゃダメで、どっちかというと、モーリスの方が音が近い・・・だったら、ギブソン?ってなってっちゃうんだよね002.gif
マーチン買ってから、同じ曲弾いてもあまりに音がいいから、すごい弾くようになった。
また、いいギター買ったら、腕も上がるんじゃないかって・・・

ところで、今日は、こんな映像をご紹介します。
石川鷹彦大先生と拓郎さんのトークだけど、「フォーク&ギター」オタクには垂涎モノの映像・・・
興味ない人には「サッパリ?」なんだろうけど、ドノバンのピックの返しの話とかギターの話とか、この前の、那須合宿でもこんなような話ばっか。
でもこれがめっちゃ楽しいの003.gif




・・・ちなみに今日は、横浜で「ギター練習会」。
[PR]

by mizunomari | 2011-06-26 07:04 | ギター&ライブ活動 | Comments(0)  

中華&生ビール

いや~もう、暑いのなんの008.gif
058.gif熊谷では39.8度だったって!?
・・・って、こんな書き出しのブログ今日は多いんだろうな~。
というわけで、スキンも「新緑」から「海」バージョンに替えてみた。

d0228130_832412.jpgところで、昨日は、ばあさんっちをクリニックの定期検診に連れてったあとで、中華屋に夕飯を食べに行った。
なんせ、昨日の暑さと言ったら・・・
で、朝からほとんど何も食べてない状況だったんで、スタミナつけなと思って001.gif
それはいいんだけど、うっかりしてた。
私ってば、車じゃん!!
そりゃそう。足の悪いおばちゃんと、おばちゃんの車椅子載っけてきてるんだもん。

d0228130_8121382.jpg店に入るなり聞こえてくる声は「生中!!」「生大!!」。
店に入ってくるお客さんたちも入るなり「はぁ、涼し~。とりあえず生ね」。
私たちの前に料理が運ばれて来る。
頼んだのは、車エビのネギソース(辛い)、カキと野菜のオイスターソース炒め(やや辛い)、青菜炒め、フカヒレスープ、にんにくチャーハン。
これで、生ビール無し007.gif
ましてやこんなに暑いのに・・・。

まだ早い時間だったから、テーブル席は私たちの他に3席埋まってただけだけど、その全員が生ビール飲みに来た客だった。

山に住んでると、街中と違って、生ビールも簡単に飲めないんだよね。
帰りはタクシーっていうのなら可能だけど。
ま、でも、この暑さなら、タクシー代も惜しくないほど一口目はうまいんだろうな~068.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-06-25 08:19 | デイリーコラム | Comments(0)  

思い出の歌シリーズ『カントリーガール』

今日の思い出の歌は、ちょっと意外なこの人・・・
谷山浩子。
歌は『カントリーガール』。

1980年リリースだから、私が21才。
大学三年の時。
谷山浩子はポプコンデビューなんだけど、『おはようございますの帽子屋さん』とか『猫の森には帰れない』とかの頃は、もう全然住む世界が違う人って感じで、生理的に受け付けなかった。
この人がデビューの頃は、私は高校生で、ちか子って言う女の子と二人で、ギター弾いて、その子が一つ上のお姉さんと作ったオリジナル曲を演ってて、それで、ポプコンに応募したりしてた。
テープ審査は通って、名古屋のヤマハまでオーデションに行って、あと一段階で本選会・・・ってとこまで行ったんだけど、ダメだった002.gif

その回(第7回だったと思う)に谷山浩子は入選してデビューだったから、なんんか気になる存在ではあったんだけど・・・。

で、『カントリーガール』。
これは、それまでのメルヘンチックな世界と違って、すごい現実的で当時の私の心境に素直に入ってきたって感じ。

ちょっと太田裕美の『木綿のハンカチーフ』と被るとこもあるけど・・・
こんな歌・・・。



加川良とかじゃなくて、こういう歌にしみじみした少女時代もあったんだよなぁ・・・。

ところで、今日逗子で海開きだそうで、スキンも夏にしてみました。
[PR]

by mizunomari | 2011-06-24 08:52 | Comments(0)  

