蝉の役割

d0228130_7341555.jpg今、蝉がすごくうるさい。
この前、犬の散歩にでかけた時にふと思った。
蝉が絶滅したら、地球の生態系になんか影響がでるのだろうか?・・・と。
その答えを導くべく、ネットで検索してみたんだけど、わからず・・・

でも、かわりに、こんなのみつけた。

セミ雑学 1
セミの鳴き声だけど鳴いているのはオスだけ。メスと交尾するために
大きな声で鳴いて「ボクはここにいるよ~!!」って知らせているんだ。


セミ雑学 2
メスは交尾してから卵を作るんじゃない。成虫になった時には既に卵は
体の中にできているからあとは交尾によって卵を受精するだけなんだ。


セミ雑学 3
メスゼミは木の枯れ枝や樹皮に卵を産み付ける。土の中じゃないよ~(^^)
産み付けられた卵はその年の秋か、翌年の初夏にふ化するんだ。
(セミの種類によって違うけどふ化するまでに2ヵ月から1年かかる)


セミ雑学 4
ふ化した幼虫はいったん土の中に潜り、木の根っこの樹液を吸って成長する。
土の中で数年過ごした後、夏の夕方に地上に出てきて木に登り、
脱皮して成虫になるのだ。


セミ雑学 5
土の中で過ごす時間はセミの種類や地中の状態によって違うよ。
7年ってよく言われているけどだいたい2年~4年を土の中で過ごす。
アメリカには17年も土の中で幼虫生活するセミがいるよ^^;


セミ雑学 61
セミが地上に出てきて成虫として生きている時間はよく1週間って
言われているけど実はもうちょっと長生きする。だいたい2~3週間生きるよ。



補足
セミの鳴き声はうるさいくらいよく聞こえるけど、もし人間くらいの大きさのセミが
東京タワーにくっついて鳴くと、その声は鹿児島まで届くらしい


・・・だから、何?っていわれても困るけど、一つ勘違いしてたのは、蝉って、土から生まれてすぐ死ぬんじゃなくて、地中で生活してる時間が長いってことなんだね。
・・・それがどうした?っていわれても困るけど。
[PR]

by mizunomari | 2013-08-10 07:34 | デイリーコラム | Comments(0)  

<< 「樂」オールナイト!! 「樂」オールナイト営業のお知らせ >>