2017年 11月 10日 ( 1 )

 

椎間板ヘルニア

d0228130_08405007.jpgダンナの腰痛は、ゴルフができないどころか、普段の生活にも支障をきたすまでになった。
で、普通の病院にかかってた。
そこの病院では、「脊柱管狭窄症」と告げられ、湿布と飲み薬が出た。
・・・で、「しばらく、様子を見ましょう」ってことになった。

でも、痛みは増すばかり。
そこで、次回の通院予定より早く、再度病院へ行った。
そしたら、痛み止めの薬が出た。

それでも、薬はほとんど効かない。

実はダンナの母親も「脊柱管狭窄症」の手術で完治したんだけど、やはり様子見様子見で、手術に決まった頃には、横になってばかりでほとんど痛みで歩けなかった。
普通の病院だと、手術までに時間がかかって、その間にどんどん悪くなってしまう。

それを見てたから、ダンナは自費診療で保険が効かない病院を選んだ。
少しで早くゴルフを再開したいから。

先日、東京銀座にあるその病院で診察を受けた。
丸1日、手術のための検査で10万円。
で、手術費は130万円だって。
そして、見立ては「脊柱管狭窄症」ではなくて「椎間板ヘルニア」だった!!
完治間違いなしだったら、高くはないと思うけど、歯医者も同じだと思った。

入れ歯や差し歯って、保険で作るより、保険外で作る方が絶対にいいのができる。

腰は体の要。
歯も大事・・・。

私は歯が割れやすいたちで、8万円の歯が口の中に4本。

年取ると、何かとお金がかかる・・・トホホ。

[PR]

by mizunomari | 2017-11-10 08:29 | デイリーコラム | Comments(0)