2018年 01月 28日 ( 1 )

 

映画『ラッシュアワー3』

耳にはしてたけど、アメリカでヒットした映画『ラッシュアワー(1~3)』を観たことがなかった。
『ラッシュアワー3』には、ジャッキー・チェンの敵役で真田広之が出てる。
殺し屋の役で、工藤夕貴も。
舞台はアメリカからフランス、パリへうつるのだけど、英語、中国語、フランス語、日本語が入り混じっての映画だけど、字幕は見事だった。

コメディとアクションのバランスもテンポも良くて、あっという間に見終えたって感じ。
娯楽として、何も考えずに楽しむにはおすすめです。

概要

本作はジャッキー・チェンが出演した米国映画で初めて米国国内での興行収入が1億ドルを突破した作品で[3]、ジャッキーとクリス・タッカーが共演した刑事コンビ映画であり、コメディとアクションを交えた構成となっている。

コメディのセリフの滑稽さを表現するために日本語字幕監修にナインティナインが起用されている。

『ラッシュアワー』シリーズ三部作を通して劇中にビーチボーイズの"カルフォルニア・ガールズ"が使われている。また、エドウィン・スターの「War」が一種のテーマソングとして使用されており、1、3ではエンディングシーンなど、2では劇中予告で使われている。







[PR]

by mizunomari | 2018-01-28 07:39 | 映画 | Comments(0)