有賀さつき死去!?

d0228130_08062868.jpg
元、フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが先月亡くなってたっていうニュースが、朝一飛び込んできた。
私の放送作家として一線の時代、フジテレビのキャッチコピーが「楽しくなければテレビじゃない!!」だった頃のアナウンサー花の三人トリオ(有賀さつき、河野景子、八木亜希子)の一人だ。
いわゆる天然キャラだった。
「旧中山道(きゅうなかせんどう)」事件は、同僚放送作家から直接聞いた。
それは、生放送の番組内で有賀さつきじゃないアナウンサーがこれを「きゅうちゅうさんどう」と読んで、周りの失笑をかったあとで、有賀さつきが笑いながら訂正して「いちにちじゅうやまみち、ですよね(^O^)」って言った事件。

これは、めっちゃ有名な話だ。

個人的には、当時仲の良かったニッポン放送の女性ディレクターと、有賀さつきが親しくしてて、一緒にイタリアへ行ったりする仲だったから、そのディレクターから、有賀さつきのことはよく聞いてた。
あつ芸能プロダクションの社長と不倫中のころで、その件で悩んでる話も聞いてた。
このことはのちにスキャンダルにもなったけど。

バブル時代のギョー界のアイドルアナの先駆者的な女性だ。
私にとっていい思い出のない「あの時代」を一緒に駆け抜けてきた人だった。

・・・合掌。

有賀さつきさん急死 52歳“女子アナブーム”火付け役 闘病隠して…

2/5(月) 5:35配信

スポニチアネックス


 明るく奔放なキャラクターで「女子アナブーム」の火付け役となった元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんが死去していたことが4日、分かった。52歳。東京都出身。スポニチ本紙の取材では1月末に他界。詳しい死因などは明らかになっていないが、昨年から闘病していたという。アイドルアナの先駆者らしく病気を公表せず、最後まで笑顔でテレビに出続けた。





[PR]

by mizunomari | 2018-02-05 07:59 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 『まりまりホタルの夢見る頃は過... 前屈 >>