2017年 10月 01日 ( 1 )

 

カクマメ(四角豆)


d0228130_07032813.jpg
先週の淡路島からの帰り、淡路島のPA内の農産物直売所で、「かくまめ」というのを買った。
生まれて初めて見るものだった。
文字通り、角ばった(四角中的な)サヤエンドウ。

植物図鑑にによると・・・

熱帯アジア原産です。現在では、インドビルマインドネシア、パプアニュ-ギニアなどで栽培されています。蔓性で、3出複葉小葉卵形で先が尖ります。短日性で、秋に青紫色の花を咲かせます。若いや花、野菜として利用され、種子は「ダイズ」に似た栄養価あります。また肥大した塊根食用になります。写真は、わが国育成された品種ウリズン」。夏でも開花するように改良されたもので、主に沖縄県栽培されています。潤染(うりずん)とは沖縄方言新緑芽吹きの色のこと。
マメ科シカクマメ属の多年草で、学名Psophocarpus tetragonolobus。英名は Winged bean


天ぷらが美味しいらしい。
少し苦味があるらしい。
今日、天ぷらで食べてみる予定です。

[PR]

by mizunomari | 2017-10-01 07:01 | デイリーコラム | Comments(0)