ゴルフの話

d0228130_745545.jpgダンナの頭の中には「ゴルフ」しかない。
あとは「読書」。
活字中毒ってやつだ。
常時三冊の種類の違う本を携帯して、その三冊をとっかえ引っ変え読んでる。
例えば「時代小説」「推理小説」「ゴルフ本」って感じ。
それで、よく内容がごっちゃにならないもんだ・・・って関心する。
今、うちの本棚には600冊くらい、ダンナのゴルフ本が・・・。
そんなに読んでるのに、大してゴルフ上手くない。

そんなダンナのブログには、読んだゴルフ本の批評っていうか感想が時々載るんだけど、今朝アップされてたのには笑った003.gif

丸山茂樹のコーチ内藤雄士著『スコアアップ!もっとイージーに、もっとシンプルに』を紹介してるんだけど・・・




アマチュアゴルファーの中には、
ゴルフを始めて10年以上たつのに、なかなかスコアが縮まらないという人が多くいます。
自分なりにレッスン書に目を通したり、レッスン教室に通ったりしているのに、なぜか上達しない。
たまに調子が良ければ90を切ることもあるが、調子が悪ければ100を超えることも少なくない。
もうこれ以上、自分のゴルフはうまくならないかもしれないと思うこともあるでしょう。


これ、まさにダンナのことじゃん!!

では、上達をさえぎっているものは一体何か。
それは、自分のプレーに対する過剰な欲求です。
今以上にボールを遠くへ飛ばしたい、もっと強くボールを打ちたいという気持ちが、
スウィングを複雑にしているのです。


そうそう。ダンナを見ててそう思う。
そのとおり045.gif
あと、ゴルフ本の読みすぎで、頭の中も複雑になっちゃってる・・・。

理想的なスウィングとは、できるだけ無駄な動きを省き、シンプルにクラブを振ることです。
しかし、現実にはこれがなかなか難しいのです。
たとえば、左肩をしっかり回そうとして必要以上に回しすぎ、
左足に体重が多く乗ったトップスウィングになったりします。
また、体が硬いにもかかわらず、無理に肩を回そうとして足がばたつき、
トップで右ヒザが伸びきってしまうケースも多々あります。


ダンナもいつも失敗したドライバーショットの後で、こんなようなこと言って失敗の原因を解説してる。

こうした傾向のある人たちには、
私はよく「バランスのいいスウィングを心がけてください」とアドバイスします。
自分の体の柔軟性や筋力、体力などをしっかりと把握し、
それに見合ったスウィングを構築することから始めることが大切です。


たぶん、私はこれ出来てると思うな。
ともかくまっすぐ、ひたすらまっすぐにしか飛ばないもんね(ちょっと自慢037.gif

バランスのいいスウィングとは、どんなスウィングであるかを解説するには、
米国の著名なティーチングプロであるデビッド・レッドベターが語った、
「理想的なスウィングとは、断崖絶壁に両足のカカトをギリギリまで付けて立った状態で、
バランスよくクラブを振ることだ」という言葉を借りると、よく理解できると思います。


これが、なかなか難しいんだよ。
最初はかかと体重でも、最後に振り抜いた時はつま先体重になってるわけで、かかとに体重が乗っかったままだと遠くへは飛ばない。
筋肉の固い私は、この体重移動が上手くできないから、まっすぐには飛ぶけど、遠くには飛ばせない。
そこんとこは自分でもわかってるから、飛距離の足りない分は、コースマネージメントでフォローして、頭使うから、スコアがまとまるんだけど、そこんとこ、ノーテンキ平野は全然わかってないんだよね002.gif
[PR]

by mizunomari | 2011-06-23 07:46 | ゴルフ | Comments(0)  

続・こむら返り

渡辺監督 足がつり途中降板の涌井に体質改善の勧め
スポニチアネックス 6月21日(火)7時2分配信


d0228130_8353312.jpg  ←涌井

 18日の巨人戦(東京ドーム)で右ふくらはぎをつって途中降板した西武・涌井に、体質改善の勧めだ。昨年も夏場以降に足をつる場面が目立ち、渡辺監督は「体質改善を考えていかないといけないかもね」と語った。

