なにそれ!?(`Δ´)!

d0228130_07425590.jpg
ありえないと思った。
最初の感想は「何それ!?」
司法解剖された生後10ヶ月の赤ちゃんの遺体。
体液が漏れないように・・・っていうことで、頭にコンビニのレジ袋が被されて戻ってきたって。
この赤ちゃんの家族は、どんなにかショックを受けたことか。
怒りを通り越して悲しくなる。

警察が委託してる葬儀社がやったって言うけど、仕事になっちゃってると、もう遺体も「物」と同じ感覚なんかなぁ?
それにしてもひどいよ(;´Д`)


赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀会社の説明は…

                                                       12/13(水) 17:16配信

 ある葬儀会社が行った処置が問題となっている。司法解剖を終えて両親のもとに戻ってきた男の子の遺体の頭に、コンビニエンスストアのレジ袋がかぶせられていたというのだ。

 赤ちゃんの遺体には、思いもよらぬものがかぶされていた。耳を疑う行為が発覚したのは、神戸市の葬儀会社。今年10月に突然死した赤ちゃんを遺族に引き渡す際、頭にレジ袋をかぶせていたという。それも医療用などではなく、コンビニなどで使われるものだという。なぜ、こんなことに。赤ちゃんは生後5カ月の男児。10月4日、自宅で寝ていたが、気付いたら息をしていなかったという。司法解剖の結果、事件性はなく、翌日の夕方には両親のもとに戻された。遺体は包帯を巻かれ、うっ血した状態。見かねた遺族が包帯を外すと、中にレジ袋がかぶせられていたという。こうした処置をしたのが警察から委託された葬儀会社。遺族や警察にこう説明しているという。
 葬儀会社:「体液が漏れ出るのを防ぐ措置で、子どものサイズに合う袋がなかったため、コンビニのレジ袋を使った」

[PR]

by mizunomari | 2017-12-14 07:36 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 吉祥寺へ 命日 >>