2017年 10月 19日 ( 1 )

 

東名の事故

東名「逆ギレ」男の恐怖 理不尽な場面で注意もできない…〈週刊朝日〉

10/18(水) 11:30配信

AERA dot.

 今年6月、東名高速道路下り線で起こった妨害行為による死傷事故で、被害者の車を執拗(しつよう)にあおりながら追い越し車線で停車させ、追突事故を引き起こしたとして「自動車運転死傷処罰法違反」(過失運転致死傷)で逮捕された石橋和歩容疑者(25)は、事故の1カ月前にも3台の車に対して、進路妨害や幅寄せ、接触、窓をたたくなどの行為をしていたという。今回の事件はこのまま「過失」で処理されてよいのか。

過去の妨害行為の事実も積み上げ、「未必の故意」が立証されるべきだとの声もある。





東名で、追い越し車線に車停めて、車の外に出て、トラックに追突された事故。
その事故を引き起こした張本人の処罰が、なんと無罪になる可能性があるって!?
道路交通法っていうのは、あんな、ひどい最低の人間が、車の運転をすることはないって前提で作られてるってことなんだろうな。
しかも、車の運転中ではなかったし・・・なんて意見もあるらしい。

道路交通法だと、運転手の運転ミスや判断ミスで、複数人の人を死なせてしまっても、死刑にはならない。

でも、おかしいと思うよ。
東名の事故の場合、完全に車を停めさせた男が100%悪いのに。
これはまさに「未必の故意」っていうやつじゃん。
死に至るかもってわかっててわざとやってるわけだし。

法律をもっと厳しくできないのかなぁ。

飲酒運転に関しては、昔は今ほど厳しくなかったから、湯河原にうちを買った頃は、車で数分のところにある日帰り温泉に車で行って、ビール飲んでもそのまま運転して帰ってた。
でも、酒気帯びで免停になることになったら、たとえ、人も車も通らない農道を走るにしても、一切まったく酒気帯び運転をしなくなった私。
私の周りの運転手もみんなきっぱりしなくなった。

明らかな、悪意を持ったこの東名の煽り男みたいなのの被害にあって2人もの命が絶たれたのなら、これはもう殺人なんじゃないの?

[PR]

by mizunomari | 2017-10-19 08:04 | デイリーコラム | Comments(0)