 足がつらないための予防策としては、(1)ミネラル補給(2)こまめな着替え(3)暴飲暴食を控える――の3点が挙げられる。(1)について坂元トレーニングコーチは「ワク(涌井)は普段は水を飲むことが多いから、ミネラルが含まれるスポーツドリンクに替えるとか」。(2)はイニング間の着替えで体温調整をし、急激な体温上昇を抑える。(3)について山口トレーナーは「肝臓が弱ると筋肉にも影響が出る。お酒を飲み過ぎないようにするとか」と説明した。

 涌井は登板翌日「大丈夫です」と話していたが、夏場以降の対策として真剣に取り組む必要がありそうだ。


・・・なんて記事を発見037.gif
やっぱ、スポーツドリンクかぁ。
昨日は、休養日でゴルフの練習に行ってサウナ・・・で、ちゃんと、スポーツドリンク飲んだ。
でも、困ったことにサウナで汗流した日って、必ず夜飲み過ぎるんだよね002.gif
酒が体にどんどん吸収されちゃって。

それじゃあダメじゃん(^^ゞ
[PR]

by mizunomari | 2011-06-22 08:31 | Comments(0)  

ギター共済

アコギ&フォークのサークル『戦うオヤジ応援団』の正会員になった。
この組織は全国区で今1500人位。
NPO法人で活動してる。
私のデビューは先日の那須高原ギター合宿。
今週日曜は横浜でギター練習会がある。

ところで、この事務局からこんなお知らせが・・・

『このたびは、6月13日付で正会員の年会費をご入金をいただきありがとうございます。会員証やステッカーをお送りいたしておきます。
また、正会員には以下の趣旨でギター共済制度を行っています。
必要性をお感じになる場合はご対応ください。


この「ギター共済制度」は、家族の皆さんにギターの本当の値段を言わずに、高額なギターを所有しているような皆さんにもしもの事態が起こった時、家族の方がギターを二束三文の値段で処分してしまい(傷だらけのヴィンテージは、ゴミに出されかねません)大切な財産を失ってしまうことのないように、家族の皆さんに代わって、協賛いただいているギターショップを通じて、適正な市場価格で現金化するお手伝いをさせていただけるようにするものです。

ご利用方法は、添付している共済制度の手続き方法を記載した文章を各自で印刷いただき(同じ内容で、WordとPDFの2種類の形式のファイルを添付しました)、正会員の皆さんにもしものことが起こった場合に家族の方が必ず見ると思われる、生命保険証書などが入っているフォルダーに入れておくか、ギターケースや机の引き出しの中などに入れておいていただくだけです。

添付ファイルの文書には、ギターの価格などは書いておらず(書いていると、必要になる前に家庭で問題になりかねませんので)、委託販売の手続きを応援団事務局がお手伝いする手順を説明しているだけの単純なものなのですが、この書類があることによって、もしもの場合に財産が無駄になる可能性が少しでも低くなるかも知れません。

なお、既にご家族にギターの価格を知らせた上で、もしもの時にギターを持ち込むショップなどを教えているような場合には、このような制度を利用する必要はありません。対応するしないは皆さんの人生観と家庭の状況に基づいて任意に判断する事柄ですので、お気軽にお考えいただければ幸いです。

ご質問がございましたら、事務局にメールでお問い合わせください。』


「家族の皆さんにギターの本当の値段を言わずに、高額なギターを所有しているような皆さんにもしもの事態が起こった時、家族の方がギターを二束三文の値段で処分してしまい(傷だらけのヴィンテージは、ゴミに出されかねません)」

・・・ってとこには、笑ったっけ003.gif

d0228130_629229.jpgまさにそのとおり。
ギターオヤジたちは、ギター総額数百万なんて普通だ。
私でさえ、借り物を含めて、今うちに3本あるギターまとめて30万以上で売れると思うよ。
ダンナにその価値がわかるはずも無く、ましてやマーチンのブルーケース(40年前の金具もサビサビの・・・)が、5万円もするなんて思いもしないだろうし・・・。
絶対に、粗大ゴミに出すと思う。

「対応するしないは皆さんの人生観と家庭の状況に基づいて任意に判断する事柄ですので、お気軽にお考えいただければ幸いです。」

・・・「人生観と家庭の状況」・・・この文章にもけっこう笑えた003.gif



← これが、私の「マーチン D-28 1975年のヴィィンテージもの」
[PR]

by mizunomari | 2011-06-21 06:25 | ギター&ライブ活動 | Comments(2)